■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

岸田総理、全世界からの全ての外国人の入国禁止を決断!12人の入国者から新型コロナ陽性反応が出た中で!→国民から不安と恐怖の声が噴出!

岸田総理、全世界からの全ての外国人の入国禁止を決断!12人の入国者から新型コロナ陽性反応が出た中で!→国民から不安と恐怖の声が噴出!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年11月29日、「最凶の新型コロナ変異株」といわれるオミクロン株の感染が世界で急速に広がる中、岸田総理は、当面、世界中の全ての外国人の入国を禁止することを明らかにした。

・ただし、28日に日本の空港に到着した入国者12人から新型コロナの陽性反応が見つかった上に、水際強化の対象国の1つであるナミビアから入国した1人について新型コロナ陽性の疑いがあることが分かった中で、国民から不安と恐怖の声が噴出している。

【速報】政府 全世界から外国人の“入国停止”を発表

~省略~

岸田文雄首相:
「緊急避難的な予防措置として、まずは外国人の入国については、11月30日午前0時より、全世界を対象に禁止をいたします」

オミクロン株の拡大を受け、岸田総理は、水際対策を強化し、今月8日から例外的に認めてきたビジネス目的の短期滞在者や留学生、技能実習生を含め全ての国を対象に当面の間、入国を原則停止すると表明しました。

またオミクロン株が確認された国から帰国する日本人に対しても、指定された施設での隔離を義務づけるということです。

さらに岸田総理は水際強化の対象国の1つであるナミビアから入国した1人について新型コロナ“陽性”の疑いがあることを明らかにしました。

~省略~

【Yahoo!ニュース(TBS News) 2021.11.29.】

海外から到着の12人感染

厚生労働省は28日、海外から成田と羽田、中部、関西の各空港に到着した12人が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。

【共同通信 2021.11.28.】

岸田総理が「全外国人渡航者の入国禁止」を決断するも、すでに、オミクロン株に感染した外国人が入国している恐れも…!

出典:国立感染症研究所

世界中で「オミクロンパニック」が激化している中、岸田総理が、全外国人渡航者に対する入国禁止を決断しました。
安倍・菅政権と比べるとかなり早い対応で、これ自体は評価しても良いかと思いますが、しかしながら、すでにオミクロン株に感染した外国人が入国してしまっている恐れもあるために、一切の予断を許さない状況になっています。

中でも、ナミビアから入国した1人が新型コロナ陽性の疑いが出たというニュースが非常に気になるし、これまでの日本政府の隠蔽・捏造体質を思い返しても、本当はすでにオミクロン株に感染した人が国内で発生しているにもかかわらず、これを長期にわたって隠蔽するような事態も想定しないといけないだろう。

とにかくも、(専門家の方からも驚きの声があがっていますが)30か所を超えるほどの変異を引き起こし、かつてなかったまでの凄まじい感染力を持つウイルスが”自然の摂理”で誕生するということ自体、あまりに考え難いことですし、やはり、「グレートリセット」のアジェンダに基づいた地球規模のパニックと人口削減を目的とした、グローバル資本勢力による「新たなウイルステロ」としか考えられませんね。

恐らく、2回・3回のワクチン接種者の間でも凄まじい感染が広がり(むしろ、ワクチン接種者ほど、より爆発的に感染が広がる恐れすらある)、世界中の人々の間でパニックと恐怖が頂点に達したところで、「オミクロンにもよく効く最新鋭の(奴隷化)ワクチン」がリリースされ、これによって、ワクチン義務化やワクチンパスをインストールするための「仕上げ」が行なわれるシナリオが作られているのだろう。
相変わらず、グローバリストの連中(グローバルカルト)は、頭のネジが完全に飛んでいる”真性的な狂人”であるのを感じるし、またまた、これにより世界が大混乱に陥っては、(毎度のように)マスコミや御用専門家によって様々なフェイクや洗脳が流布されることになるのは確実だろう。

そうですね…。
あとは、完全なまでにグローバリストに支配されている自民党の中で、岸田総理が、どこまで”面従腹背”で、わずかでも愛国心を持ち合わせてくれているのか…
どうにか「厳格かつ徹底した水際対策」によって、破滅的な事態だけは回避してくれることを願っています。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事