■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【痛恨】IOCバッハ会長、日本国民を「チャイニーズピープル」と言い間違え!慌てて言い直すも、ネット上では怒りの声が噴出!組織委への訪問で!

【痛恨】IOCバッハ会長、日本国民を「チャイニーズピープル」と言い間違え!慌てて言い直すも、ネット上では怒りの声が噴出!組織委への訪問で!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年7月13日、IOCのバッハ会長が東京五輪組織委を訪問。その際に、日本国民への安全についてアピールする際に「チャイニーズピープル(中国国民)」と言い間違えるハプニングが発生した。

・バッハ氏はすぐにこれを言い直し、「万人にとって安全安心な大会にする。万人というのはアスリートであり、各国選手団であり、もっとも大事なのは日本の国民の安全ということ」と取り繕ったものの時すでに遅し。ネット上で怒りの声が噴出している。

IOCバッハ会長、中国人と日本人言い間違える「チャイニーズピープル…」組織委訪問で痛恨

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が13日、東京都中央区の東京五輪・パラリンピック組織委員会を訪問した。

~省略~

「やっと東京の同僚とリアルに会える日が来た。ここまで準備が整った大会はない」とし、「本日、選手村が開村してアスリートたちはどんどん入村している。全員アスリートのような気持ち。素晴らしい仕事してこれだけの準備をした。ちゃんとしたステージが整った。ベストを見せることができるようにパフォームすることが残っている」と続けた。

ただ、日本国民への安全を訴える際には「チャイニーズピープル」と中国人と間違える場面も。すぐに「ジャパニーズピープル」と言い直し、「万人にとって安全安心な大会にする。万人というのはアスリートであり、各国選手団であり、もっとも大事なのは日本の国民の安全ということ」と話した。最後は日本語で「ガンバリマショウ」と結んだ。

~省略~

【Yahoo!ニュース(スポニチアネックス) 2021.7.13.】

バッハ会長が、日本を「その程度」にしか考えていなかった本音をうっかりポロリ!→五輪賛成の安倍シンパの「自称保守」は沈黙!

出典:YouTube

またしてもバッハ会長がやってくれたわねっ!!
これまでも、「日本国民のへこたれない精神があれば東京五輪も乗り越えられる」などなど、いかにも日本国民をバカにしてるとしか思えない発言を繰り返してきたけど、要は、自分のお金儲けのことだけで頭がいっぱいのうえに、日本国民の命や健康のことは露ほどにも思ってないってことだし、気持ちはすでに北京五輪にいってしまってるってことねっ!!

それに、欧米人って、アジアの黄人に対して、何でもかんでも「中国人」としてひとくくりにしてしまう傾向もあるみたいだし、バッハ会長自身も、心の奥底でアジア全体や日本を見下している疑いもある。
いずれにしても、日本のことを第一に大切に考えているのであれば、間違ってもこんなミスは起こらないはずだ。

それにしても笑えるのは、普段から「日本が大好き!」とか猛烈にアピールしている「自称保守」の安倍シンパ軍団が、このバッハ会長による”最凶の侮辱発言”に沈黙しているか、「まあまあ…」などと事を荒立てないような反応をしていることだ。
そもそも、安倍前総理自身も、「世界に夢を与え、絆を確かめ合うため」などと、この期に及んでおめでた過ぎる妄言を吐きながら東京五輪の強行を後押ししている始末だし、本当にこの界隈の連中は、普段は「日本を守るため」などと騒ぎながら中国や韓国を叩きまくってるのに、その一方で(北方領土献上や水道民営化など)安倍氏によるグローバリストへの売国行為の数々には決まってダンマリなのだから、まさに「最悪のペテン集団(グローバリストの傀儡集団)」というしかあるまい。

バッハ会長のこの「有り得ない間違い」に本気で怒りの声を上げている人たちこそ、日本を必死に守ろうとしているまっとうな人々ですし、これでますます、東京五輪をごり押ししている連中こそが、日本を完膚なきまでに破壊し尽くそうとしている「売国勢力」である内情が露呈してきたわねっ!

改めて、「ぼったくり男爵」というのは、実にIOCやバッハ会長の本質をよく表している言葉だし、これまでボクが一貫して言い続けてきた、「東京五輪とは、(日本が日本でなくなっていく)グローバリズムの最大級のシンボルである」という言葉の意味が、よりよく理解できるのではないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事