■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【逮捕防止対策?】安倍前総理の”私兵”が次々と警察・諜報部門の幹部に!警察庁長官・警視総監に続き、内調・内閣審議官兼情報分析官に元産経新聞・加藤達也氏が就任!

【逮捕防止対策?】安倍前総理の”私兵”が次々と警察・諜報部門の幹部に!警察庁長官・警視総監に続き、内調・内閣審議官兼情報分析官に元産経新聞・加藤達也氏が就任!
Pocket

どんなにゅーす?

警察庁長官(中村格氏)・警視総監(大石吉彦氏)に続き、内閣情報調査室・内閣審議官兼内閣情報分析官に、安倍前総理が深い信頼を寄せる元産経新聞編集委員の加藤達也氏が就任したことが明らかになった。

・自民総裁選において4候補が争っている様子をマスコミが大きく報じている裏側で、安倍前総理の”私兵”ともいえる人物が次々と警察・諜報部門のトップに据えられる動きが進んでいることに、危機感を唱える声が上がっている。

警察庁長官、警視総監だけじゃない 総裁選の裏で安倍前首相の“懐刀”が続々出世の怪

9月14日、第29代警察庁長官に中村格・警視庁次長、第97代警視総監に大石吉彦・警備局長が就任することが発表された。松本光弘・警察庁長官と斉藤実・警視総監の退職に伴う「昇格」だが、この人事の“背景”が話題となっている。

~省略~

“安倍案件”と言われている人事はこれだけではない。

9月1日、内閣情報調査室内閣審議官兼内閣情報分析官に、元産経新聞社編集委員の加藤達也氏を起用したことが発表された。

加藤氏といえば、同社でソウル支局長を務めていた2014年、セウォル号沈没事件当日の朴槿恵・前大統領の「空白の7時間」に疑問を呈した記事を書き、「大統領への名誉毀損」として韓国検察当局に起訴された。8か月の出国禁止命令を出されていたものの、無罪を勝ち取り、帰国後は同社で編集委員を務めていた。

本誌・週刊ポストは昨年10月に加藤氏の内調入りの情報を掴み、「登用は安倍政権時代に決まっていた話。拘束後も韓国当局との法廷闘争を貫いた加藤氏を、安倍政権の“対韓外交の知恵袋”として登用しようとしていた。朝鮮半島情勢の分析チームで危機管理の仕事を任せたかったようだ」と報じた。

~省略~

【Yahoo!ニュース(NEWSポストセブン) 2021.9.20.】

警察トップに続き、内調にも自らの子分を起用!自民総裁選の裏で、安倍前総理が自らの「逮捕防止対策」に腐心!

↓先日には朝鮮カルト・統一教会系のイベントに登場し、ビデオ映像を通じて演説を行なった安倍前総理。

出典:Twitter(@lematin)

警察組織に続き、内調においても安倍氏の”私兵”が幹部に就任する動きが起こっているようです。
「元産経新聞の編集委員」というだけで、おおまかのバックグラウンドが推し測れますが、4人の自民総裁候補が新総理の椅子をめぐって争っている裏側で、安倍前総理が今も党内で大きな影響力を保持しては、(モリ・カケ・桜・河井事件など)自らの逮捕を防止するための根回しをせっせと行なっているようですね。

安倍氏と言えば、ついに先日に、CIAや安倍氏の祖父(岸信介)が設立に関わった朝鮮カルト・統一教会系団体(天宙平和連合)の巨大イベントで、ビデオ映像を通じて演説を行なったことが大きな話題を呼んだし、産経新聞もまた、統一教会との関係が指摘されてきたメディアだ。

世界日報 (日本)

世界日報(せかいにっぽう)は、日本の世界日報社により発行される1975年創刊の保守系新聞。日刊紙は関東地方の一部、及び沖縄県の一部を配布地域としており、他に日本全国向けの週刊紙、Sunday世界日報がある。発行母体は韓国の新興宗教である家庭連合(旧・統一教会)。

~省略~

なお、日本では1946年-1948年に同名の新聞「世界日報」が存在した。この新聞は、題号を「世界経済新聞」(1948年10月1日 – 1950年2月28日)、「夕刊世界経済新聞」(1950年3月1日 – 12月31日)と改めた後、1951年(昭和26年)に産業経済新聞(現・産経新聞東京本社版)に紙面統合されて終刊した。題字と地紋は現・世界日報が同一のものを使用している。1998年(平成10年)にはメールマガジンである「ワールド・ニューズ・メール」のサービスを開始し、翌年の1999年(平成11年)には当時では珍しい電子新聞である「IT e-News」をリリースした。[2]

~省略~

【Wikipedia】

産経と統一教会の癒着資料

全体の流れを俯瞰してみると、安倍前総理は、統一教会と再びより強く結束することで、国内外における権力の維持や強化を図っているように見えるし、こうなると、ますます安倍氏の操り人形で、かつ同じく統一教会との深い関係が見え隠れしている高市氏の存在が不気味に思えてくる。

はい。
あの2012年の「疑惑の自民総裁選」がどうしても頭をよぎってしまいますし、今回も決選投票にもちこまれては(不正な操作を通じて)高市氏が総裁を制してしまうような展開も大いに有り得ますね。

前も言ったけど、自民総裁選は(党内に選管が設置されているだけで)第三者による監視の目もないし、実質的に不正やり放題の環境があると考えるのが良さそうだし、安倍前総理は、水面下でせっせと自らが逮捕されないための”地ならし”を懸命に進めているのは確かだろう。
安倍氏が今でもジャパンハンドラーからある程度の信頼と後ろ盾を得ているのであれば、この先も安倍氏が”保護”されては、不正選挙で”高市政権”が樹立される可能性が大いにあるだろうし、今後も最上級の警戒心をもって安倍氏の”怪しげな動向”をウォッチしていく必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事