■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

ジャパンライフ巨額詐欺事件、山口元会長に懲役8年の実刑判決!被害者は7千人、被害額は計2100億円!→国民「広告塔になっていた安倍&加藤の責任は?」「なぜ逮捕されない?」

ジャパンライフ巨額詐欺事件、山口元会長に懲役8年の実刑判決!被害者は7千人、被害額は計2100億円!→国民「広告塔になっていた安倍&加藤の責任は?」「なぜ逮捕されない?」
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年1月28日、預託商法を展開し顧客から多額の金銭を騙し取ったとして起訴されていたジャパンライフ元会長の山口隆祥被告に対し、東京地裁(浅香竜太裁判長)は懲役8年の実刑判決を言い渡した。

・被害弁護団によると、事件の被害者は約7千人・被害額は計約2100億円にのぼるといい、同社の広告塔になったことでより多くの被害者を生み出すことに手を貸した、安倍元総理や加藤前官房長官らへの責任追及を求める声が強まっている。

ジャパンライフ巨額詐欺 元会長に懲役8年の実刑判決 東京地裁

磁気治療器のオーナー(販売預託)商法を展開し顧客から約1億6500万円をだまし取ったとされるジャパンライフ元会長の山口隆祥被告(79)について、東京地裁(浅香竜太裁判長)は28日午後、詐欺罪の成立を認め懲役8年(求刑・懲役10年)の実刑判決を言い渡した。

今回の事件では山口被告の長女の同社元社長らや幹部12人も出資法違反罪で有罪判決を受けているが、実刑判決が出たのは初めて。  被害弁護団によると、事件の被害者は約7千人で、被害額は計約2100億円にのぼるという。

~省略~

山口被告はこれまでの公判で「起訴内容は全て認める。心からおわびする」と謝罪。「会社創立当初から詐欺を目的に(販売預託商法を)始めていない」と訴えていた。(新屋絵理)

【朝日新聞 2022.1.28.】

ジャパンライフ宣伝に加藤官房長官の名も 「改めて調べても…」と「桜」の幕引きを強調

加藤勝信官房長官は18日の記者会見で、詐欺の疑いで逮捕されたジャパンライフ元会長が、安倍晋三前首相主催の「桜を見る会」の招待状を顧客勧誘に利用した問題に関し、招待者名簿などの再調査は行わない考えを示し、幕引きを強調した。加藤氏は「名簿が保存されていない。個々の招待者について改めて調べても、確たることは申し上げられない」と述べた。

加藤氏は、元会長が政府の招待状を、顧客を勧誘する際に示していたことが被害を拡大させた可能性を問われたが「招待者、推薦元は個人情報であり、回答を控えている」と、従来の説明を繰り返した。

加藤氏自身もジャパンライフの宣伝資料に「加藤大臣と会食した」「取り組みを非常に高く評価して頂いた」などと書かれ、広告塔として利用された経緯がある。加藤氏は、元会長とは会合で同席して意見交換しただけとして「何らそうした話があったわけでない。私の事務所から厳重な抗議をしている」と強調した。

~省略~

【東京新聞 2020.9.18.】

ジャパンライフ山口元会長に懲役8年の実刑判決!→先代から山口氏と仲良し(さらに桜に招待)の安倍元総理と、チラシに顔写真付きで登場していた加藤元官房長官に対して「今すぐ逮捕せよ」の声!

出典:YouTube

出典:Twitter(@sbm2657)

ジャパンライフの山口元会長に懲役8年の実刑判決が言い渡されたわっ!
改めて、いかにこの一件が歴代稀に見るほどの極めて悪質&大規模な詐欺事件だったのかを強く感じているけど、こうなると、河井事件に続いて)この事件においても警察・検察の対応に不可解な点が浮かび上がってくるわ!

ネット上では「なぜ、広告塔を務めてきたことでさらなる詐欺被害の拡大に手を貸した、安倍元総理や加藤官房長官らを逮捕しないのか?」との声が噴出しているけど、全くその通りだろう。
この他にも、政治家で言えば、菅前総理や茂木幹事長、麻生副総理や茂木幹事長、甘利氏らが同社と関わっていた疑いが浮上しているけど、中でも安倍氏と加藤氏の同社との関わりは非常に深い
安倍氏の場合、父親の安倍晋太郎氏が山口元会長と非常に懇親だったことがいわれており、晋太郎氏が外相時代にNYの国連総会に出席した際、わざわざ山口元会長を同行させたことが伝えられているし、こうした古くから築き上げてきた「政治権力者との深い繋がり」こそが、ジャパンライフをここまで生き永らえさせ、被害者と被害額が何倍にも大きく膨れ上がったことは異論の余地がない。
(ジャパンライフはつい最近までテレビCMまで流されてたけど、これも、安倍氏ら政治権力者からの”お墨付き”があった上に、マスコミ関係者とも親密な関係を作り上げていたことで、こんな詐欺企業のCMが平然と流されるという異常事態が発生していたということだ。)

だからこそ、本当であれば、山口元会長が逮捕された時に一緒に安倍氏と加藤氏も逮捕しないといけないはずなのに、どうして加藤氏は平然と官房長官の地位に居座り続けていたうえに、安倍氏もちゃっかりとキングメーカーを気取って、今も自民党の中枢にのさばり続けているのよっ!?

つまるところは、これもまた「田布施システムの弊害」であり、安倍一族はどんな犯罪を犯しても逮捕されないという「究極の腐敗システム」が敷かれてしまっているということだ。
明治以降、このような腐敗システムが隠然と存在し続けてきたことそのものが「日本の民主主義は張りぼて同然」であることを強力に示しているし、日本国民は、この腐りきった現状を少しでもどうにかするために、安倍元総理を一刻も早くに逮捕するよう今まで以上に大きな声を上げ続けていく必要があるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事