【いけ~】全国の弁護士グループが「安倍氏の起訴」を求める要請書を東京地検に提出!「桜疑獄の徹底捜査」を求める声が大きく高まる!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年12月1日、安倍前総理による「桜を見る会前夜祭」をめぐる公選法違反および政治資金規正法違反容疑の捜査が進められている中、安倍氏や秘書を告発した全国の弁護士グループが、安倍氏に対する徹底した捜査や安倍氏の起訴を求める要請書を東京地検に提出した。

・一部では、秘書のみの罰金刑や不起訴で終わるのではとの予測も出ている中、要請書では「前首相に対する忖度から捜査の手を緩め、不処分や略式起訴のような軽い処分を選択するようなことがあれば、検察に対する信頼が地に落ちるであろうことは確実だ」などと主張。国民からも疑惑の真相を徹底的に明らかにすることを求める声が高まってきている。

「桜を見る会」懇親会めぐり 弁護士ら安倍前首相の捜査を要請

~省略~

「桜を見る会」の前日に開かれた、安倍前総理大臣の後援会主催の懇親会をめぐっては、全国の弁護士と法学者、合わせて941人が政治資金収支報告書に収支を記載しなかった、政治資金規正法違反などの疑いがあると主張し、安倍前総理大臣や、後援会の代表を務める公設第1秘書ら、3人に対する告発状を提出しています。

1日は、このグループの弁護士らが東京地方検察庁を訪れ、徹底した捜査や安倍氏ら3人の正式な起訴を求める要請書を提出しました。

要請書では「前首相に対するそんたくから捜査の手を緩め、不処分や略式起訴のような軽い処分を選択するようなことがあれば、検察に対する信頼が地に落ちるであろうことは確実だ」などと主張しています。

記者会見で、グループの事務局長の小野寺義象弁護士は「検察には厳正公平で不偏不党の立場を貫いて、事件の真相究明と刑事責任の追及を行うよう求めたい」と述べました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.12.1.】

告発グループの弁護士らが「安倍氏の徹底捜査と起訴」を求める要請書を東京地検に提出!安倍氏の逮捕や起訴を通じて、日本の「巨大な腐敗」が”浄化”されていく可能性も!

出典:NHK NEWS WEB

これはとってもGJな流れだわ。
しかも、「前首相に対する忖度から捜査の手を緩め、不処分や略式起訴のような軽い処分を選択するようなことがあれば、検察に対する信頼が地に落ちるであろうことは確実だ」って、これはなかなか強烈な文言ね。

にゃはぁ、いっけ~~~っ!!
こうやって、検察にどんどんプレッシャーをかけて、もう後が引けないまでにみんなで盛り上げつつ、ウソやインチキの限りを尽くしてきたアベシをタイホするにゃあ!!

なんせ、これまでの検察の様子を見てみても、安倍氏の「長州テロリスト特権」が大きな効力を発揮してきたのは明らかであり、その他のヒラ議員であれば何度逮捕されているか分からないほどに、数多くの違法疑惑がうやむやにされては、安倍&菅氏の傀儡検察官僚・黒川弘務元東京高検検事長らのパワーによって不起訴にされてきたからね。

まさしく、この日本に「(悪夢の)グローバリズムの夜明け」をもたらした長州テロリスト一族の権力はひときわ”特別”であり、江戸幕府の滅亡とともに大日本帝国が樹立された際に、グローバリストは彼らに権力の中枢を任せつつ、彼らが持つ「日本に対する恨みの感情」を巧みに操ることで「徹底した売国」を命じては、(マスメディアや学校教育などを通じて日本国民を上手に飼い慣らしつつ)民衆のなけなしの富や生命をことごとく吸い上げ続けてきた
さらには、安倍氏の祖父の岸信介元総理は、大日本帝国で強大な権力を発揮したのち、終戦後はCIAエージェントとして日本の売国を徹底し続けてきたという、まさに「特権階級中の特権階級」と言える一族だし、こんな安倍氏がもし逮捕・起訴されたとなれば、これは、この国の”地下深く”において連綿と引き継がれてきた「強大な腐敗」がいくらか浄化されては、日本の政情に何らかの「大きな変化」がもたらされる可能性がある。

それだけに、(意外なまでにここまで捜査や事情聴取が行なわれているのだから)「桜疑獄」の徹底した真相究明を求めるのは当然のことですし、「ぼくちゃんは何をやっても許されるんだい!」なんてさえ思っていたふしがうかがえる安倍さんに徹底したお灸を据える必要があるんじゃないかしら。

そうだね。
とにかく、今回の弁護士たちによる強いメッセージはかなり大きなインパクトがあるし、ボクたち国民もこれを大きく後押ししてくことで、日本の壮大な腐敗構造が少しでも改められていくことを期待したいところだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事