竹田恒泰氏と有本香氏が山本太郎氏に秋波?竹田氏「脱原発と消費税廃止は彼と意見が一致」有本氏「安倍政権の売国に嫌気を感じた保守がれいわに流れた」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年7月25日放送の「真相深入り!虎ノ門ニュース」の中で、安倍シンパの竹田恒泰氏と有本香氏が、山本太郎氏のれいわ新選組を比較的好意的に取り上げたとして話題になっている。

・有本氏は、安倍政権の政策について「売国的」と表現しつつ、先の参院選において「安倍政権の売国に嫌気を感じた、保守を自認している人々がれいわに流れた」と分析。

・竹田氏も、山本氏を適度に批判しつつ、「原発廃止と消費税廃止については山本太郎さんと意見が一致している」とコメント。安倍シンパによる「新たな動き」について、様々な声が上がっている。

↓話題のシーンは29分くらい~。

今頃になって、有本氏が安倍総理の政策を「売国」と表現!竹田氏も”鞍替え”の準備か!?

安倍シンパが集結するインターネット番組「虎ノ門ニュース」で、”まさかの展開”があったことが話題になっているわ。
確かに、動画を観ると、有本さんなんか安倍総理の政策について「売国」って表現しちゃってるし、竹田さんも「原発廃止と消費税廃止については山本太郎さんと意見が一致している」ってコメントしていて、心なしか、太郎さんに秋波を送っているように見えるわね。

安倍総理の政策について、どっからどうみても「売国」としか言いようがないのに、今頃になってこれに言及し始めた有本氏は、今後の自身の身の振り方を徐々に考え始めたのかな?
ちなみに、竹田氏も、森友学園で講演会を行なうほどに籠池氏と仲良しだったのに、ひとたびあのようになった途端に「籠池は悪魔だ」なんて言い出す”前科”を持つ、ほんとに変わり身の早い男だ。

こうした動きがにわかに起こってきたのも、それだけ「次の選挙で、れいわ新選組がかなり躍進することになる」との予想が永田町やその界隈でも広がりつつあるということだろう。
実際、TBSでも「次期衆院選で37議席取る」との予想が報じられたし、これまで、テレビが全力で隠してきたことで「れいわ」を全く知らなかった有権者が大勢いたものの、選挙が終わった後になってから舩後氏と木村氏の国会デビューが大きくテレビで報じられたことで、かえって相当数の国民にかなりのインパクトと好感を与えたことが予想される。
多くの国民が現在の日本の政治に強い閉塞感や停滞感を感じていた中、まさに、れいわ新選組はこれを一気に打ち崩すような衝撃と新風を起こしたと言えるだろう。

早くも安倍シンパの内部でもこうした動きが起こり始めたってことは、やっぱり安倍総理がすでにレイムダックになってきているってことの証でもあるわね。
この前の参院選も、第二次安倍政権発足以来、自公共に最低レベルの得票数だったみたいだし、大手マスコミで異様な高支持率が報じられている割には、自民に投票したのは2割以下だったとのことよ。

参院選 全有権者比の得票率 自民 支持2割以下 第2次安倍政権下 最低

得票減少、募る危機感=議席最多も組織力に陰り-公明

事前の調査と全然違う数字になっているし、ますます大手マスコミの世論調査の信憑性が疑われる事態になっているね。
こうなると、れいわの支持率は、大手が報じているよりも一回り多いような肌感覚があるし、ビジネスで安倍シンパをやっている商売人たちも、その方向性をやや変えざるを得ないような”大きな流れ”が起こっているということかもしれないね。

どっちにしても、なかなか興味深い展開になってきているし、これを機に、一日も早くにレイムダックの安倍政権が終わる方向に向かっていくのを願うばかりだわ。

Pocket

 

 関連記事