小池氏の希望の党から距離を置く議員が続々!山本太郎議員「(女王様の)踏み絵は踏めない」辻元議員や逢坂議員、玉城デニー議員らも!

Pocket

どんなにゅーす?

前原氏や小沢氏が希望の党との連携や合流を模索している中で、民進党や自由党内でも小池都知事の希望の党から距離を置く議員が徐々に増え始めてきている

山本太郎議員は、小池氏が「沖縄基地容認・安保合憲・改憲推進」の条件を突きつけている中で、「(女王様の)踏み絵は踏めない」と語っている上に、同じ自由党の玉城デニー議員も希望の党に参加しない動きに。

・民進党内でも枝野幸男議員が希望の党と距離を置く動きを見せている中、逢坂誠二議員や辻元清美議員らも希望の党に参加しない意向を示しているほか、これに続く議員が他にも出てくることが予想される。

スポンサーリンク

山本太郎「小池新党の踏み絵は踏めない」

「自由党が希望の党と合併するようだが?」と田中は尋ねた。

山本は「親方(小沢一郎・自由党代表)から、まだ方針が示されていないからなあ」としながらも「(小池新党の)踏み絵は踏めない」と きっぱり 答えた。「憲法、安保法制、沖縄の踏み絵は踏めない」と繰り返した。

山本は辺野古や高江で体を張って米軍基地建設反対を訴えている。国会では安保法制に反対の立場を貫いてきた。選挙で勝ちやすいからと言って、希望の党に行くわけにいかないのである。

しかし「安倍政権を倒すためには(野党は)大きくならないといけない」と苦悩の表情を浮かべた。

とはいえ「毒をもって毒を制す。だけど毒が国中に回ってしまったらどうしようもない」。

「(もし希望の党に入ったら)とんでも法案に賛成しなければならなくなる。自分に入れてくれた人への責任があるから、それはできない」。山本は続けた。

【田中龍作ジャーナル 2017.9.29.】

民進・辻元清美氏「私は行きません」

30日午後、民進党でリベラル系の辻元幹事長代行が、希望の党には合流しない意向を表明した。
民進党の辻元清美幹事長代行は「わたしは、リベラルの力と重要性を信じています。ですから、わたしは行きません」と述べた。
そのうえで辻元氏は、「保守の立場の小池新党と、わたしのリベラルの立場から、安倍政権を挟み撃ちにして倒せばいい」と語った。

【FNN 2017.9.30.】

北海道、民進逢坂氏無所属出馬へ

民進党の逢坂誠二前衆院議員(58)は29日、次期衆院選に向け「できれば無所属でやりたい。希望の党とはどうしても肌が合わない」と語った。北海道函館市で後援会などとの会合後、記者団に述べた。共産党との共闘も視野に入れている。

【ロイター 2017.9.29.】

自由・玉城氏、希望から出馬せず【17衆院選】

自由党幹事長の玉城デニー前衆院議員(沖縄3区)は29日、沖縄県沖縄市内で記者団に、衆院選で「希望の党」に公認を求めない方針を示した。自由党公認または無所属で立候補する考えだ。自由党の小沢一郎代表にも伝えたと語った。玉城氏は希望の党と進めている合流協議について「結論は出ていない」と説明した。

【時事通信 2017.9.29.】

スポンサーリンク

信念のある反グローバル系議員が次々と希望の党の入党を拒絶する動きが広がり、いよいよ「野党分裂選挙」の色合いが強まる!

小池都知事が「振り落とし」の態度を硬化してきていることを受けて、徐々に希望の党と距離を置く野党議員が増えてきております
上記に挙がっている議員に加えて、枝野さんに近い勢力の議員や元議員、新人なども希望の党の公認を受けない動きが広がり始めている感じもあり、いよいよ野党内で「小池(グローバリスト)vs反小池(反グローバリスト)」の構図が出来上がりつつある状況です。

やはり最終的には山本太郎議員はこうした結論になるかと思ったよ。
個人的には、徐々に政治的な権力を手に入れながら、日本の政界で世渡りしつつ総理を目指していく山本議員の姿も見てみたかったけど、やはり彼はその根底には人間的な優しさと誠実さがあり、政治家としての権力を得ることよりも、支持者に対する仁義と自らの信念を貫く道を選んだようだね。

そして、山本太郎議員と同じように、自らの信念を突き通し、ポピュリズムよりも質実剛健かつ「政治家としての矜持」の道を選ぶ議員が続々出てきたね。
本当であれば、こうした議員こそ全員当選させて、昨今の日本の政治腐敗を根底から変えていって欲しい思いで一杯だけど…何しろ彼らが相手にしているものは、マスコミや国家組織すら自在に手玉に取っている「相当に巨大なもの」だ。

こうしたものをバックに付けている小池勢力に、彼らがどこまで対抗できるのかは現時点で全く不透明だし、形としては、またも(かつて何度も経験した)「野党分裂選挙」の様相が強まってきた感じだ。
こういう構図になってきた以上、とにかく投票率をかつてないまでに上げて行く必要があるし、どうにかして彼らを一人でも多く当選させる方法を考えていかなければならないね。
(ちなみに、小池勢力は消費増税凍結や脱原発を挙げているけど、その”実態”を見る限り、これを実際に実現できるかどうかはやや怪しい感じがしている。)

希望の党と民進党の合流は大政翼賛会だ! 騙されるな、小池百合子が原発ゼロや消費増税ストップをやるはずがない(リテラ)

こうした動きを見る限り、ますます小池さんの正体(野党分断&反グローバリスト議員を政界から排除する命を負った、グローバリストのエージェント)が見えてきた感じがします。
私たちは今回もまた非常に厳しい戦いを強いられる展開になってきましたが、どうにか有権者が一人でもこうした構図に気がつくことで、この度小池勢力から離れていった真面目でポリシーのある議員さんを一人でも多く当選させる動きが生まれてくることを強く祈っています

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket