■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【暗黒時代へ】岸田政権、「『戦争が出来る国作り』の仕上げ」に向けて国民に「決意」を要求!この先、大手マスコミによる世論誘導(愚民化洗脳)の激化も確実に!

【暗黒時代へ】岸田政権、「『戦争が出来る国作り』の仕上げ」に向けて国民に「決意」を要求!この先、大手マスコミによる世論誘導(愚民化洗脳)の激化も確実に!
Pocket

どんなにゅーす?

岸田政権が、グローバル軍産資本勢力が創り出した「中国脅威論」をネタに「『戦争が出来る国作り』の仕上げ」に着手。「これまでにない最大の戦略的な挑戦」として国民に「決意」を要求した。

・共同通信では、「『戦争が出来る国作り』の仕上げ」に向けて「政府が世論説得に乗り出す」と報じており、テレビなどの大手マスコミでも国民間における「戦争の容認」に向けて、様々な世論誘導やプロパガンダが激化していくことが確実な情勢になっている。

政府、国民に「決意」要求 安保戦略、中国にらむ防衛力強化

政府は、防衛力の抜本的強化を柱とする新たな国家安全保障戦略を実施に移すため、世論説得に乗り出す。安保戦略では、中国の対外姿勢を「これまでにない最大の戦略的な挑戦」と表現し、国防への「決意」を国民に求めた。

~省略~

【共同通信 2023.1.21.】

すでにこの国は「新しい戦前」に!岸田政権が国民に「決意」を要求し「世論説得」を本格化へ!

出典:YouTube

いよいよとんでもない内容の記事が出てきたわねっ!!
(「戦争が出来る国作り」の仕上げに向けて)「政府が国民に決意を要求」って、年末にタモさんが言っていた「来年は新しい戦前になる」の言葉が早くも現実化している状態じゃないのよっ!!

この先、こういった手合いの報道記事が一つ、また一つ…と増えていって、最後は国民もすっかり慣れてしまい全く驚かなくなってしまうのだろうし、こうやってグローバル支配層は国民を巧みに戦争に引きずり込んでいくというわけだ。
上の記事では「政府が世論説得に乗り出す」と表現しているけど、人間というのは、「~をやれ」「~しないとだめ」と強制すればするほど嫌がり反発する生き物なので、つまりは「この先、マスコミによる(民衆が自覚症状がないままに戦争を受け入れていくための)世論誘導や愚民化洗脳がますます激化していく」ということを意味している。
かつての世界大戦においても、市民を戦争に誘い込んでいく上でマスコミや広告代理店が非常に大きな役割を果たしたけど、今の様子をみる限り、こうした手口は今でもかなりの効果を上げる(かなりの数の日本国民が引っ掛かる)ものとみている。

私たちは開設以降一貫して、グローバル支配層による民衆洗脳の手口を詳しく紹介しながら強く警鐘を鳴らし続けてきたけど、残念ながら私たちが指摘してきたことは今もなお「おかしな陰謀論」として真っ先に排除されるような状況ですし、こんな調子ではこの国の未来は真っ暗である上に、いよいよ本格的な戦争に巻き込まれて日本そのものが滅亡してしまう未来がはっきり見えつつあるわ。

近年、GAFAなどが本格的にネット環境を”テコ入れ”したことで、(ボクたちのような)独立系ネットメディアそのものが検索順位から徹底的に排除されるなどして、人々が容易にサイトを見つけることが出来ないような環境に変えられてしまったからね。
大手SNSにおいても(「陰謀論やデマ情報を排除する」などの建前で)近年ますます激しい情報統制が敷かれつつあるし、これら全てが「第三次世界大戦勃発に向けた準備」であり「グレートリセット&ニューノーマル(デジタル奴隷牧場社会)を実現させるための土台作り」と考えるべきだろう。

残念ながら、これらのプロセスはかなりレベルまで進んでしまっており、「戦争が出来る国作り」も”仕上げの段階”に入ってしまった中で、これを阻止できるかどうかは、まさに「どれだけの人々がグローバル支配層による愚民化奴隷洗脳から脱することが出来るか」にかかっているといえる。

私たち日本国民が真に強い危機感を持って、岸田政権によるこれ以上の売国・壊国行為(戦争準備)を止めさせないといけないし、すでにあちこちにおいて「第三次世界大戦フラグ」が立ちまくっている状況であるといえそうだわ!!

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事