【かっこ悪い】安倍総理、結局は平昌五輪開会式に出席へ!米国から強い指示があったとの情報!支持者(産経新聞)はアクロバット擁護!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年1月24日、安倍政権が当初の決定を翻し、平昌五輪開会式に出席する意向を固めたことを自ら記者団に語った。

韓国側の慰安婦合意の追加要求に対しての抗議の意向を示す理由で、安倍総理は当初欠席する方針を固めたものの、その後、アメリカ側から出席するように強い指示があったものと見られている。

来月9日開幕の平昌五輪、安倍首相 開会式に出席へ

安倍総理は来月9日の韓国・平昌(ピョンチャン)オリンピックの開会式に出席する意向を固め、24日朝、記者団に対し、「日本の選手団を激励したい」と述べました。
「2020年東京オリンピックがあります。同じアジアで開催される平昌オリンピックの開幕式に行き、そしてまた選手団を激励したい」(安倍首相)
安倍総理は訪問にあわせた日韓首脳会談に意欲を示したうえで、慰安婦問題の日韓合意について「日本の立場をしっかりと伝えていきたい」と強調しました。

【TBS News 2018.1.24.】


↓すかさず、安倍総理の筆頭子分、産経新聞(夕刊フジ)がアクロバット擁護。

安倍晋三首相の平昌五輪開会式出席、リスクを取ったぎりぎりの決断 「慰安婦の日韓合意を終わったことにさせない」

韓国が、条約にも等しい日韓慰安婦合意をないがしろにする中での安倍晋三首相の平昌五輪開会式出席をめぐっては、首相官邸や外務省の幹部にも慎重意見が根強かった。また、首相の支持者の間でも反対論が圧倒的だったにもかかわらず、首相があえて出席を決断したのはなぜか。

今回の産経新聞のインタビューや、首相の周辺取材を通じてみえてきたのは、リスクを取ることをいとわず、批判を覚悟して為すべきことを為そうとする「政権を担う者の責任」(安倍首相)だった。

~省略~

政府高官はこう明かす。韓国に対し、行き過ぎた対北朝鮮融和政策に走らないようクギを刺したい米国が、パートナーとして安倍首相を指名した形だ。そしてそれは、最大限に対北圧力を高めたい日本政府の思惑とも一致する。

五輪開会式に出席する各国の首脳は、ごく限られている。その中で、日米の首脳がそろって日韓合意の履行と北朝鮮への圧力堅持を要求すれば、韓国に対する強いメッセージとなる。

ただ、事がうまく運ばない場合は訪韓は韓国にこびた姿勢と受け取られ、厳しい批判を浴びかねない。行くにしろ行かないにしろ、ぎりぎりの決断だったのだろう。

(阿比留瑠比)

【産経新聞 2018.1.24.】

 

結局はアメリカからの”お達し”で出席させられることとなった安倍総理!アベ支持者の間では、失望と戸惑い、そしてアクロバット擁護!

最初こそ勇ましく欠席を決断した安倍総理だったけど、最終的にアメリカ様からのお達しで渋々出席させられることになってしまったわね。
まあ、結局はこうなるかと思ってたけど…上のニュースでの、何ともバツの悪そうな安倍総理の表情が中々笑えるわね。

安倍総理自身、広大な”パチンコ御殿”を持っているほどに、祖父の代から朝鮮勢力とズブズブなのに、懸命に「韓国・北朝鮮と戦う国士」みたいに演出しているマスコミや支持者は何とも滑稽だね。
レイプ山口敬之氏とも引けを取らない、安倍総理に徹底的な忠誠を誓っている産経新聞の阿比留瑠比氏の上のアクロバット擁護記事もかなり笑えるし、どうにか安倍支持者の失望が広がらないよう、あの手この手で懸命に世論操作に奮闘している感じだね。

結局は、安倍総理はアメリカ様に逆らえない、ただの奴隷だし、アメリカ(の内部に巣くう軍産資本)に国民の富を横流しし、グローバリストに日本を切り売りするために総理に”選ばれた”、生粋の売国政治家ということだ。

まったく、こんなことになるのなら最初から大人しくしていればいいのに、これを機にアメリカさんから手綱を強く握られてしまったことで、この先ますます強いコントロール下に置かれてしまいそうね。

現在のような、統一教会をはじめとした隷米・嫌韓・嫌中のネオコン配下のカルト宗教系支持者が日本国内で幅を利かせている限り、日本の売国はどんどん進み、かつてなかったまでに日本が衰退・退廃していく流れを変えていくのは難しいだろう。

安倍総理がどんな顔で平昌五輪の開会式に出るのかが見物だけど、いずれにしても、圧力を前面に出しつつ、実は対話を重視しているトランプ政権と、圧力と断行ばかりを主張する支持者との板挟みに遭い、まあなんともみっともない展開になってしまったのは確かだね。

おススメ記事&広告

 
Pocket