【やっぱり】日米首脳会談、トランプ氏が要求する2国間FTA実現への早期協議で合意!大した成果がないどころか、安倍総理が大幅譲歩する形に!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年4月18日・19日に行なわれた日米首脳会談において、安倍総理がトランプ大統領が強く求める2国間FTA実現への早期協議で合意したことが分かった。

・トランプ氏は、来たる米朝首脳会談において拉致問題について話題にすることを明言したものの、どこまで踏み込んだ交渉をするかはやや疑わしく、結果的に安倍総理が大幅譲歩する形で、米国側の要求を一方的に呑まされた首脳会談となった。

日米首脳会談
新貿易協議で合意 「自由で公正な取引」

安倍晋三首相は18日午後(日本時間19日午前)、米国南部フロリダ州のパームビーチでトランプ大統領と2日目の会談を行い、「自由で公正で相互的な貿易取引」に向け、茂木敏充経済再生担当相と米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表による新たな協議を始めることで合意した。一方、トランプ氏は会談後の共同記者会見で、日本が求める環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への早期復帰に慎重な考えを示した。

会談は約1時間50分行われた。安倍首相は共同会見で新たな協議について「日米の貿易や投資を拡大し、自由で開かれたインド太平洋地域の経済発展を実現するため」と説明した。

トランプ氏は会見で「米国は大きな貿易赤字を持っている」と、日本への不満を表明。米国による鉄鋼・アルミニウムの輸入制限について「新しい合意を米国と日本で模索する」とし、貿易協議の合意と引き換えに日本を適用除外とする考えを示唆した。

TPPに関し、安倍首相は会見で「日米にとって最善だ」と米国に復帰を促したが、トランプ氏は「私はTPPに戻りたくはない。2国間の貿易協定の方が望ましい」と反論。日米の溝は埋まらず、新たな協議も難航が予想される。

一方、北朝鮮に対し、首相は会見で「核兵器をはじめ大量破壊兵器、あらゆる弾道ミサイルの完全、検証可能かつ不可逆的な方法での廃棄を求める」と強調。日米首脳が、日本を射程に入れる短・中距離の弾道ミサイルの放棄も求める方針で合意した、と説明した。両首脳は北朝鮮の非核化へ圧力を継続する考えを確認し、5月にも行われる米朝首脳会談の際に「拉致問題の早期解決に最大限努力する」ことでも一致した。

【毎日新聞 2018.4.19.】

トランプ氏に押し切られ、出し抜かれ…首相、乏しい成果

米フロリダ州のトランプ米大統領の別荘地を訪問中の安倍晋三首相は18日(日本時間19日)、日米首脳会談の2日目に臨んだ。日本との貿易不均衡に不満を募らすトランプ氏が、二国間の自由貿易協定(FTA)の早期協議を強く迫り、首相も通商問題を二国間で協議する新たな枠組みを設置することで合意した。

「TPP(環太平洋経済連携協定)には戻りたくない。(日米)二国間の協議が望ましい」

2日目の会談を終え、共同記者会見に臨んだトランプ氏は、そう強調した。安倍首相もトランプ氏の勢いに抗しきれず、ライトハイザー米通商代表と茂木敏充経済再生相による、新たな二国間通商協議の枠組みを設けることで合意した。

【朝日新聞 2018.4.19.】

 

予想通りに、米朝会談で拉致問題を話題にすることと引き換えに、貿易関連で安倍総理が大幅譲歩!

出典:TBS News

すでに「レームダック状態」の安倍総理が(今更の)支持回復を狙って臨んだ日米首脳会談でしたが、予想通りに大した成果がなかったどころか、貿易関連で安倍総理が大幅譲歩する形になってしまい、完全なるトランプ氏のペースで終わってしまったようですね。

やはり、今までのような「蜜月の雰囲気」を演出することはできずに、トランプ氏は貿易面で日本側を表立って批判しつつ、自身の主張をほぼ満額で安倍総理に飲ませたようだね。
まあ、すでに海外でも「除け者状態」の安倍総理なので、あらかじめ予想できたことではあるけど、やっぱり絵に描いたようなダメダメさで終わったし、日本国内の報道も福田次官のセクハラと米山知事の辞任のニュースに埋もれて、まるで注目されていない状態だ。

これに加えて、トランプ政権は日本政府を”完全無視”しつつ、元CIAのポンペオ次期国務長官が水面下で金正恩と会談していたことも判明したし、「一体何のために多額の税金を費やして渡米したのか?」という感じだけど、改めて安倍総理が無能であることが確認された上に、トランプ氏にとってもただの「人間ATM」でしかないことが露呈した日米首脳会談だったといえるだろう。

全く情けない限りです…!
拉致問題も完全に「他力本願」状態で、トランプ大統領に丸投げ同然ですし、このままでは日中韓・日露首脳会談もかなり思いやられる状況ですね…。

おススメ記事&広告

 
Pocket