【おお~】ついに太田理財局長が森友事件を”アッキー案件”だと認める!共産・小池氏「なぜ議員でもない昭恵さんの動向が書かれているのか」太田氏「それは総理夫人だからかと」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年3月19日、森友事件において、太田理財局長が安倍昭恵総理夫人が事件の”キーマン”であることを認めるような発言を行ない、議場が騒然とした。

共産党の小池書記局長は「なぜ(文書に)議員でもない昭恵さんの動向が書かれているのか?」と問い質したの対し、太田理財局長は「それは基本的に、総理夫人だということだと思います」と答弁

・これによって議場が大きくどよめき、小池議員は「これは重大な発言。まさに国会議員以上に配慮しなきゃいけない存在だから決裁文書に登場したということ」と話し、昭恵夫人が8億円の値引きや文書改ざんに大きな影響を及ぼしていることを強調した。

理財局長「総理夫人ということ」 昭恵氏の名記載の理由

19日の参院予算委員会で財務省の太田充理財局長は、書き換え前の決裁文書に安倍昭恵氏を巡る記載があった理由について「それは基本的に、総理夫人だということだと思います」と述べた。決裁担当者が、安倍晋三首相の妻としての立場を意識して書いたとの見方を示した。

共産党の小池晃氏が、決裁文書に政治家らの名前を書いた理由を財務省が「国会対応のため」としていることに触れ、「なぜ議員でもない昭恵さんの動向が記載されているのか」と指摘したことへの答弁。答弁を受け、小池氏は「重大な発言だ。まさに国会議員以上に配慮しなきゃいけない存在だから決裁文書に登場した」と述べた。

太田氏は「(森友学園の籠池泰典前理事長が)盛んに昭恵総理夫人の名前を出していたので記述したということだろう」とも説明した。

【朝日新聞 2018.3.19.】

昭恵夫人について、真っ先に証人喚問に呼ぶべき”キーマン”であることを太田理財局長が(さりげなく)認める!

財務省の太田理財局長から(さりげなく)こんな重大発言が飛び出しました!
財務省側にとっても、昭恵夫人というのは「誰よりも拝むべき存在」であり、そんな夫人が籠池氏とここまで親しい関係を築いていたことに、どうしても「特別扱い」をせざるを得なかった実情があったというのは間違いのないことでしょう。

そして、安倍総理による「私や妻が関係していたら、総理も国会議員も辞める」との(大嘘)発言に最も青ざめたのも、これらの公文書を作成していた財務省の役人だったことも想像するに難くない。

さらに、首相の周辺の秘書官や補佐役も、この安倍総理のメガトン級の虚偽答弁に大慌てし、どうにか安倍総理が「総理も国会議員も辞める羽目」にならないよう、すぐに財務省と摺り合わせを行ない、公文書の改ざんを通じてまで必死に”辻褄合わせ”をしていたというのが、事の真相なのではないのかな。

こんなやり方で最も苦渋を味わうことになるのが、まさに先日に亡くなった近畿財務局の職員などの末端の役人たちであり、元々何の関係もなかった人々が次々と命を落としている一方で、”黒幕”である組織トップは事実関係を徹底的にねじ曲げ、隠蔽し、一切の責任を取ろうとしないという、世にも恐ろしい「暗黒国家組織」の実態をこれでもかと見せつけられているね。

まさしく、かけがえのない人命がここまで失われているにもかかわらず、それでもなお一切の反省もないどころか、よってたかって(直下の下僕である)佐川氏に全ての責任を覆い被せようとしている悪魔そのもののような安倍政権ですね。

すでに現時点でも、大日本帝国さながらの「大量殺人国家」の性質をこれでもかと露呈していますし、一刻も早くにこの政権を終わらせないと、いよいよ私たち国民が財務省の職員たちと同じ目に遭わされる展開となるのは間違いないでしょう。

特高警察さながらの前川氏に対する日常的な監視と文科省への常軌を逸した圧力事件を見ても、森友改ざん事件と構図が酷似しているし、これによって市立中学の校長先生らが安倍政権から前代未聞の脅しを受けている事例を見ても、もうすでに「ディストピアは確実に始まっている」といえるだろう。

太田理財局長は佐川氏と違ってごくたまにポロッと重大発言を繰り出す以上、今後の答弁が注目されるし、マスコミから新たな重大スクープが出てくる可能性もあるので、この先も注意深く国会の行方を見ていくとしよう。

おススメ記事&広告

 
Pocket