■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【グローバリズム】国民民主、次期参院選において「改選2以上の全ての選挙区」で候補者擁立へ!→野党共闘がますます弱体化・衰退へ!

【グローバリズム】国民民主、次期参院選において「改選2以上の全ての選挙区」で候補者擁立へ!→野党共闘がますます弱体化・衰退へ!
Pocket

どんなにゅーす?

・先の衆院選で議席を増やした国民民主党が、次期参院選において「改選2以上の全ての選挙区」で候補者を擁立する考えを示した。

玉木代表は「候補者を擁立しないことには党勢拡大はできない」と強調。国民民主が、維新との連携や(ワクチン義務化などのための)憲法改悪に前向きな姿勢を見せていることで、急速に党勢を拡大しつつある中、立憲・共産を中心にした「野党共闘体制」がますます弱体化・衰退していく流れが顕著になってきている。

国民・玉木代表、参院選「全複数区に擁立」へ 候補者調整「『ありき』ではない」

国民民主党の玉木雄一郎代表は2021年11月11日の定例会見で、22年夏に予定された参院選で改選数が2以上の選挙区全てに公認候補を擁立する方針を表明した。1人区についても擁立を進める。国民は衆院選で公示前の8議席を上回る11議席を確保し、「もっと候補者を立てるべきだった」という反省があがったことを受けた対応で、近く候補者の公募も始める。

衆院選では、立憲民主党や共産党など5党が候補者の一本化を進め、多くの小選挙区で与党との「1対1」の構図に持ち込んだことが、ある程度奏功したと考えられている。ただ、玉木氏は「そこも含めて『ありき』ではない」と話し、候補者一本化の戦術としての効果も疑問視した。参院選では、野党間で競合する選挙区が増えるのは確実だ。
~省略~

【J-CASTニュース 2021.11.11.】

自公維に加えて、国民もグローバリズムに本格傾斜!「どっちつかず&中途半端」により衆院選で敗北した立憲・共産の「野党共闘」はますます衰退&弱体化へ!

出典:新・国民民主党

これまで怪しい動きを繰り返してきた国民民主が、先の衆院選で躍進したことを受けて、いよいよ「グローバリズム路線」に本格的に傾斜してきました。
元々資金面においては野党の中でも比較的潤沢な国民民主だけに、次の選挙において多くの候補者を擁立することで、「野党分断」の”役割”をいかんなく発揮してしまう可能性があります。

何もかもがボクが危惧していた通りの動きだし、これで次の参院選は、野党共闘を実現させることそのものが非常に難しくなってきたといえそうだ。

当サイトでは、衆院選の結果が出た当初から、「またとない大チャンス」だったにもかかわらず、大きく議席を減らして敗北した立憲のふがいなさについて強く批判してきたけど、先の衆院選は、(野党共闘をどうにか実現させた)立憲と共産にとっては「大チャンス」だったのと同時に「最後のチャンス」だったともいえる。
なぜなら、先の選挙で敗北してしまった場合、瞬く間に「野党共闘は大失敗だった」「立憲は共産と組んだから負けた」といったプロパガンダが大盛り上がりになるのは分かりきっていたことであり、だからこそ、「単に候補者を統一させる」だけでなく、「(消費税廃止などを含めた)無党派層の支持や浮動票を出来る限り多く得るための、分かり易く魅力的な政策を多く打ち出すべき」だったわけだ。

しかし、肝心の立憲が、連合などのグローバル組織の顔色をうかがうばかりに、庶民の心をダイレクトに動かす魅力的な経済政策をほとんど打ち出すことが出来ませんでしたし、そもそも立憲の中にも共産との共闘に否定的な考えを持つ議員も多くいる中で、この先、立憲も国民に続いて本格的にグローバリズムに傾斜していく展開も大いに有り得ますね。

簡単にいえば、先の衆院選で敗北したことによって、野党共闘そのものがすでに「袋小路」に入り込んでしまったといってもいい状況であり、この「最後の大チャンス」を全く活かすことができなかったどころか、「日本のディストピア化」の方向性を大きく決定づけてしまった枝野氏の責任は非常に重大であると言っているんだ。
立憲議員の中でも、かつて希望の党に所属していた議員は国民民主とも親和性が高いし、国民民主がすでに維新との関係強化や憲法改悪に動き出した中で、次の参院選は、再び野党が本格的に分断される展開になりそうな上に、(一般庶民に寄り添った)反グローバリズム系の政治勢力にとってますます厳しい戦いになることが予想されるね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事