稲田朋美議員、護憲派の弁護士を「”憲法教”という新興宗教」とツイート→批判殺到で削除!ネット「あんた自身がカルト」「憲法尊重擁護義務違反では」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年7月29日、自民・稲田朋美議員が、安倍政権を支援する宗教結社・日本会議の東京都中野支部の集会に参加。同支部の支部長を務める内野経一郎弁護士に対して「支部長は大先輩の内野経一郎弁護士。法曹界にありながら憲法教という新興宗教に毒されず安倍総理を応援してくださっていることに感謝!」とツイートし、これが大炎上に。

・ネット上では、稲田氏のツイートに対し、「憲法尊重擁護義務違反では」など、専門家からも批判の声が殺到したことから、稲田氏は問題のツイートを削除「あまりにも誤解を招きやすい表現だった」などと釈明するも、ツイッター開設からおよそ1週間の中、早くも炎上に見舞われた。

「憲法教という新興宗教に毒されず」… 稲田前防衛相、早くもツイッター「炎上」

ツイッターで自民党の杉田水脈(みお)衆院議員の立場に賛成しない立場を表明したはずの稲田朋美・前防衛相が早くも「炎上」だ。安倍晋三首相を応援する会合に参加した弁護士について「法曹界にありながら憲法教という新興宗教に毒されず」などと表現。

これが、憲法が規定している「憲法尊重擁護義務」(第99条)に反していると批判を浴びたのだ。稲田氏はテレビ番組でツイッターを始めたことを報告し、「炎上しないように頑張っていきたいと思います!」と意気込んだばかりだった。

「こういう認識の人が防衛大臣をやっていたことに改めて震撼」

問題とされたツイートは2018年7月29日21時頃に書き込まれ、

「日本会議中野支部で『安倍総理を勝手に応援する草の根の会』が開催され、私も応援弁士として参加しました。」
などと会合に参加したことを写真つきで紹介する内容。中野支部長の紹介ぶりが炎上を呼んだ。

「支部長は大先輩の内野経一郎弁護士。法曹界にありながら憲法教という新興宗教に毒されず安倍総理を応援してくださっていることに感謝!」
憲法99条では、国務大臣、国会議員や公務員に憲法尊重擁護義務を課しており、稲田氏のツイートはこれに反しているのはないか、といった声が続出。「日報隠蔽」(集英社、共著)などの著書があるジャーナリストの布施祐仁さんも、ツイッターで

「こういう認識の人が防衛大臣をやっていたことに改めて震撼する」
と嘆息した。

~省略~

7月26日夜放送の「深層ニュース」(BS日テレ)でも、ツイッター開設の狙いを

「ツイッターで私のイメージというか、本当に右で、歴史問題では修正主義者っていう向きも多いが、いろんな面を発信することができればいいなあと思いまして…。まだまだ未熟なので、手探りで…。まだ1個しかやってない(1回しかツイートしていない)んですけれども…炎上しないように頑張っていきたいと思います!」

と力説したばかりだったが、それからわずか3日後の「炎上劇」だった。

【J-CASTニュース 2018.7.30.】

<稲田元防衛相>“憲法教”ツイートを削除 「誤解招く」

稲田朋美元防衛相は29日、ツイッターに法曹界の護憲派を「憲法教という新興宗教」と否定的に評するコメントを投稿した。その後批判を受け、30日までに削除した。

~省略~

稲田氏は毎日新聞の取材に「ツイッターに書くにはあまりにも誤解を招きやすい(表現だった)なと思う。憲法を否定するつもりは全くない」と説明。「憲法を変えさえしなければ日本は平和であるというのもまた違う」とも語った。【田中裕之】

【Yahoo!ニュース(毎日新聞) 2018.7.30.】

”宗教結社の集い”に参加した稲田朋美議員が、憲法を尊重する人々を「”憲法教”という新興宗教」揶揄するという「笑えないギャグ」!

出典:BLOGOS

あらあら。「優生思想発言」の杉田水脈議員と同じ穴のムジナと思われないために、わざわざいそいそとツイッターアカウントをこしらえて「炎上しないように頑張っていきたいと思います!」なんて気を吐いていた稲田朋美さんが、早速大炎上しちゃったみたいね。

”憲法改悪”を掲げるカルト関係者が多く集結する日本会議のイベントで、彼らが目論む”改憲”に反対する人達を「”憲法教”という新興宗教」なんて揶揄している時点で、何かのギャグとしか思えないわ。

稲田議員自身も統一教会の関連団体の会合に意欲的に参加しているみたいだし、もしや彼女は、自身が邁進している現行憲法を書き換える運動について「敵対し合う”新興宗教同士”の激しい戦い」とでも思っているんだろうか?

