【ゆるねと通信】新型コロナの国内新規感染・8月21日以来の1000人超に!、流行語大賞に「アベノマスク」「総合的・俯瞰的」がノミネートされる!、バイデン氏・就任初日に「パリ協定再加入」を公約!早速グローバリズムを強力に推進へ!

Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2020年11月6日号)

GoToキャンペーン真っ盛りの中、新型コロナの国内新規感染・8月21日以来の1000人超に!

【国内感染】5日 9人死亡 1048人感染確認(午後10時35分)

5日はこれまでに全国で1048人の感染が発表されています。一日の感染の発表が1000人を超えるのは8月21日以来です。また、大阪府で2人、東京都で2人、埼玉県で1人、岡山県で1人、愛知県で1人、沖縄県で1人、福岡県で1人の合わせて9人の死亡の発表がありました。
国内で感染が確認された人は、空港の検疫などを含め10万5082人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて10万5794人となっています。亡くなった人は国内で感染した人が1808人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて1821人です。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.11.5.】


出典:NHK NEWS WEB

冬の足音が徐々に近づいてきた中、懸念していた通りに、全国の新型コロナ新規感染数がおよそ2か月半ぶりに1000人を超えました
現在、日本政府が推進しているGoToキャンペーンも真っ盛りの中、心配な事態になってきましたね…。

いやあ、本来であれば、「GoToキャンペーンを一時休止するかどうか」を真剣に検討していく重要な側面に差し掛かってきたような感じだけど、すでに、日本国民の関心や警戒心もかなり薄れてきている(一方で、「マスク着用」は半ば深く考えずに習慣化してきている)ようだし、実は、こういう時こそ最も危なかったりするものだ。
一度感染爆発が起こってしまうと指数関数的に感染者が増えていき、こうなるともう、人間の力で感染爆発を止めることはほとんど不可能になってしまうのはすでに経験済みだし、今の段階こそが、この冬の感染爆発を食い止めるかどうかの瀬戸際なのではと思うんだけど…明らかに日本政府の動きが鈍いし、国民自身の心構えも明らかに緩んできているように感じる。

(緊急事態宣言時と比べれば増えたものの)相変わらずPCR検査数が圧倒的に少ない中で、この先1週間ほどの新規感染数の推移を要チェックだし、日本政府そのものが、(完全に経済活動重視にシフトしてきていることで)まともな感染対策を行なう気がゼロの中で、ボクたち個人個人が改めて気を引き締めたうえで、日々の感染予防策をしっかりと行なっていきたいところだ。

私たち自身が出来る限りの感染予防策を自主的に行なわない限り、緊急事態宣言時の数倍以上(欧米に引けを取らないほど)の大規模な感染爆発が発生する危険が生じてきていますし、さらなるウイルスの変異によって、欧米のような重傷者・死亡者が大量発生する可能性も大いにあります。
いずれにしても、本日・明日以降の感染数について気をつけてみていこうと思います。

 

恒例の流行語大賞に「アベノマスク」(安倍前総理の大失態)「総合的・俯瞰的」(菅総理の醜悪な詭弁)がノミネートされる!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事