【重要情報】青葉真司容疑者、過去に京アニに小説を応募か!?犯行後に「小説をパクりやがって」と叫ぶ!

Pocket

どんなにゅーす?

・35人が死亡した「京アニ放火殺人事件」について、犯人の青葉真司容疑者が、以前に京アニに小説を応募していた可能性が浮上している。

・報道によると、青葉容疑者が住んでいたとされる「さいたま市見沼区」の住所と「同姓同名」の名前で、同社に小説が送られていたことが分かったという。

・青葉容疑者は、犯行直後に「小説を盗まれた」といった主旨のことを叫んでいたと報じられており、警察がこれらの関連性を調べている。

京アニ、容疑者と同姓同名の小説応募を確認 「小説パクられた」発言を裏付けか

35人が死亡した京都アニメーションの放火事件で、同社の代理人弁護士は30日、青葉真司容疑者(41)と同姓同名で、住所も一致する小説の応募があった事実を確認した、と明らかにした。

代理人によると、容疑者と同姓同名の人物からの応募作品は、形式面に関する一次審査を通過していなかった。同社代理人は「京アニ作品との類似性はないと確信している」としている。
青葉容疑者は現場付近で京都府警に身柄を確保された際、「パクられた」「小説を盗まれたからガソリンで火を付けた」との趣旨の話をしていた。

~省略~

【Yahoo!ニュース(京都新聞) 2019.7.30.】

京アニ放火殺人 犯行前に“聖地巡礼”か…複数の防カメが捉えた新たな足取り

入念な下見か “聖地”めぐる容疑者の足取り

京都アニメーションで起きた放火殺人事件。
新たに判明した青葉真司容疑者(41)の動きから、犯行前、アニメの“聖地”を複数訪れていた可能性が浮上した。

~省略~

7月16日、防犯カメラの映像から青葉容疑者の姿が確認されたJR宇治駅周辺。
この一帯の地域は京都アニメーションの作品のひとつで、高校吹奏楽部員の青春を描いたアニメ『響け!ユーフォニアム』の舞台となった場所だ。

~省略~

【FNN PRIME 2019.7.29.】

青葉容疑者の犯行動機が判明!?ネットでは、「青葉容疑者の小説を公開すべき」の声!

出典:YouTube

35人の尊い命が失われた、「京都アニメーション放火殺人事件」について、犯人の青葉真司容疑者と同姓同名の人物が同社に小説を応募していたことが分かったとのことです。
住所も青葉容疑者と同じさいたま市見沼区だった上に、警察による家宅捜索でも原稿用紙が押収されていることからも、これは青葉容疑者本人による応募だった可能性が高そうです。

これは、「非常に重要な情報」が表に出てきたね。
これまで、京アニと青葉容疑者との接点はないとの話だったけど、これが青葉容疑者によるものだったなら、まさに、犯行の動機や、犯行後に発していた青葉容疑者の声とも結びつく部分が多そうだ。

ちなみに、この応募された小説は一次審査で落選していたとのことで、京アニ側は「情報を共有できていなかった」と説明している状況だ。
さらに、青葉容疑者は、犯行前に京アニの人気作品「響け!ユーフォニアム」のゆかりの地を訪問する「聖地巡礼」を行なっていたとの情報も出ており、これらの情報を総合すると、青葉容疑者は、元来、京アニが作っているアニメのコアなファンだった可能性もありそうだね。

そうなると、京アニに対する深いリスペクトや好意が、「一度の落選」を通じて、一気に大きな憎悪に変わってしまった可能性もあるかもしれませんね。

どちらにしても、かなり思い込みが激しく、ちょっとのきっかけで極端な行動に向かってしまうような、かなり不安定な精神状態にあった可能性がありそうだね。
ネット上では「京アニの名誉のためにも、青葉容疑者の小説を公開すべき!」との声が多く上がってきている状況だし、事態は新たな展開に入っていく可能性がありそうだ。

取り返しがつかないほどの大惨事になってしまった以上、今回の重要なニュースは国内外でかなり大きな反響を生み出していきそうです。
青葉容疑者の現在の容態も気になりますが、場合によっては、この先、事態はさらに混沌とした方向に向かっていく可能性もあるかもしれません…。

Pocket