【売国注意報】安倍総理が「無条件での日朝会談開催」に言及!金委員長は「いずれ安倍首相にも会う」と米朝会談で発言!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年5月3日の産経新聞のインタビューで、安倍総理が「条件をつけずに(北朝鮮の)金委員長と会い、率直に、また虚心坦懐に話し合ってみたい」と発言し、これまでの「最大限の圧力」の姿勢を180度変え、「無条件での日朝会談開催」に意欲を見せた。

・そんな中、5日の共同通信では、19年2月の米朝会談において、金委員長が日本との拉致問題に言及し、トランプ大統領に「いずれ安倍首相とも会う」と話していたことを報道。水面下で「日朝会談実現」のための情報操作や地ならしが始まったことをうかがわせる動きが発生している。

日ロの二の舞か…安倍首相「無条件で日朝会談」の皮算用

~省略~

連休前から囁かれていたのが、電撃訪朝で日朝首脳会談、拉致問題解決の期待感を高めて衆参ダブル選になだれ込むシナリオ。ついに安倍首相自身がインタビューで明らかにした。

「拉致問題の解決には、国際社会と緊密に連携しつつ、わが国が主体的に取り組むことが何より重要です」

「まずは現在の日朝間の相互不信の殻を打ち破るためには、私自身が金委員長と直接向き合う以外はない。ですから条件をつけずに金委員長と会い、率直に、また虚心坦懐に話し合ってみたい」

~省略~

つい最近まで、北朝鮮への「最大限の圧力」を国際社会に説いて回り、昨年の米朝首脳会談も実現を阻もうとしたのが安倍政権の対北朝鮮外交だったはずだ。それが突然、「無条件で会う」と言いだした。

「連休明けの9日から12日まで訪米する菅官房長官が、当地で北朝鮮高官と接触するという情報もあります。9日にワシントンでペンス副大統領らと会談した後、ニューヨークに移動して、国連本部で行われるシンポジウムに拉致被害者家族と共に出席する予定ですが、その他の日程が明らかになっていない。北朝鮮側と極秘に会って、食料支援などを呼び水に日朝首脳会談について話し合うのではないかとみられているのです」(大手紙の官邸担当記者)

~省略~

【日刊ゲンダイ 2019.5.4.】

↓この安倍総理の発言に呼応させるように、共同通信が前回の米朝会談の金委員長の発言を大々的に報道。

正恩氏、日本人拉致と対話言及 「いずれ安倍首相と会う」

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が2月末にベトナムで開かれた米朝首脳再会談で、拉致問題に言及していたことが分かった。「日朝間の懸案として日本人拉致問題があるのは分かっている。いずれ安倍晋三首相とも会う」とトランプ米大統領に語っていた。トランプ氏はこのやりとりを首相に伝えている。複数の日本政府関係者が5日、明らかにした。

~省略~

【livedoorNEWS(共同通信) 2019.5.5.】

(選挙勝利のための)日露領土交渉が完全に暗礁に乗り上げた中、今度は北朝鮮との「無条件会談」を口にし始めた安倍総理と、これをサポートする”安倍広報”マスコミ!

出典:YouTube

これまで、北朝鮮に対して「最大限の圧力をかける」と挑発し続けてきた安倍政権ですが、ここに来てその姿勢を180度転換し、「無条件での日朝会談開催」に言及し始めました。
どうやら、選挙の勝利のために前のめりになっていた日露交渉の失敗が確定的になっている中で、今度は「北朝鮮との会談実現」をネタに、国民からの支持率アップと選挙の勝利を画策し始めた可能性がありそうです。

安倍政権といえば、これまでは散々北朝鮮に対して挑発的な姿勢を示してきたことで、日朝関係の緊張状態をわざと高めては、「北の脅威から日本を守るため」といいつつ、米軍産から膨大な額のイージスアショアを購入したり、国民に「頭を抱える訓練」をやらせたりしてきたけど…ぶっちゃけて言えば、「アレは一体何だったんだ!?」という話だね。

北に対して外交をやる気があるのなら、最初の時点から上手に外交を展開していれば、イージスアショアを購入する必要もなかっただろうし、何から何までがヤラセ臭がプンプンだ。
つまり、米軍産を儲けさせるために、日本国民に向けて「北の脅威」をことさらに煽ってきたことが疑われるし、今回の「無条件での日朝会談の言及」も、(安倍政権による選挙対策に加えて)トランプ政権による意向が背後に存在しており、(米朝の利益のために)日本が北に対して膨大な経済支援を負担させられる可能性があるということだ。

しかも、当時の安倍政権にとっては、北朝鮮がミサイルを発射し、マスコミが一斉に北朝鮮関連の報道にシフトすることで、森友・加計疑獄の追及を一時的に逸らすことが出来ましたし、北朝鮮との緊張状態を作り出すことで、米国のみならず安倍政権にとっても大きなメリットがあったわけですね。

結局は、1%のグローバル支配層の都合によって、様々な場面が”演出”されてきたことが見えてきますし、今回の安倍政権の動きも「同様のパターン」であることが強く疑われるいうことですね。

安倍総理が産経新聞において「無条件での日朝会談」に言及した直後に、(今頃になって)共同通信が米朝会談での金正恩の発言を報道したのも、出来レースの臭いがプンプンだし、つまりは、安倍政権が(グローバリストのための)「新たな売国」をやらかす可能性が発生してきたということだ。

日本がグローバル支配層の「完全なる傀儡」であり続ける限り、「1%の利益のため」に売国が繰り返されていくことになりそうですし、安倍政権がグローバル資本勢力の後ろ盾で独裁政権を維持し続ける限り、様々な「国家間の対立・緊張の”演出”」によって、日本国民の貴重な富が、半永久的にこれら1%に徹底的に吸い上げられ続けることになりそうです。

そうだね。
いずれにしろ、今や、巨大な軍産ネットワークが「グローバル資本主義」の頂点に立ちながら各国家の政治家を操っている実情がある限り、現代における戦争や、国家間の危機や衝突は、国民騙しの「ヤラセや演出の要素」がかなりの部分を占めているということを認識しておくのがいいのではと思うよ。

Pocket

 

おススメ記事&広告