■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【参政党人気が急上昇…】共同通信世論調査、岸田政権支持率が12.2ポイント減の51.0%に急落!「国葬に反対」も半数超え、統一教会との政界とのかかわりを「解明する必要がある」が8割に!

【参政党人気が急上昇…】共同通信世論調査、岸田政権支持率が12.2ポイント減の51.0%に急落!「国葬に反対」も半数超え、統一教会との政界とのかかわりを「解明する必要がある」が8割に!
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年30、31日に行なわれた共同通信世論調査において、岸田政権支持率が12.2ポイント減の51.0%に急落(不支持率は7.1ポイント増の29.5%)。政権発足以来最低の数字となった。

安倍元総理の国葬については、「反対」「どちらかといえば反対」が計53.3%を占め、朝鮮統一教会と政界との関わりについて、実態解明する「必要がある」は80.6%に達し、「必要はない」は16.8%だったという。

安倍元首相国葬に53%が反対 旧統一教会と政界の関わり、8割が「解明必要」 共同調査、内閣支持率は急落

共同通信社が30、31両日に実施した全国電話世論調査によると、安倍晋三元首相の国葬に「反対」「どちらかといえば反対」が計53・3%を占め、「賛成」「どちらかといえば賛成」の計45・1%を上回った。岸田内閣の支持率は51・0%で7月11、12両日の前回調査から12・2ポイント急落し、昨年10月の内閣発足以来最低となった。不支持率は7・1ポイント増の29・5%。国葬に関する国会審議が「必要」は61・9%に上った。

~省略~

感染が急拡大している新型コロナへの対応、依然続く物価高への対策に加え、説明不足との批判がある政府の国葬実施決定が支持率急落につながった可能性がある。

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と政界の関わりについて実態解明の「必要がある」は80・6%、「必要はない」は16・8%だった。(共同)

【東京新聞 2022.7.31.】

共同通信世論調査、「統一教会と政界との繋がりを解明する必要ある」が8割を超えたのに、(統一教会との繋がりが疑われる)参政党の支持率が急上昇!

これはまた妙な数字が出てきましたね。
「統一教会と政界との繋がりを解明する必要ある」が8割を超えたのは当然だとしても、やはり、岸田政権の支持率が相変わらず高すぎますし、よりによって(自民や維新と同じく)統一教会との繋がりが疑われてきた参政党の支持率がいきなりれいわを超えてしまいました

統一教会との癒着を厳しく批判している共産党やれいわの支持率が大きく増えたのならまだしも、そうした状況も見られないし、今回もまた何とも珍妙で滑稽な結果だ。
これまでも何度となく述べてきたけど、統一教会とは、米イスラエルのネオコン勢力によって作られた、日本を「戦争が出来る国」に変えていくための対日工作カルトであり、とりわけ憲法改悪を推進する政治勢力を教団が強くバックアップしてきた現状がある。
参政党の関係者を少し調べてみても、やはり日本会議やそれと近しいカルト宗教との関係が見え隠れしており、さらには、先の参院選で当選した党代表の神谷宗幣氏は、過去にアーミテージやマイケル・グリーンらジャパンハンドラーの面々と直々に歓談していたことが分かっている。
こうした状況を俯瞰しても、参政党は、非自民層を取り込みながら、なおかつ憲法改悪を推し進めるために作られたグローバリストによる工作政党であることが疑われるし、政治とカルトの繋がりを断絶させていくには、自民や公明や維新はもちろん、参政党なども含めた「日本会議やネオコン軍産と繋がりのある政治勢力を無力化させていく必要」がある。

少なくとも、統一教会との政治との癒着を完全に解明させていくには、自民党に政権を持たせている限り永久に無理でしょうし、色々な意味で今回の世論調査結果も大きな問題がありますね。

簡単にいえば、米イスラエルのネオコン軍産勢力そのものが「カルト集団」そのものだし、その実体やメンバーは、イエズス会やフリーメイソンなどで占められているからね。
もっといえば米国そのものが(フリーメイソンによって建国された)コアな「カルト国家」だし、こんな米国から完全に自立しない限り、政治とカルトを完全に引き離していくことは難しいだろう。

どちらにしても、少なからず、統一教会と政界との癒着やそのルーツを明らかにしていくためには、岸田政権や自民党の支持率を極限まで下げていかないといけないし、このままでは統一教会を潰すことが出来ても、「別のグローバルカルト」が日本の政界を主体的に支配していくだけになりそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事