【同意】ウーマンラッシュアワーの村本大輔が最強の反戦宣言!「僕は国よりも自分のことが好きなので絶対に戦争が起きても行きません」

Pocket

どんなにゅーす?

ウーマンラッシュアワーの村本大輔氏が、日本の政治や社会の現状に異を唱え、反戦の意識を持つ大切さを強く主張し、話題になっている。

・村本氏は、「お国のために自ら尽くし、捧げるべき」というような思想を振りまく、百田尚樹氏らの大日本帝国礼賛勢力を痛烈に批判。朝まで生テレビでは田原総一朗氏に真っ向から反論しており、この彼のぶれない主張に対し、ネット上でも多くの同意の声が湧き起こっている。

スポンサーリンク

ウーマン村本は“最強反戦芸人”だ! 朝生で安倍批判連発、終戦記念日に「国よりも自分が好きなので戦争は行きません」

芸能人による政治的発言がタブー化し、「物言えば唇寒し」の空気が蔓延するこの時代に、驚くべき論客が現れた。ウーマンラッシュアワーの村本大輔が8月11日放送の『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日)に初出演し、タブーを破りまくったからだ。

すでにネットニュースでは、司会の田原総一朗が「国民には国を守る義務があると思う」と発言したことに対し、村本が「絶対に戦争に行くことがない年寄りに言われてもピンともこないわけですよ。絶対行かないじゃないですか」と反論、田原が激昂したことが話題となっているが、じつは、このやりとり以外でも、村本の覚悟と本気が感じられる場面は多々あった。

たとえば、この日の番組テーマは「安倍政治と日本の平和」で、自民党の山本一太参院議員や小林よしのり、国際政治学者の三浦瑠麗といったおなじみの朝生メンバーと肩を並べてパネリストとして登場した村本だが、初っ端から田原に「安倍晋三という男は好き、嫌い?」と尋ねられた村本は「まあ、会ったことないので好きか嫌いかわかんないですけど」と前置きしつつ、秋葉原での『こんな人たち』発言を例に挙げ、「感情的になってああいうことを言うのは大人じゃないんだなと思った」と述べた上で、こうつづけた。

「安倍さんに対していろんなニュースを見て思うのは、みなさんにぜひお聞きしたいんですけど、やっぱりこう、戦争の臭いがプンプンする人な気がする。戦争臭というか。それがずっと感じるのが怖さみたいなのがあって」

~省略~

一方、『朝生』への出演についても、こう述べている。
〈百田尚樹という人と杉田水脈と言う人が朝生に対して自分たちの動画で語っていた。そのほとんどが安っぽい想像と自分主観の人格批判。あれを見た時に、あれでもでれるなら、おれもいけるな、と緊張はなくなった。〉
『朝生』に初出演した百田が無知を晒してとんだ赤っ恥をかいたことは既報の通り【http://lite-ra.com/2017/06/post-3215.html】だが、その後、百田がおこなった“負け犬の遠吠え”のレベルの低さによって、村本がのびのびと発言できたのなら、百田の言動にも意味があったというべきかもしれない。

【リテラ 2017.8.15.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

一部勢力の非難や嫌がらせを恐れず、堂々と反戦の大切さを主張し続けるウーマン村本氏

あの人気芸人のウーマンラッシュアワーの村本さんが、こんなに堂々と「反戦宣言」をしたのねっ!
確かに、村本さんのような考えのような人たちが全世界で大きく増えていったら、世界から戦争がなくなるっていうか、そもそも戦争を引き起こせなくなるわねっ!

確かに、彼のこのツイートに対して、多くの同意の声や応援のコメントが寄せられていたけど、その一方で、やはり、本質を完全に外した、言葉尻をつかんだイチャモンや全く意味のない論点のすり替えの批判コメントも多く見られた

こういう光景を見るたびに、日本国内に浸透している深刻なマインドコントロールの実態を憂えずにはいられないけど…彼が最も訴えたいこととは、「軍事などで莫大な儲けを得ている権力層を妄信せず、国家を操っている巨大資本勢力の意のままに操られ、利用されないような思考力と、自分自身を守るための強さを身につけてほしい」というような願いを込めて、ツイートしたはずだ。

彼のツイートを批判している人間たちを見ると、「戦争とは、権力側の権益獲得や金儲けのために行なわれる」という部分が、何故か丸ごと抜け落ちているように見えるし、「国や郷土を愛する」という部分が、何故か「国内で権力を持つ政治家を妄信し、愛する」というものにすり替わっているようにも見える。

誰かが有能な政治家の条件とは、いかにして戦争を回避し、国民の生命や安全を守ることができるかということだ」と言っていたけど、確かに、そのような誠実な政治家が日本を治め、自らの権益よりも国民のための政治が実現されるような社会がもたらされた時には、自ずとその国に誇りを持つことができるようになるかもしれないけど…残念ながら、そのような社会は歴史上見てもそうそう存在していない

かつて繰り返されてきた歴史を見ても、ボクたち国民は「権力とは厳しく監視をしないと常に腐敗していくもの」との前提に立ち、日常的に厳しく権力をチェックしていかなければならないし、このような意識が完全欠如した上で、「国を愛し、郷土のために戦う」という思想を持つことは、まさに腐敗した権力のために犬死するようなものであり、これ以上ない思考停止の自滅・自殺行為だといえるだろう。

私も、ここで色々なことを勉強してきたけど、本当にそのとおりだと思うわ。
そもそも、ここまで国民を馬鹿にしきって、税金の無駄遣いと自分たちの金儲けした頭にない安倍政権を妄信したり、こんなに腐りきった政権のために自分の命を捧げることなんて、絶対にごめんよっ!

結局、彼の意見を非難しているのは、私たちを思考停止の「捨て駒」にしたい、権力の息のかかった連中の可能性もありそうね。

戦争に参加したくない正常思考の一般国民を狂わせるための「有効な手口」について、ナチス・ドイツのヘルマン・ゲーリングは「国民に向かって『自らの国が攻撃されつつある』と言えばいい」と明かしたけど、まさに、安倍政権は支持率のアップや安保法や憲法改悪、共謀罪などにおいて、この手口をフルに使ってきているといえる。

個人的には、この手口はもはや手垢が付き始めている古いものであり、現代世界では以前ほどに通用しなくなってきているように思えるものの、今の日本では、いまだにこの陳腐な手口を前面に出した上で、権力に従順な思考停止の”ロボット”のような国民を大量生産するための手段として、特にネット上でとてもよく見られるのが現状だ。

安倍政権から利益を受け取った上で、一部の有名な言論人もこの手口を振りまいている中、この動きに一石を投じているウーマン村本氏はとても良心的な人物だし、社会貢献の意識と心の底から戦争を憎む強い信念を持っているように感じる。

同調圧力や組織的な誹謗中傷を恐れずに、ここまで堂々と言論活動を行なっている村本氏は本当に凄いと思うし、今後ともより感覚を研ぎ澄ましていって、どんどん自らの意見を発信していってほしいものだ。

私もウーマン村本さんのことがすっかりファンになったわ!
こういう人こそ今の日本に一番必要だと思うし、安倍政権のネット工作員に負けずに、今後も私たちをより覚醒させてくれるような本質を突いたツイートを期待しているわっ!

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket