■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【全力応援】小池都知事の元側近が、小池氏を公職選挙法違反(学歴詐称)容疑で東京地検に刑事告発!文春では「7つの重大証拠」を報じるも、大手マスコミはここでもダンマリ!

【全力応援】小池都知事の元側近が、小池氏を公職選挙法違反(学歴詐称)容疑で東京地検に刑事告発!文春では「7つの重大証拠」を報じるも、大手マスコミはここでもダンマリ!

どんなにゅーす?

・2024年6月18日、元都民ファーストの会事務総長・小島敏郎氏が、小池都知事を公職選挙法違反(学歴詐称)容疑で東京地検に告発状を提出したことが明らかになった。

文春では、小池都知事の学歴詐称について「7つの重大証拠」を報道。ネット上で小島氏への応援の声が相次いでいるのと同時に、国民に向けて真摯に説明することを拒絶し続けている小池氏への批判と怒りの声が噴出している。

「小池百合子都知事を今朝、公職選挙法違反容疑で刑事告発しました」 元側近・小島敏郎氏が語る“7つの重大証拠”

「都民ファーストの会」の事務総長を務めた弁護士の小島敏郎氏(75)が、公職選挙法違反(虚偽事項公表罪)の容疑で小池百合子東京都知事(71)を刑事告発したことが「週刊文春」の取材でわかった。本日6月18日(火)午前9時、東京地方検察庁に告発状が提出された。

告示直前に刑事告発に踏み切った理由
「文藝春秋」5月号(4月10日発売)にて、カイロ大学に小池氏の卒業を証明する声明文を出してもらうなどの“学歴詐称工作”に加担した旨を告白した小島氏。小池氏が6月12日、3期目を目指して都知事選(6月20日告示、7月7日投開票)に立候補する意向を表明したことを受け、刑事告発するに至った。当初は選挙公報経歴に「カイロ大学卒業」が記された時点で告発が行われると見られていたが、この段階で踏み切った理由を小島氏が明かす。

「公職選挙法235条1項(虚偽事項公表罪)の趣旨は、有権者が誰に投票すべきかを判断するに際し、候補者についての正しい判断資料が提供されることが必要であるというところにあります。公職の候補者または公職の候補者になろうとする人にとって、自身が経験した事項でありかつ有権者の投票行動に影響を与える可能性のある事項が『経歴』にあたります。

現実の社会状況からすると、学歴を詐称することは実際の自分よりも経歴において自己を過大に表現し、より有利な評価を得て票を集めようとするものです。当選を目的とした行動であることは明らかなので、経歴が選挙のために広く使われることを認識して詐称していれば法律の趣旨に反します。

小池氏の場合、カイロ大学卒業という経歴を50年近くにわたって世間に流布し、議会で質問されても答弁拒否をすることで意図的に放置してきました。こうした点から、選挙公報経歴に『カイロ大学卒業』と記されるか否かが判明していない現段階でも十分に公職選挙法違反に問えると判断し、刑事告発する決断をしたのです」

1976年10月卒業の矛盾
告発するにあたり小島氏が重要視しているのが、2020年の都知事選に向けた政策発表記者会見時に公開された「卒業証書」と「卒業証明書」である。小島氏は今回、1970年代のアラビア語に精通した専門家に両文書の和訳を依頼。そこから見えてきたのが、計7つの“重大証拠”だという。

~省略~

【文春オンライン 2024.6.18.】

小島敏郎氏がついに小池都知事を公選法違反容疑で刑事告発!(予想通り)大手マスコミはやっぱり横並びで見て見ぬふり!

出典:YouTube

かねてから予告してきたように、ついに小島敏郎氏が動きました
告示日直前の本日6月18日、小池都知事の元側近・小島敏郎氏が、小池都知事を公選法違反容疑(学歴詐称)で東京地検に告発状を提出したとのことです。

よっしゃ~~!!
小島しゃんグッジョブにゃし、これまで日本国民を化かしてきた「緑のたぬき」ちゃんを逮捕して、みんなで徹底追及するにゃぁ~!!

ついにきたか。
当初は告示後に告発するのではとの見方が多かったけど、このタイミングで告発に踏み切ったのはとてもいい判断だったのではないかな。
いずれにしても、小池都知事が今回も「カイロ大卒」の経歴で届け出るのかどうかに注目だし、どっちの道を選んでも「地獄行き」であることに変わりはない。

そして、ここまでの前代未聞の事態になっているにもかかわらず、小池氏が刑事告発された事実をまともに報じている大手マスコミは今のところゼロみたいですね。
さすがはコンゴやアルゼンチンよりも低レベルの日本のマスコミですが、すでにここまでネット上で大騒ぎになっている以上、これを隠せば隠すほど、マスコミに対する国民の不信感は極限に達していくことになるのは間違いありません。

まさにマスコミ自体が自滅の道を突き進んでいる状況だし、ここまで救いようのないほどに頭の悪い連中で埋め尽くされている現状がある以上、既存のマスメディアはいずれ消えてなくなる運命にあるのではないかな。
いくらマスコミが必死に隠蔽しようとしても、もはや小池氏の学歴詐称は隠しようがないし、日本国民は、実質的なエジプト政府と米地下勢力のエージェントである小池都知事を、何としても完全に日本の政界から排除する必要がある。

皆で小島しゃんを全力で応援して、緑のたぬきちゃんのペテンを徹底的に暴いていこうにゃ!!

問題は、検察がこれを受理して本格的な捜査を行なうのかどうかだね。
検察自体が完全なるジャパンハンドラーの傀儡組織である以上、真剣に捜査を行なうのかどうか疑わしいし、やはり国民自身が団結し大きな声を上げていくことで、腐敗権力そのものに出来る限りの圧をかけていくことが必要だ。

果たして検察がどのような判断を行なうのか見ものですし、文春が報じている「7つの重大証拠」をよく読めば、小池氏の学歴詐称の本質や全体像がより良く理解できるのではないでしょうか。

================

この記事が「良かった」「共感した」「参考になった」「役に立った」と思ったら、カンパ(ご支援)いただけますと嬉しいです!

(new)クリエイター支援サイト「Ci-en」を通じた支援(クレジット・銀行振込・電子マネー等多くの支払い方法に対応)

100円~50,000円まで、自由に金額を設定しチップを贈ることが出来ます。(Ci-enを通じた詳しい支援の仕方はこちら

↓「Ci-en」を通じた当サイトへのご支援はこちらから↓



「note」を通じての支援(ゆるねとにゅーすイメージソングの購入…価格500円・税込・クレジットまたはモバイル決済)

楽曲の購入とは別に、クリエイターサポート機能を利用することで、100円~1万円までご支援いただけます。
楽曲を購入せずに、サポートのみ(100円~1万円)を行なうことも可能です。
サポート機能について詳しくはこちら




月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」のご購読(クレジット決済または銀行自動引き落とし)



およそ3日に一度配信(月10回)されるウェブマガジン「ゆるねと通信」や、管理人やキャラクターによる動画配信、不定期配信の会員限定記事などをお届けいたします。
金額は月500円~ご自由にお選びいただけます。
決済方法は、PayPalによるクレジット決済または銀行の自動引き落としです。

詳しくは「ゆるねとパートナーズ」のウェブサイトをご覧くださいませ。

サイトの存続と安定的な運営のために、ご支援をよろしくお願いいたします。

日本のにゅーすカテゴリの最新記事