安倍総理が平昌五輪開会式の欠席の方針を固める!韓国との慰安婦合意の追加要求に抗議!ネット「また逃げた」「出席して異論を唱えればいい」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年2月9日に韓国・平昌で行なわれる、冬季五輪の開会式に安倍総理が欠席する方針を固めたとのこと。

・昨年11月の日韓首脳電話会談の際に、文在寅大統領がアジアの友好を世界にアピールするために安倍総理に要請したものの、慰安婦合意に関する韓国側の追加の謝罪要求に抗議する理由でこれを欠席する決断したという。

スポンサーリンク

平昌五輪開会式、首相欠席へ=日韓合意、韓国対応受け

安倍晋三首相は2月9日に行われる平昌冬季五輪の開会式への出席を見送る方針を固めた。韓国の文在寅大統領が慰安婦問題で「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した2015年の日韓合意をめぐり追加の措置を求めたことを受け、首相訪韓の環境が整っていないと判断した。
菅義偉官房長官は11日の記者会見で「(対応は)決めていない。国会日程を踏まえて検討する」と従来のコメントを繰り返したが、政府筋は首相による五輪開会式出席について「現状では難しい。お膳立てができていない」と指摘。外務省幹部は「無理だ」と明言した。
首相の訪韓は、韓国初の冬季五輪の場で朝鮮半島の平和をアピールしようと、文氏が昨年11月の日韓首脳電話会談で要請したものだ。12月に来日した康京和外相も首相に直接招請。首相は「国会日程などさまざまな事情を踏まえて検討する」と明確な返答を避け、韓国側の出方を見守っていた。

~省略~

ただ、北朝鮮が核・ミサイル開発を加速させる中、日本政府内では日韓関係を必要以上に悪化させるべきではないとの声も強い。このため、韓国側の出方を見極めつつ、3月9日開幕のパラリンピックに合わせた訪韓を探っている。五輪開会式には、首相に代わる政府高官の派遣も検討する。

【時事通信 2018.1.11.】

出典:Record China
スポンサーリンク

スポンサーリンク

世界の潮流からどんどん孤立し続けていく安倍総理!すでにサンフランシスコの慰安婦騒動などにより、日本の「ヘイト文化」や「傲慢さ」は海外の人々の知るところに

安倍総理が、韓国側による慰安婦合意の追加要求に抗議する意味合いで、平昌五輪の開会式を欠席する方針を固めたとのことです。
ネット上の安倍シンパや一部のテレビ番組では、この判断について「当然のこと!」「良く決断した」などの賛辞の声が寄せられていますが、これはまたまた、世界での日本のイメージが大きく損なわれてしまう一因となってしまいそうです。

すでに、高須院長のナチス礼賛や異様な歴史修正主義、そしてサンフランシスコ市での慰安婦像設置をめぐる騒動でも、地元の議員を激怒させてしまうほどに傲慢でカルト的なヘイトスピーカーが大勢いる日本の実態が世界に知れ渡っているため、今回の安倍総理の開会式ボイコットの動きに対しても、またまた世界の人々にはネガティブな印象を与えてしまい、「日本は異民族や女性への蔑視・差別が蔓延する、不寛容なヘイト国家」との印象を持たれてしまうだろう。

そして、山口敬之氏によるレイプ逮捕揉み消し事件なども、すでに事件の詳細が世界各国の主要メディアで詳しく報じられていますので、こうした情報も日本が「閉鎖的な性奴隷大国」であることをことさらに印象づけてしまうこととなるでしょう。

このような安倍政権のカルト支持者らによる日本に対する”負のイメージ”が世界でどんどん積み重なっている中で、安倍総理のこの決断は”最悪手”といってもいいものだと思うし、もし文大統領に言いたいことがあるのなら、きちんと出席した上で首脳会談を開き、そこで直接話せばいいだろう。

世界の人々が注目するオリンピックの場で、各国首脳が手を取り合ってアジアの友好をアピールした方が、よほど日本にとってもプラスになるだろうし、まったくこの安倍総理は、(茶坊主芸能人との会食には意気揚々と出かけていくくせに)アウェーの環境になるといつもすぐに逃げ出してしまうし、北との高官会談の実現によって韓国のポジションが大きくアップしている中で、さらに日本はどんどん損な役回りに回されてしまいそうだ。

オリンピックを通じて北朝鮮と韓国が雪解けムードになりかけてきた中、この対話の流れにロシア、中国にアメリカも加わると、いよいよ日本は世界の第一線から仲間はずれにされてしまい、ますます世界での影響力の低下と国内経済の疲弊、国民の貧困化が拍車がかかっていってしまいそうです。

文大統領にうまくやられてしまったというよりも、トランプやプーチン、習近平がメインプレイヤーになっているアジアの中で、(完全に足元を見られている)安倍政権だけがどんどん輪の中から外される流れが作られつつある感じなのが、なんとも嫌な感じだね。

まあ、嫌韓・嫌中思想のカルト支持者の支援に支えられた安倍総理の限界が近づいているのかもしれないし、嫌韓・嫌中をネタにアジアの緊張を煽ってきたネオコン勢力が、このロシア・中国台頭の流れで一気に弱体化した時が、安倍政権にとっての本当の終わりの時だろうね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket