【闇】法務省の資料、外国人実習生死亡の内訳で「溺死」が最多に!8年間で死者174人!野党議員「溺死が最多なのは不自然」「不審死なのでは」

Pocket

どんなにゅーす?

・法務省が開示した資料によって、2010年から8年の間に外国人実習生が174人も死亡していたことが判明した中で、20代の死亡者が118人で最も多かった上に、溺死が25人と最多だった(次いで自殺が13人)ことが分かり、野党から疑念の声が上がっている。

・これまでも、法務省が開示した調査票の中で、失踪理由を捏造されていたことが明らかになっている中で、野党議員は「冬に発生した事例もある上に、溺死が最多なのは不自然だ」と話しており、詳しい死亡状況がわかる個別の資料を示すように法務省側に求めている。

法務省「8年間で死者174人」“溺死が最多”、野党「不自然」

2010年からの8年間に死亡した外国人技能実習生の数が174人に上ることが、法務省の資料で明らかになりました。20代が最も多く118人で死亡理由では、溺死が25人、自殺は13人などとなっています。
「溺死(自殺)という記載があるということは、単純に溺死なのか、それとも自殺なのか、そこはしっかり把握しているのか」(共産党 藤野保史衆院議員)
野党側は合同ヒアリングで、「溺死が多すぎるのは不自然」と指摘、再発防止のため死亡状況がわかる個別の資料を示すよう政府に求めています。

~省略~

【TBS News 2018.12.13.】

真冬に不審な「溺死」 薬品プールに転落…/外国人実習生の死亡事例/野党が資料開示要求/合同ヒアリング

~省略~

法務省が集計した資料では、2010年から17年の8年間で技能実習生が計174人死亡していたことがすでに判明しています。死亡事例には、婦人子ども服の製造に従事する32歳の女性が真冬の1月4日に「溺死」するという不審死や、めっき職種に従事する36歳の男性が80度の塩酸プールに転落し、多臓器不全で死亡するなど職場の安全配慮義務が果たされていたのか疑わしい事例もありました。

野党議員は、劣悪な労働環境が原因である可能性などを含め、詳しい状況を説明するよう求めました。しかし、法務省の担当者は「個別の事案については確認しないと分からない」などと回答。野党は、技能実習生の受け入れ業務を担う監理団体が法務省に提出した報告資料(「技能実習実施困難時 届出書」)をプライバシー配慮のうえで開示するよう求めました。

【livedoorNEWS(しんぶん赤旗) 2018.12.14.】

ますます深まる外国人実習生の”闇”の実態!大量の死亡者に「溺死多発」という不可解!日刊ゲンダイは「反社の影」と衝撃の文字!

出典:Twitter(@nikkan_gendai)

外国人実習生が異常なまでに大勢死亡していることが明らかになってきたけど、その中で「溺死」が最多だなんて、こんなのどう考えてもおかしいわよっ!
安倍政権が実習生に関する詳しい実態調査も拒絶した上で、まるで狂ったようにスピード強行採決に突き進んだ経緯といい、あまりにもおかしなことが多すぎるわっ!

確かに、不自然なまでに死亡者が多い上に、死亡の内訳が「溺死」が最多だなんて、これはあまりにも不可解だ。
あおいちゃんが指摘しているように、そもそも、安倍政権がデータを捏造してまで実態を隠蔽しようとしながら、異常なまでの短時間で強行採決に突き進んだ行動そのものが不可解だし、日刊ゲンダイでは、これらの実習生の怪死続出の背景「反社会勢力の存在」を臭わす報道をしているね。

当サイトでも、技能実習制度に潜む「日本の社会制度の腐敗」を繰り返し伝えてきた中で、この記事では「”触れてはいけない”日本の深い闇に辿り着いてしまうような案件かも」と述べたところだけど、まさしく「その通りの様相」を呈してきたと言えるだろう。

こうした状況を見る限り、考えられるのは、またも法務省側がデータを捏造・改ざんしているか(自殺やその他の死因を溺死として発表している可能性)、もし本当に溺死がここまで多発しているのであれば、”何者か”によって「海に沈められた可能性」も?あるのかもしれないね。

その真相は現時点では分からないけど、とにかく、何から何まであまりにも不可解で闇の部分が多すぎる
天下り官僚や有力政治家、業界関係者が実習生制度を食い物にしている”ピンハネ組織”もマスコミが全く触れようとしないし(この記事で紹介した「日本ミャンマー協会」は、麻生太郎財務相が最高顧問を務め、故・CIA笹川良一による日本船舶振興会をルーツとした日本財団(現在は三男の笹川陽平氏が会長)がバックアップ)、相当に”大きなタブー”が潜んでいる可能性がありそうだ。

↓日本ミャンマー協会の公式サイトより。

渡邉会長 新年のご挨拶

~省略~

また、ミャンマー政府各省の若手育成教育に関しては、JICA、日本財団からご支援を得て始まり、昨年も引き続き国際大学への留学が実施されおり大きな成果が見られております。

~省略~

また、日本財団笹川会長(ミャンマー国民和解担当日本政府代表)は日本政府の代表としてミャンマー政府と少数民族との和解を目指して真剣かつ命がけの活動されており引き続き大きな成果を上げておられます。一昨年は笹川会長のご尽力もあり、「21世紀ピンロン会議」が開催され、昨年は第二回目の会議が行われました。今後も更にこの国民和解が具体的かつ活発に進展するように期待されており、世界からも大いに注目と期待が寄せられておるところであり、笹川会長及びスタッフの皆さんには心より敬意を表しご慰労申し上げる次第です。 加えて、これまでのODA中心の支援が夫々プロジェクト毎に具体的な形となって表れて来る年だと確信しています。そして、日本政府も更に新しい協力支援策を出さなくてはなりません。新政権がどのような政策にプライオリティをつけるのか、これまで以上に両国関係も深く活発になる中で、ミャンマー・日本双方の理解を高め、当協会の事業もそれらの動向と連動し、協会として個性の有る活動を集中して進めて行きたいと思います。

~省略~

【一般社団法人日本ミャンマー協会】

話を聞けば聞くほど、確かにかなり「深い闇」が凝縮していそうね…
外国人実習生の制度について、笹川一族やら反社会勢力までもがちらついてきた状況だけど、こんな中で、安倍政権の意のままに19年の4月から外国人労働者の大幅拡大をやれば、さらなる不幸や不審死が続発していくのは想像に難くないわっ!

日本国内で、さらなるカオスや悲劇があちこちで頻発するようになるのは自然な流れだね。
入管内における凄まじい虐待や、死者が続発している実情も無視できないし、気概のある野党議員には、是非とも今後も詳しい調査と問題提起を続けていって欲しいと思うよ。

おススメ記事&広告

 
Pocket