マスコミ労組が史上初の官邸デモ開催!望月記者への”恫喝工作”に抗議!安倍官邸は今後も上村室長による”統制”継続を閣議決定!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年3月14日、日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)が、安倍官邸による東京新聞・望月記者への前代未聞の圧力工作や質問妨害を問題視し、史上初となる官邸前デモを開催した。

・デモには、望月記者をはじめ、普段は取材する側の記者・マスコミ関係者が集結。慣れない様子でシュプレヒコールを上げ、安倍官邸によるマスコミ懐柔や政権に批判的な記者への圧力に抗議の声を上げた。

・そんな中、現在の官邸主導による官房長官会見に疑問の声が多く上がる中、安倍政権は、今後も上村官邸報道室長が取り仕切る体制を継続することを閣議決定。従来以上に安倍官邸がマスメディアに対し強行的な姿勢を見せ始めている。

マスコミ労組が史上初の官邸前抗議 「望月記者を孤立させるな」

これほどまでに記者たちが、危機感を共有したことがかつてあっただろうか。東京新聞の望月衣塑子記者をめぐる官房長官会見での異常な締め付けに、ついにマスコミ記者達が官邸前で抗議集会を開いた。主催者によると、おそらく初めてのことだろうという。

14日、官邸前に集まったのは主にマスコミ記者らで作る労働組合の団体、日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)。いつもは取材する側の記者らが慣れない手つきでこぶしを握り、「記者いじめやめろ!」「記者の質問を妨害するな!」とシュプレヒコールを上げた。

~省略~

記者クラブに対する懸念を示す現役の記者もいた。と言っても、フリーランスの参加問題ではない。他の省庁では記者クラブが会見を運営しているが、内閣記者会ではなぜ当局が会見を仕切っているのかという疑問だ。

他省庁と同じく幹事社が仕切るのであれば、少なくとも報道室長が数秒ごとに「簡潔にお願いします」などとカットインすることはない。少なくとも内閣記者会の中で内部統制がとれていれば、望月記者の質問妨害問題は起きていなかったのである。

望月記者自身もマイクを握った。「菅官房長官には質問制限を止めてもらいたい。妨害が他の記者にまで及んでいる。この現状は看過できない」。

~省略~

【田中龍作ジャーナル 2019.3.15.】

政府、報道室長の司会「適切」
長官会見で答弁書

政府は15日の閣議で、内閣記者会が主催する官房長官の記者会見で、政府側の官邸報道室長が司会役を務めていることに関し「今後とも報道室長が司会を行うことが適切だ」との答弁書を決定した。立憲民主党の長妻昭衆院議員が質問主意書で「内閣記者会主催であれば、司会は記者会関係者が行うことも可能か」と質問したのに答えた。

答弁書は報道室長が司会をする理由を「官房長官の会見後の業務に支障が生じないようにする観点から行っている。報道室長は記者会と協力しながら会見の円滑な運営に努めている」と説明した。

【共同通信 2019.3.15.】

これまで人知れず危機感を抱いてきた多くの記者が官邸前に集結!望月記者とともに現状の「安倍政権の独裁化」と「マスメディアの危機」に声を上げる!

↓多くの声援が上がった望月記者のスピーチ。

出典:YouTube

マスコミ労組の人たちが、史上初の官邸デモを開催したことが話題になっているわっ!
ついについに、心あるマスコミ関係者の人たちが一斉に立ち上がったのねっ!

確かにこれは、日本国内においてはかなり画期的なことだといえるだろう。
これまではあまり表に出てきてなかったけど、マスコミ関係者の中でも、末端の記者たちの間では、この前代未聞の”異常事態”に強い不安や危機感を感じていた人たちが多くいたということだろうし、このような「心ある記者」がある程度いたからこそ、これまでは、「権力の不正・腐敗を追及する」本来あるべきマスメディアの本分が、ある程度機能してきたということだろう。
しかし、こうした従来までの”秩序”が、第二次安倍政権の誕生と政権が独裁的な権力を握っていくプロセスにおいて徐々に崩壊していき、今や、多くの官僚同様に、マスメディアも「安倍官邸の使い」と化しては、いよいよ戦時中の政権とマスコミが一体化することによる、「政権広報機関(国民洗脳機関)」の性質が顔を出し始めてきた状況だ。

望月記者に対する官邸による徹底した質問妨害が大きく取り上げられたのを機に、(記者クラブが主催しているにもかかわらず)官房長官会見を上村官邸報道室長が取り仕切っている現状に多くの疑問の声が出てきているけど、安倍政権は、こうした多くの声も完全無視した上で、今後も上村室長が”統制”する形式の会見を継続していくことを閣議決定してしまった。

恐らく、安倍政権そのものが大きく傾かない限り、今後もますます安倍官邸はマスメディアへの圧力や脅しの姿勢をエスカレートさせていくだろうし、事態をこれ以上悪化させないためにも、まさに今、心あるマスコミ関係者の「必死の抵抗」と、国民による「抗議の声」が最も必要な状況なんじゃないかな。

安倍官邸がマスコミ支配を強めれば強めるほど、私たちにとっては「真に有益な情報」を手に入れることがどんどん難しくなっていってしまうし、これは、私たち国民にとっては死活問題だわ!
そうした意味でも、今回声を上げてくれた記者の皆さんには感謝だし、良識ある記者さんと私たち国民が団結しながら、今まで以上に、安倍官邸によるマスコミ統制の強化と”脅し工作”に抗議の声を上げていくことが大事なんじゃないかしら。

Pocket

 

 関連記事