【呆れ】都内の防潮扉に「バンクシーの絵?」と小池知事とマスコミが大はしゃぎ!「難民解放せよ」のメッセージは「犯罪扱い」の一方で、バンクシーは「特別扱い」の奇妙!

Pocket

どんなにゅーす?

東京都港区の防潮扉にバンクシーの可能性がある絵が描かれていたとして、小池都知事がこれを大いに喜び、大手マスコミも好意的に報じる事態になっている。

・小池知事は「あのバンクシーの作品かもしれないカワイイねずみの絵が都内にありました! 東京への贈り物かも? カバンを持っているようです」とのツイートとともに「記念撮影」した写真をアップ。真贋と価値を判定するために絵が描かれた防潮扉を撤去し、倉庫で保管されていると報じられたものの、こうした対応に多くの疑問や批判の声が上がっている。

バンクシーの絵か? 都が撤去 ゆりかもめ・日の出駅前

正体不明のあのアーティストの作品か。
FNNのカメラが、回収作業の一部始終をとらえていた。

かばんを持って傘をさしたネズミの絵。
この絵は、ゆりかもめの日の出駅前にある、東京都が所有する防潮扉に描かれていたもので、世界各地で風刺画をゲリラ的に描くことで知られる、バンクシーの作品の可能性があるという。

16日、東京都が撤去作業を行い、現在は都が管理する倉庫で保管されているという。

小池都知事
「本物かどうか、これから確認することになると思います」

都は今後、バンクシーの作品か鑑定作業などを進めるとしている。

【FNN PRIME 2019.1.17.】

出典:YouTube

「公共物に無許可で描き込む(表現する)」行為にもかかわらず、バンクシーのみをことさら有り難がり、丁重に保護してしまう日本の権力者の「反知性」ぶり!

出典:Twitter(@ecoyuri)

東京都内の防潮扉に「バンクシーのものかもしれない」ネズミさんの絵が見つかったけど、これに大喜びしている小池都知事と大手マスコミに対して批判と呆れの声が相次いでいるわ。
ほんとに、この前の「難民を解放せよ」のメッセージに対しては、「少しひどくはないですか?」なんて、入国管理局が大激怒していたっていうのに、どっちも「無許可で公共物に描き込んでいる行為」にもかかわらず、ずいぶんと異なった対応よね。

ボクも、このニュースを「朗報」といわんばかりに喜ばしく報じているマスコミを見ても、色んな意味で「かなり強い違和感」を禁じ得なかったよ。

もちろん、この前の「難民を解放せよ」の路上メッセージと、180度違った対応をしているのも何とも滑稽だし、そもそも、(もしバンクシーが描いた絵だとしたら)東京都内にバンクシーがわざわざ足を運び、この場所に描き込んだ「意味合い」や「メッセージ」を理解しているのだろうか?

本当であれば、(これまでも、「権力の腐敗」や「民衆の解放」などを絵を通じて表現し続けてきたバンクシーである以上)あんまり嬉しいことではないようなことだと思うんだけど…これをことさらありがっている上に、価値を判断するべく、わざわざ絵を撤去して、丁重に倉庫に保管しているというのは、「お笑い草」としか言いようがない。
つまり、バンクシーの絵というのは、描かれた「その場所」に存在しているからこそ価値があるのであり、言い換えれば、小池都知事がはしゃいだり、マスコミが喜ばしく報じているのは、「バンクシーが世界的に高い評価を受け、価値を認められている」という、あまりに「表面的な要素」しか理解できていないということの表れだし、その一方で、「何故世界的に高い評価を受けているのか?」という、バンクシーの絵の本質や真の価値をこれっぽっちも理解できていないという、凄まじいまでの反知性と無教養を露呈させてしまったということになる。

そして、バンクシーの絵のメッセージ性とも共通している、「難民開放せよ」などのメッセージ性が含まれた落書きに対しては、(そこに描かれた意味合いや中身にも目をくれずに)「悪質な犯罪行為」として断罪している様子を見ても、日本社会が「ブランドイメージや肩書き」によって、その対応を180度変えてしまう傾向がある上に、その中に秘められている「本質や中身を見極める目」をまるで持ち合わせていないという、見事なまでの視野狭窄ぶりや軽薄さを浮き彫りにしてしまっているといえるだろう。

本当に、近年の日本社会に蔓延している「一種の幼児性」が何かと世界を驚かせているけど、今回の一件も見事なまでに世界に恥を晒したわね。
こうした小池都知事や大手マスコミの報道を見たバンクシーさん本人は、今一体何を思っているのかしら?

Pocket

 

おススメ記事&広告