↓統一教会の関連団体の講演会に出た稲田朋美氏(稲田朋美オフィシャルホームページより)
1

出典:稲田朋美オフィシャルホームページ

過去の彼女の発言を紐解いてもカルトチックでヤバ目な発言が目立つし、そもそも自分自身がカルトだから、彼女に怒っている人々がみんなカルトに見えてしまうのかしらね?

↓稲田議員:「国民の生活が大事なんていう政治は私は間違っていると思います。」

↓稲田議員:「自分の国を守るには血を流す覚悟をしなければならないんです!」

それと、どうも、日本会議のことを「保守系団体」などと羊頭狗肉のような表現を使っているメディアが目立つけど、↓下記のような実態を見ても、これは実質的に近似的な多数の新興宗教団体が寄り集まった「宗教結社」であり、この性質を団体そのものが隠してはマスメディアも隠蔽している動きが目立つのがどうも嫌な感じだね。

組織の分析

朝日新聞は、日本会議の事務局の中枢は、生長の家の出身者が担っていると報道している[87]。また、朝日新聞では、友好団体・提携団体として、美しい日本の憲法をつくる国民の会(主宰は櫻井よしこ他)、皇室の伝統を守る国民の会、「21世紀の日本と憲法」有識者懇談会(民間憲法臨調)、「日本の教育改革」有識者懇談会(民間教育臨調)、みんなで靖国神社に参拝する国民の会を挙げている[87]。また、日本会議を支える主な人々として、事務総長の椛島有三のほか、政策委員の伊藤哲夫、高橋史朗、百地章を図解入りで示した[87][注 4]。

中島岳志は、日本会議の特色として、「役員に多様な宗教団体関係者が名を連ねていること」をあげ、特徴としては、「信仰上の統一性」が存在しない団体が共存していることとしている[37]。

塚田穂高は、2016年の時点で、日本会議の顧問5名がのうち4名が宗教関係者(うち3人が神道関係者)であり、代表委員41名のうち17名が宗教団体・修養団体関係者、とくに、神社本庁関係者も参画しているということや[1]、神社本庁、解脱会、国柱会、霊友会、崇教真光、モラロジー研究所、倫理研究所、キリストの幕屋、仏所護念会、念法真教、新生佛教教団、オイスカ・インターナショナル、三五教等、宗教団体や宗教系財団法人等が「守る会」以来の繋がりで参加しているとしている[1][3]。また、日本会議の理念と神社本庁ならびに神道政治連盟の理念に、明確な違いがほとんど見られないと述べている[3]。

【Wikipedia(日本会議)】

ここに、安倍一族が深く関わり続けてきた朝鮮統一教会(現・世界平和統一家庭連合)が包括的に繋がっていて、さらに旧生長の家勢力とも繋がる幸福の科学がくっついている感じね。

↓幸福の科学発足記念講演会に、生長の家の信者・関係者も出席。

出典:Wikipedia(幸福の科学)

ご覧のように、日本会議というのは、まるっきり”新興宗教の団体”であり、このイベントに出席して安倍総理をまるで教祖サマのように応援している時点で、稲田朋美議員は根っからのカルトと断言していいだろう。
つまり、結局は稲田氏も(小野田議員とも同じく)杉田水脈議員とも全く同じ穴のムジナであり、安倍総理を熱烈に信奉している議員は、ほぼもれなく統一教会や幸福の科学をはじめとした、日本会議系カルト宗教とズブズブの人間ばかりだよ。

稲田さんも、その他の素行不良の炎上議員と同じように、「誤解を与えた」なんて見苦し言い訳をしながらツイートを削除したけど…私たち国民は、今の日本の政界がおかしなカルト宗教に乗っ取られてしまっている恐ろしい現実を認識して、現行憲法における「政教分離の大原則」を少しでも取り戻せるように、もっと強い警戒感を持っていく必要がありそうね。

おススメ記事&広告

 
Pocket