■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【官邸に忖度か】NHKニュースウォッチ9が、泉房穂明石市長の「こども家庭庁」に関するインタビューを放送中止に!明石市は”全国トップレベル”で子どもの保護・支援に尽力!

【官邸に忖度か】NHKニュースウォッチ9が、泉房穂明石市長の「こども家庭庁」に関するインタビューを放送中止に!明石市は”全国トップレベル”で子どもの保護・支援に尽力!
Pocket

どんなにゅーす?

・岸田政権による「こども家庭庁」の設置が決まった中、NHKニュースウォッチ9が、泉房穂明石市長の「こども家庭庁」に関するインタビューを急遽放送中止にしたことが明らかになった。

明石市は全国トップレベルで子どもの保護や支援に注力していることが知られている中、泉市長は自身のツイッターで「こども家庭庁法案の可決など、他のニュースとの関係で、時間が取れなくなってしまったとのこと。不思議だ。確か『こども家庭庁』に関して取材に応じたはずだが・・・」と不信感を露わに。ネット上でNHKへの批判の声が噴出している。

明石市・泉市長のツイートが話題、NHK放送中止の不可解

~省略~

明石市の手厚い子育て支援

NHKが取材したと見られる明石市の手厚い子育て支援は全国的に有名で、その中心となるのが、「子育て支援の5つの無料化」だ。明石市は、「子どもの医療費」「第2子以降の保育料」「おむつや子育て用品」「中学校の給食費」「公共施設の入場料」が無料となる政策を行っている。

明石市では、高校3年生まで医療費が無料で、第2子以降、何人でも幼児教育・保育の無償化を実現している。さらに、生後3カ月から1歳まで、紙おむつや粉ミルクなどの子育て用品が自宅に届けられる「おむつ定期便」を2020年10月から開始している。中学校の給食無償化も実現済みだ。しかも、「すべての子どもにサービスを届けるため」として、親の所得による制限はつけていない。

これだけ手厚い子ども支援をしているから、当然、人口は増える。明石市が今年3月に公表した「人口の動き」によると、9年連続で人口が増加している。年代別で最も明石市への転入が多かったのは、25~29歳。次いで、30~34歳、0~4歳、35~39歳という順だった。やはり子育て世代の転入が目立つが、子育て世代は現役世代で、転入によって市も潤う。2020年度の市の歳入は1471億円あまりで、前年から409億円ほど増えた。これだけ手厚い子育て支援をしているにもかかわらず、明石市の財政は黒字だ。

法案成立に合わせた取材がなぜ…

15日、こども家庭庁の関連法案が可決、成立した。泉市長はツイッターなどで、たびたび「明石市にできることはほかの自治体でも、国でもできる」と発信しており、NHKの取材も明石市の取り組みを詳しく伝えるためのものだったのだろう。法案成立に合わせて、明石市の取り組みをクローズアップする狙いだったはずだ。

にもかかわらず、泉市長のツイートによると、NHKは「こども家庭庁法案の可決など、他のニュースとの関係で、時間が取れなくなってしまった」ことを理由に放送を見送った。

~省略~

【SAKISIRU 2022.6.16.】

出典:Wikipedia

岸田総理が「泉市長との対話の提案」に後ろ向きの中、NHKが泉市長のインタビューの放送を突如中止に!

岸田首相、泉市長との対話に消極姿勢 「子育て政策で意見交換を」、国会で問われ「チャンスあれば」

14日に開かれた参院内閣委員会で、子育て支援策を巡り、岸田文雄首相が泉房穂・兵庫県明石市長との面会を求められる一幕があった。立憲民主党の塩村文夏参院議員が「子ども政策で圧倒的な存在感を放っているのが明石市。泉市長と直接会って意見交換しては」と重ねて問い掛けたが、岸田首相は消極的な姿勢に終始した。

~省略~

【神戸新聞 2022.6.14.】

奇しくも立花孝志氏が「国民が知るべき真実を隠している」と発言して報ステを強制退場させられた中、NHKニュースウォッチ9が泉房穂明石市長の「こども家庭庁新設」に関するインタビューを放送中止にしたことが判明しました。
改めて大手マスコミの「国民に有益な情報は報じない」という腐敗しきった体質を痛感しますが、一方で明石市の泉市長は、この国で極めて稀有といっていいほどの「市民に寄り添った行政」を推進してきた首長さんとして、地元市民やネット上で多くの支持を集めています。

泉市長はあの「伝説の愛国政治家」ともいえる石井紘基氏と深い関係を持つ人物であり、その分、これまでグローバリストの傀儡勢力やマスコミから様々な妨害や謀略に見舞われてきた経緯がある。
恐らく、岸田政権の「こども家庭庁」についても本質を鋭く突いた発言や指摘を行なったのだろうけど、その中で現在のNHKにおいて「放送してはマズイ内容(つまり、国民にとって真に有益だった内容)」が多く含まれていたことが考えられる。

こちらの記事においてニュースウォッチ9でボツになった泉市長へのインタビューが(小さめに)掲載されていますが、やはり現在のこども家庭庁の問題点を指摘されていますし、この記事においても泉市長の発言の多くが削除され編集されている可能性がありますね。

ちょうど先の記事で「テレビは最上級の大衆洗脳(奴隷愚民大量生産)装置」と述べたところだったけど、現在のテレビの報道を鵜呑みにしてしまうと、漫然と岸田政権を支持する方向に誘導されていってしまい、いよいよ、これまで日本全体で進行してきた貧困が”飢餓・飢饉”の段階に入っていき、戦後かつてなかったまでのインフレや円安による物価の暴騰や食糧危機によって多くの人々が餓死する事態も覚悟しなければならなくなるだろう。
こうなると、「子どもの支援」どころか自分自身が生き残るだけで精一杯の真性ディストピア社会になってしまうし、まずは、テレビをはじめとした「受け身(一方通行)の状態で情報を受け取る形の媒体」をシャットアウトし、ネットを通じて自主的・能動的に情報を集め、自分の頭で考え判断していくことが、自分たちが生き残っていくための”最低条件”になってくるだろう。

現在の日本社会の状況をみても、いまだに(民衆洗脳装置として)テレビが絶大な影響力を持っていることがうかがえますし、だからこそ、NHKをはじめとしたテレビは、「国民が真に知るべき情報」を徹底的に排除し、民衆のさらなる愚民化とグローバル資本家層への利益誘導に腐心しているのでしょう。

自民党政権がここまで深刻な少子高齢化を引き起こしてきたのも、全ては「計画通り」のことであり、日本国民を真綿で締め上げてきた自民政権は、この先もグローバリストの指示通りに「さらなる少子化と子どもの貧困」を強力に推進し、多くの日本国民を死地に追いやるだろう。
とにかくも、一刻も早くにテレビや大手新聞が強固に推し進めてきた「民衆の思考回路の劣化とグローバリズムの深化」から脱却しつつ、なかおつ、泉市長のような良心的な愛国者を出来るだけ多く国政に送り込んでいくことが重要であるといえるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事