【安倍恐怖帝国】文科省が前川前次官を講師に呼んだ公立中に圧力!講義内容や録音の提出を要求!文科省「氏は出会い系バーを利用」「どのような判断で依頼したのか?」

Pocket

どんなにゅーす?

・加計疑獄を告発した前川喜平前文科事務次官を講師として招いた公立中学校に、文科省が講義内容や録音データの提出を要求していたことが判明。教育界に衝撃が走っている。

・文科省は、前川氏について「出会い系バーを利用していた」などと問題視した上で「どのような判断で依頼したのか?」と学校側の対応を疑問視。学校側は戸惑いながら調査に協力したものの、録音データの提出については拒否したという。

・教育基本法では、学校が個別に決める教育方針の内容については、政府が介入することは認められておらず、教育関係の有識者からも安倍政権の露骨な教育現場への介入と圧力に警戒感を唱える声が上がっている。

文科省が授業内容などの提出要求 前川前次官の中学校での授業で

国が学校に授業の内容を問いただす異例の事態です。愛知県の公立中学校が文部科学省の前川前事務次官を先月、授業の講師に呼んだところ、文部科学省から教育委員会を通じて授業の内容や録音の提出を求められたことがわかりました。いじめなどの問題を除き、国が学校の個別の授業内容を調査することは原則、認められておらず、今後、議論を呼びそうです。

愛知県内の公立中学校で、先月、文部科学省の前川前事務次官が総合学習の時間の講師に招かれ、不登校や夜間中学校などをテーマに授業を行い、全校生徒のほか地元の住民らも出席しました。

この授業について今月1日、文部科学省の課長補佐からこの学校を所管する教育委員会宛てに内容を問いただすメールが届いていたことがわかりました。

メールでは、前川氏が天下り問題で辞任したことや、出会い系バーの店を利用していたと指摘したうえで、「道徳教育が行われる学校にこうした背景のある氏をどのような判断で授業を依頼したのか」と具体的に答えるよう記しています。さらに、録音があれば提供することなど15項目について文書で回答するよう求めています。

関係者によりますと、中学校には教育委員会からこれらの内容が伝えられ、録音の提出については拒んだということです。教育委員会も授業内容は事前に了承していたということです。

今の法律では、いじめによる自殺を防ぐなど、緊急の必要がある場合は文部科学大臣が教育委員会に是正の指示を出すことが認められていますが、今回のように個別の学校の授業内容を調査することは原則、認められていません。

【NHK NEWS WEB 2018.3.15.】

「安倍恐怖帝国」によって日本はここまで荒廃!加計疑獄を告発した前川氏ともども、前川氏を講師に呼ぶ学校を敵視・監視の対象に!

出典:YouTube

ついに安倍政権が、すでに一般人になっている前川さんに対する”攻撃”をここまで強めてきたみたいねっ!
これを「安倍恐怖帝国」と言わずして、一体何なのよっ!?

前川氏は、現場で働く教育者の人たちとも幅広い交流があるみたいだけど、ついに、前川氏と繋がりを持つ教育者ともども「アベ帝国の敵」として、本格的に圧力と監視を強めていく動きを始めたようだ。

表面的には「文科省が調査」となっているけど、もちろん、この背後には、加計疑獄の内情を国民に向けて明らかにした前川氏に大きな恨みを持っている安倍官邸が、配下の官僚を動かして学校に圧力をかけていることは言うまでもない。

すでに実際には、問題となるような行為を全く行なっていなかったのが分かっているにもかかわらず、いまだに「出会い系バーを使用していた淫行官僚」との言説を振りまいているのは、安倍官邸とその配下のネット工作員たちだし、今でも粘着的に前川氏を中傷し続けているのは安倍一派とカルト宗教勢力そのものだからね。

つまり、すでに教科書などで本格的に教育現場に入り込んでいる日本会議系のカルト勢力の影響力が文科省にも本格的に入り込んできているってことね!

報道によると、前川さんは、その場で自分自身の子供時代の話や夜間中学の話などをして、児童や保護者たちからも多くの歓迎と好評を受けたとの話だけど、今回の動きは、前川さんを潰しつつ、前川さんと交流を持ってきた人たちに対しても、その”縁”を切るように脅しをかけてきたのと同じじゃないのよ!

教育基本法では、学校側の教育内容や方針などについて政府が介入したり圧力をかけることを禁じているとのことで、今回の動きは教育基本法に違反している可能性もあるだろう。

戦前の愛国主義的な教育の反省に立ち、国による学校教育への関与は法律で制限されています。教育基本法16条にも「教育は不当な支配に服することなく」と記されています。

【NHK NEWS WEB 2018.3.15.】

まさしく安倍政権の独裁性と無法性がまたしても明らかになったわけだけど、”個”や”プライド”を持たず、思考停止のままにただ権力に付き従う「ロボット官僚」が増殖していることもさることながら、そんな「奴隷的な官僚」をいいことに、自らの無法性や独裁性を無制限に増長させ続けてきた安倍政権の恐ろしさをまたも痛感せざるを得ないような、なんとも怖い出来事だ。
(ただし、NHKがこの出来事の本質をきちんと伝えるような報道をしている点は、僅かな希望であり、安倍政権の力が確実に弱まってきている兆しだろう。)

おススメ記事&広告

 
Pocket