自民・西田昌司議員が「納涼ビアパーティー」の記事をこっそり削除!豪雨災害の犠牲者が発生していた京都府で開催し、批判が殺到

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年7月7日、自民党の西田昌司議員が、豪雨により甚大な被害と犠牲者が発生していた京都府内で「納涼ビアパーティー」を開催していたことに批判が集まっている中、これを紹介していたブログ記事とSNSをこっそり削除していたことが発覚、さらなる批判を呼んでいる。

↓削除された問題のブログ記事。

納涼ビアパーティ2018

こんにちは。西田事務所の紅の豚です。

昨日は京都府内のホテルで毎年恒例の納涼ビアパーティが開催されました。

伊吹文明元衆議院議長、二ノ湯智参議院議員、田中英之衆議院議員、繁本護衆議院議員、門川大作京都市長、秋田公司京都府議会議員、椋田隆知京都市議会議員、島本京司京都市議会議員を始め、後援会の皆様、地元京都で西田議員をご支援いただいている多くの方々が一堂に会しました。

【西田昌司のShowyou通信 2018.7.8.】

出典:archive.fo

生粋の安倍シンパ西田昌司議員が「納涼ビアパーティー」の事実を全力隠蔽するも、すでに魚拓を取られて逆効果に!

出典:西田昌司のShowyou通信

あらあら。森友事件を「佐川事件」なんて命名したり、様々な国民騙しを繰り返しながら安倍総理を全力で守ってきた生粋の安倍シンパ・西田昌司議員が、批判殺到中の「納涼ビアパーティー」の記事とこれを宣伝しているSNSをこっそり削除したみたいね。
でも、すでに魚拓も取られてネット上で大きく話題になっていたから、今さら隠蔽しても無駄どころか、かえって逆効果になってるわね。

まったく、記事を削除するよりも、まずは謝罪と説明をするのが先だろうに…現在のところ、記事やツイートだけ削除して見た感じ謝罪や説明などは全くされていない状況だ。

西田議員と言えば、この前の国会で森友事件を追及していた際にも、官僚に向かって「バカか!!」などと激しく威圧・恫喝したり、生粋のアベ案件の森友事件を「佐川事件」などと呼んで悪質な印象操作をしたりと、これまでも様々な問題行動や国民騙しを繰り返してきたけど、こういう行動パターンを見ても、この議員の人間性がよく分かるね。

国民に向かって素直に謝罪して、真摯に説明する方がよほど悪くない印象を与えるのではと思うんだけど…この人たちは、国民に頭を下げるよりも真っ先に隠蔽や改ざんに向かってしまうのね。
昔と比べても自民党議員の素行がますます悪くなってきているし、この辺で国民がキツーいお灸を据えておかないと、ますますこの人たちが調子に乗って酷い事態になってしまうんじゃないかしら?

こんな調子ではますますネット上で批判が殺到するのも仕方ないし、まずは、(あれほど事前に厳重警戒が呼びかけられていたにもかかわらず)安倍総理ともども「どうせ大した災害ではない」などと高をくくって遊びほうけていたことに対して、真摯に深く謝罪をするべきなのではないかな?

おススメ記事&広告

 
Pocket