■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【菅政権と同レベル】IOCバッハ会長、東京の緊急事態宣言による五輪への影響を否定!「GWの感染拡大防止対策であり、東京五輪に関係するものではない」

【菅政権と同レベル】IOCバッハ会長、東京の緊急事態宣言による五輪への影響を否定!「GWの感染拡大防止対策であり、東京五輪に関係するものではない」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年4月21日、新型コロナ第4波の襲来により東京都においても緊急事態宣言が発出される見通しになった中、IOCバッハ会長が、改めて東京五輪を強行開催する考えを表明「ゴールデンウィークの感染拡大防止に向けた積極的な施策だと理解している。東京オリンピックに関係するものではない」などとコメントした。

・ネット上ではバッハ会長のこの発言に批判の声が噴出。改めて菅政権やIOCは、現在も東京五輪を強行開催する方針を変えていないことが明らかになった。

IOC会長 緊急事態宣言「オリンピックに関係するものではない」

~省略~

新型コロナの感染が東京や大阪などで再び拡大していることを受けて、政府は東京など4都府県に緊急事態宣言を出す方向で23日にも感染症の専門家などから意見を聴いたうえで、正式に決定する方針です。

IOCのバッハ会長は、21日に非公開で行われた理事会のあとの会見で日本の状況について「緊急事態宣言はゴールデンウィークの感染拡大防止に向けた積極的な施策だと理解している。東京オリンピックに関係するものではない」と述べて7月に開幕する予定の東京大会への直接的な影響を否定しました。

そのうえで、来週、大会期間中の感染対策をまとめた「プレーブック」の改訂版が公表されることを踏まえ「頻繁な検査と外部との接触を断つバブルごとの行動、そして多くの海外からの選手や関係者がワクチンを接種することで、選手村はとても安全になる」と述べ大会を安全に運営できることを強調しました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.4.22.】

IOCも(菅政権と一緒になって)相変わらず東京五輪をゴリ押し!非科学的な願望・幻想を元に「緊急事態宣言は東京五輪に影響なし」と断言!

今回の発言で、IOCバッハ会長も完全に「菅政権と同レベル」であることがよく分かったわっ!
まさか菅総理だけでなく、バッハ会長までもが「緊急事態宣言は五輪に影響しない」なんて言い出すなんて思ってなかったし、「一大感染爆発イベント」になろうがどうなろうが、とにかく意地でも東京五輪を強行するつもりみたいねっ!!

さすがは”バッカ”会長、もといバッハ会長だ。
これまでも、安倍・菅政権と全面的に同調しながら、東京五輪の強行開催に協力してきたけど、彼らはあくまで(悪い意味で)全くぶれないね。
この調子では、いよいよ「緊急事態宣言中でも東京五輪を開催する」と言い出しそうになってきた感じだけど、その一方で、二階幹事長だけは、やや開催に後ろ向きな発言を繰り返すようになっているのが気になるところだし、二階氏のこうした動きは一体”何”を意味するのだろう

とにかくも、五輪開催まで3か月のうえに、東京に3度目の緊急事態宣言が出されるくらいに大変な状況になってるのに、いまだに「強行開催する前提」で事が進んでいる上に、その一方で、二階幹事長が呑気に観測気球みたいなコメントを繰り返していること自体が、完全な「緊急異常事態」そのものだわっ!!

志位委員長がバッハ会長のことを「あなたは何様?」と強く批判してくれてとてもスカッとしたけど、孫崎氏も言っているように、どうも、日本国民は、欧米人や国際組織に対して、変に崇めたりロクな根拠もないままに不用意に信用してしまうような傾向がみられる。
日本国民みんなが菅政権だけじゃなくIOCに対してももっと強い怒りや抗議の声を上げる必要があると思うし、何についても私利私欲や利権ばかりを最優先するグローバリストに対して、もっと根本的な疑いや批判精神を持つ必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事