■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【売国止まらず】岸田政権が「4回目ワクチン接種」を検討!3回目接種率すら伸び悩んでいる中で!米国でも承認されていないノババックス製ワクチンも特例承認!

【売国止まらず】岸田政権が「4回目ワクチン接種」を検討!3回目接種率すら伸び悩んでいる中で!米国でも承認されていないノババックス製ワクチンも特例承認!
Pocket

どんなにゅーす?

・多くの副反応や後遺症に苦しんでいる人が続出している新型コロナワクチンについて、岸田政権が4回目の接種を準備していることが報じられた。

・また、岸田政権は、米国でも承認されていないノババックス製ワクチンも特例承認。3回目の接種率が伸び悩んでいる中で、グローバル支配層からの圧力を受けるままに日本国民を”ワクチン漬け”にしようとしている岸田政権に怒りの声が上がっている。

ワクチン4回目接種 3回目から5か月間隔での実施を検討 厚労省

新型コロナワクチンの4回目の接種について、厚生労働省は3回目からの接種間隔を5か月として実施する方向で検討していることが関係者への取材で分かりました。対象は当面、重症化リスクが高い高齢者などに絞る方針です。

厚生労働省はすべての希望者を対象に4回目の接種を行う想定で準備を進めていますが、先月開いた専門家による分科会で慎重な意見が相次いだことなどから「4回目を実際に行うかどうかや対象者、3回目からの接種間隔などについては引き続き審議する」としていました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2022.4.22.】

コロナワクチン、4回目接種は50歳未満の大半が不要-米CDC諮問委

50歳未満の米国民の大半は新型コロナウイルスへの感染を防ぐため4回目のワクチン接種を今すぐ受けるよりも、次世代のブースター(追加免疫)接種を待った方が良い。米疾病対策センター(CDC)の諮問委員会メンバー数人がこうした見解を明らかにした。

同委メンバーは20日の会議で、ブースター接種の目的はコロナ感染の防止ではなく、重症化を抑えることであるはずだと発言。これは感染による重症化リスクが高い人々は追加接種を検討する必要があるが、大部分の人はより良いワクチンが今後登場するまで待つべきだということを意味している。

会議ではモデルナ製やファイザー・ビオンテック製のワクチンによる現行のブースター接種について、オミクロン変異株の派生型「BA.2」などの新たな亜種に対する効果は限定的だとの指摘もあった。

ドレクセル大学医学部のサラ・ロング教授(小児科)は「現在利用可能なワクチンで、感染を防げると期待すべきではない。重症化や死亡を防ぐ以外の効果は望めない」と述べた。

~省略~

【ブルームバーグ 2022.4.22.】

“第4のワクチン”「ノババックス」承認 副反応少なく「3回目ためらう人に福音」

3回目のワクチン接種率が50%以下と、なかなか進んでいません。そんななか、19日、4種類目となる新たなワクチン「ノババックス」が承認されました。副反応が少ないと言われ、注目が集まっています。

■「3回目をためらう人に福音」

~省略~

新田クリニック・新田泰三院長:「オミクロン株になってから、若い方々の感染が、非常に軽いケースがあるので。副反応というリスクをとって、接種はしたくないという方が多い」

~省略~

日本ワクチン学会・岡田賢司理事長:「治験のデータを見ていても、副反応が出る率は随分少なそう。重篤な副反応は、ほとんどなさそうだった。3回目をためらっている人には、福音かなと思う」

ノババックスのワクチンは「組換えたんぱくワクチン」と呼ばれる種類。ファイザーやモデルナなどのワクチンとは仕組みが違うため、副反応が少ないとみられている。

~省略~

■1億5000万回分契約 順次発送へ

ノババックスのワクチンは、武田薬品工業が山口県の工場で生産する。

政府はすでに、およそ1億5000万回分の契約を結んでいて、地方自治体には、来月下旬から順次発送される予定だ。

(「大下容子ワイド!スクランブル」2022年4月20日放送分より)

【テレ朝news 2022.4.20.】

早くも(国民の話は全く聞かず)グローバル支配層の話ばかりを聞きまくりの岸田政権!米国でも承認されていないノババックス製ワクチンに強い懸念の声が続出!

出典:pixabay.com

岸田政権による売国と日本破壊がいよいよ止まらなくなってきたわっ!!
3回目接種率すら一向に上がらないのに、早くも4回目接種の準備を始めたみたいだし、アメリカですら承認されてないノババックス製ワクチンを承認したというのだから、これも(いつものように)怪しい匂いがプンプンだわ!

総裁選の時には「人の話をよく聞く」としきりにアピールしてたけど、早くも、国民の声には露ほども耳を傾けようとせず、真剣に耳を傾けるのはグローバル支配層の声ばかりになってきたね。
おまけに、あの米CDCですらも、現在のmRNAワクチンについて「現在の変異株にはろくな効果がない」と認めたうえで、「4回目接種は(50歳未満の大半が)不要」との見解を公に示しているのが現状だ。
つまりこれは、米国民の間でますます新型コロナワクチンに対する強い不信感がますます噴出してきている上に、ワクチン推進側の米国政府ですらもこうした事実を認めざるを得ないくらいに、「現在のワクチンが全く効かないデータ」が揃いつつあるということだ。

つまりは、岸田政権が4回目の接種の準備を始めたこと自体、新型コロナ対策としても極めて非科学的ということですし、こうした動きそのものが、「売れ残りの大量の新型コロナワクチンの在庫を一斉処分する」目的があることを疑わざるを得ないってことね!

これまで当サイトでは、新型コロナワクチン後遺症に苦しむ人(特に若い年齢層で多い)が全国各地で続出していることを詳しく伝えてきたけど、こうした実情を尻目に何の調査も検証も行わずにさらなる(無制限)ブースターに突き進もうとしている岸田政権は、極めて悪魔的と言わざるを得ない。
政権が発足してしばしの間は「国民に寄り添った政治」を装っていたものの、何といってもウクライナ戦争を機にその仮面が一気に剝がされては、一心不乱に売国と壊国に一直線に突き進むようになってしまった感がある。

今の岸田政権は、日本国民に大量に殺すことすらも厭わないほどに完全におかしくなってしまったし、やっぱり(戦後にグローバル支配層によって作られた)自民党政権では、グローバル支配層からの凄まじい呪縛から解き放たれるのは永久に不可能だってことね。

少なくとも、岸田総理は、グローバリストからの脅しにも怯まないような根性や覚悟、愛国者としての誇りや矜持もなかったみたいだし、このままでは、この先も新型コロナの変異株や無制限のワクチン接種に晒されながら、日本国民がかつてなかったまでに不健康にさせられた上で、日本の国家そのものが形骸化し本格的に崩壊していくことになりそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

世界のにゅーすカテゴリの最新記事