河野外相の「次の質問どうぞ」連発に、各所から批判殺到!田崎スシロー氏も「政治家としての質が問われる会見だった」と苦言!立川談四楼氏は「次の大臣どうぞ」と皮肉!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年12月11日の記者会見で、河野外相が北方領土についての記者からの質問を完全無視し、「次の質問どうぞ」と4回も繰り返したことについて、各所から批判が殺到している。

・テレビ番組で安倍政権をことさらに擁護することで知られる「スシロー」こと田崎史郎氏は、「政治家としての質が問われる会見だった」と異例の批判。自民党内からも批判が出ている中で、外務省記者クラブが「誠実な会見対応を求める申し入れ」を行なったことに対し、河野氏は「”神妙”に受け止める」と回答したという。

異例…記者質問を4回無視 河野外相が北方領土問題で

河野外相は記者会見で、北方領土問題に関する記者からの質問を4回にわたり無視する異例の対応をとった。

会見では、ロシアのラブロフ外相が第2次大戦の結果、北方領土はロシアの領土となったことを日本が認めない以上、平和条約交渉は進められないとの意向を示したことについて、記者から質問が出た。

記者「この発言に対する大臣の受け止めを」

河野外相「次の質問どうぞ」

記者「反応をこの場でするつもりもないということか」

河野外相「次の質問どうぞ」

記者「よい環境整備をしたいと、発言はこれまで抑制的だったと思うが」

河野外相「次の質問どうぞ」

記者「なぜ『次の質問どうぞ』と言うのか」

河野外相「次の質問どうぞ」

~省略~

外務省の記者クラブは、河野外相に誠実な会見対応を求める申し入れを行い、河野外相は、「神妙に受け止める」と回答した。

【FNN PRIME 2018.12.12.】

「次の質問どうぞ」“回答拒否”で物議、河野外相「電話会談」で対応は・・・

~省略~

ロシアとの平和条約締結交渉をめぐり、11日の記者会見で回答拒否を繰り返した河野外務大臣。前任の外務大臣だった岸田政調会長は、こう擁護しました。

「外交交渉なので、交渉が進む中で、どこまで説明ができるのか。その辺については自ずと限界もある」(自民党 岸田文雄政調会長)

一方、野党側は、「説明責任の放棄だ」などと批判しています。

「感じ悪いね。安倍政権の傲慢さがまん延してきている」(国民民主党 玉木雄一郎代表)

河野大臣は、“ポスト安倍”の1人とも目されているだけに、自民党内からも批判的な声が聞かれました。

「本気で言っているなら不見識」(自民党閣僚経験者)
「こんな受け答えで総理大臣になれるわけがない」(自民党ベテラン議員)

~省略~

【Yahoo!ニュース(TBS News) 2018.12.12.】

外務省記者クラブによる異例の申し入れ(苦言)に対して、河野外相は「”神妙”に受け止める」と意味不明な返答!

出典:YouTube

↓あの田崎スシロー氏も河野氏を批判。

出典:Twitter(@tanutinn)

河野外相による、国民をバカにしきった「次の質問どうぞ」の連発に、各所から批判が殺到している状況だわ。
あの田崎スシローさんすらも、こんな風に苦言を呈しているんだから、いかに異常な事態なのかがよく分かるわね!

「ジャーナリストとしての質が激しく問われる」スシロー氏「政治家としての質が問われる会見だった」と批判している時点で思わず笑ってしまうけど…河野氏が「人によって対応を変えるところがある」というのは確かにそうだろうね。
これまでも河野氏は、自らに批判的なコメントを寄せた国民のツイッターを片っ端からブロックしたり、西日本の豪雨災害で過酷な避難生活を強いられる被災者が続出している時に”修学旅行気分”でフランス訪問中に豪華な部屋でベッドに横たわる写真を投稿したりと、いささか常識に欠ける部分や幼児性が伴う行動が散見されてきた。

ちなみに、Yahoo!のコメント欄を見てみたところ、「国益を守るためなら沈黙も必要だ」やら「普通の議員ではあの態度は出来ない」など、妙に河野氏を持ち上げる声がトップに並んでいたのが気になった。
詳しいことを話したくないのなら、「すみませんが、その件については詳しいコメントは差し控えさせていただきます」と答えればいいわけだし、最低限の一般常識すらも欠如しているような、閣僚どころか、人としてあまりにも常軌を逸した”ふざけた対応”を平気でしていることが、この件においての「最大の問題」なんだよ。

相変わらず、Yahoo!ニュースのコメント欄は、おかしな世論工作っぽいコメントが並ぶ時があるわねっ!
それだけ、安倍政権の政治家が記者クラブ関係者を心底見下していることの表われだし、言ってみれば、国民自身のことはもっと激しくバカにしているってことねっ!

それと、記者クラブからの申し入れ(苦言)に対して、河野氏は「”神妙”に受け止める」なんて回答したみたいだけど、これは「”真摯”に受け止める」の間違いなんじゃないのかな?
「彼は神妙な面持ちで話を聞いていた」などの使い方はあるけど、人からの批判に対して「神妙に受け止める」なんていうような使い方は、あんまり聞いたことがないね。

ちなみに、河野氏の場合はあまりに”露骨”すぎたことで多くの批判が殺到しているけど、記者や野党などからの核心に迫るような質問を、妙な「論点逸らし」や「煙に巻く回答」でろくに答えようとしないのは、菅官房長官や安倍総理も同じだろう。
いずれにしても、安倍政権による傲慢さや不誠実さ、非常識さが凝縮されたようなハプニングであり、国民からの批判が殺到するのも当然のことかと思うよ。

おススメ記事&広告

 
Pocket