【真意は?】イスラエル訪問の安倍総理に「革靴のデザート」が提供される!ネット上で物議!イスラエル首相府「料理人の創造的な料理の一部」

Pocket

どんなにゅーす?

・イスラエルを訪問した安倍総理夫妻が参加した夕食会で、「革靴を模したデザート」が提供され、物議を醸している。

・一部で批判が噴出したことを受けて、デザートを提供した料理人は「両首相、夫人は食事、特にデザートを喜んでいた」と反論イスラエル首相府も「料理人の創造的な料理の一部」と悪意は無いと主張しているものの、靴を舐める行為は、日本のみならず、欧米や中東でも「屈辱的な行為」と認識されているために、様々な意見が飛んでいる。

イスラエル、「靴のデザート」で物議=安倍首相との夕食会で提供

【エルサレム時事】安倍晋三首相のイスラエル訪問時に同国のネタニヤフ首相との夕食会で出されたデザートが物議を醸している。公邸料理人が作ったのは、紳士靴の形をした金属製容器にチョコレートを入れたデザート。イスラエルのメディアや市民からは、屋内で靴を脱ぐ日本の習慣を取り上げるなどして「非常に失礼だ」との批判が出ている。

安倍首相は今月1~2日、イスラエルとパレスチナを訪問。帰国直前の2日夜には、ネタニヤフ首相とサラ夫人が、エルサレムの首相公邸で、安倍首相と昭恵夫人を招いた夕食会を開いた。
イスラエルで有名シェフとして知られる公邸料理人は、写真共有サイト「インスタグラム」に夕食会で出したデザートの写真を投稿。ユーザーからは「イスラエル人として恥ずかしく思う」「謝罪すべきだ」などとの非難の声が寄せられた。
イスラエルのメディアによれば、料理人は「両首相・夫人は食事、特にデザートを喜んでいた」と反論。イスラエル首相府は「食事の内容は事前に承認したわけではない。彼の創造的な料理の一部だ」と説明した。
一方、在イスラエル日本大使館は「ネタニヤフ首相が主催した個人的な夕食会なので、大使館としてのコメントは差し控えるが、総理夫妻は夕食会を楽しまれたと聞いている」と述べた。

【時事通信 2018.2018.5.8.】

シオニストによる「これからも俺らの靴を舐め続けろ」とのメッセージ!?

出典:海外の万国反応記@海外の反応

出典:Facebook(משה שגב / Moshe Segev)

あらあら。イスラエルを訪問した安倍総理夫妻に対して、ご覧のように「革靴のデザート」が出されて、ネット上で騒ぎになっているみたいね。
料理人の方も「総理夫妻も喜んでいた」と主張している上に、イスラエル政府も「料理人の創造的な料理の一部だ」として、特に悪気があるわけではないって言っているけど、普通に考えて、この言葉をそのまま鵜呑みにするのはなかなか難しいわね。

この革靴の容器も相当にリアルで精巧に出来ているし、これを食卓に置いたり、口を近づけただけでも、なんだか臭いが漂ってきそうな感覚に襲われてしまいそうだ。
とてもじゃないけど、個人的にはまるで食欲が湧いてこないね…。

上の全体のテーブルの写真を見たところ、ネタニヤフ夫妻側にも同じデザートが用意されているので、その点では幾分”緩和”されている感じがするけど、トランプが訪問した際に出された(下の)チェスを模したデザートと比べても、今回のものはかなり妙だし、「何らかのメッセージ」があったとしか思えないね。

↓トランプ大統領がイスラエルに訪問した際のデザート。トランプとネタニヤフの横顔のシルエットが描かれており、両者の友好を強調しているように見える。

出典:Tablet

畳を模したような土台に革靴が乗っているのも妙だけど、トランプさんに出されたデザートと見比べても、「お前ら(日本猿)は、これからも俺らの靴をずっと舐め続けろ」というメッセージがあるように思えるわね。
そして、安倍夫妻は、その靴をとっても嬉しそうに舐めた(食べた)ということね。

なんせ、長州安倍一族にとってのシオニストは、明治維新(討幕)当時より、日本国内で絶対的な権力を与えてくれた「神様」みたいな存在だからね。
確かに、イスラエル側のこの対応に、日本の「愛国カルト勢力」は何故か大人しい反応を見せているし、やっぱりこの連中(シオニスト)が、彼らにとっての「本当の主人様」と言うことかな。

同じことを韓国や中国がやれば、ネットを挙げて大発狂するのは間違いないだろうし、改めて、シオニストユダヤ勢力による長年にわたる日本への徹底的な支配構造を垣間見たような出来事だ。

おススメ記事&広告

 
Pocket