天皇陛下、誕生日の会見で生前退位についてほとんど触れず!安倍政権(日本会議)の強い圧力か!?

Pocket

どんなにゅーす?

・生前退位を巡って天皇陛下と安倍政権との激しい対立が浮き彫りになっていた中、恒例の天皇誕生日の会見の中で、天皇陛下が生前退位についてほとんど触れなかったことが話題になっている。

安倍政権の圧力によって天皇陛下が自由な発言を封じ込められた可能性も指摘されており、安倍政権が送り込んだ宮内庁人事が影響しているのでは?との声も。

スポンサーリンク

天皇が明日の誕生日会見で「生前退位」に殆ど触れられず、の情報! 安倍官邸の封じ込めで記者の質問もなく…

こうした“生前退位発言封じ込め”の背後に、今年9月の宮内庁人事の影響があることは想像に難くない。

宮内庁は9月23日、風岡典之長官が同月26日付で退任し、山本信一郎次長が長官に昇格する人事を発表した。宮内庁長官は通常、70歳の節目に交代して次長が昇格するが、ポイントは報道関係などの鍵を握る次長の後任人事だ。官邸は、その事実上のキーマンに、内閣危機管理監の西村泰彦氏(第90代警視総監)を送り込んだのである。警察官僚が宮内庁次長に就任するのは実に22年ぶりで、官邸の危機管理監から直に宮内庁入りするのは異例中の異例だった。

官邸は、7月の「生前退位の意向」というNHKによるスクープは、宮内庁幹部によるリークによるものだとして激怒。風岡長官の退任はその“報復人事”だと目されているが、それ以上に西村元危機管理監の次長抜擢がもつ意味は大きい。

もともと西村氏を官邸に引き込んだのは、“官邸の情報将校”の異名をもつ杉田和博内閣官房副長官(元内閣危機管理監)だと言われるが、西村氏は以前、警視庁の広報課長も務めており、マスコミにも太いパイプをもっている。つまり、官邸は宮内庁内の締め付けを強化するとともに、メディアコントロールに長けた警察官僚を宮内庁のナンバー2に送り込んだというわけだ。むしろこの人事は、今回の“生前退位発言封じ込め”のために行われたのだと言っても過言ではないだろう。

他にも、官邸はこの間、さまざまなチャンネルで天皇側にプレッシャーを与え続けてきた。

~省略~

さらに、11月末には、天皇の学友である明石元紹氏が、7月に天皇から直接電話を受け、「生前退位」について「これは僕のときだけの問題ではなく、将来を含めて可能な制度にしてほしい」と伝えられていたことが明らかになったが、これに対しても、官邸は一斉に批判コメントを発した。

たとえば「週刊新潮」(新潮社)12月22日号によれば、萩生田光一内閣官房副長官は「いきなりあんなことを言ってくるとは思わなかった」となじり、菅義偉官房長官は、「結局、自分が陛下と親しいってことを言いたいだけ」と公然と批判した。

「他にも、官邸は天皇周辺に『これ以上、踏み込んだ発言をしたら憲法違反になる』というメッセージを送っていました。記者たちにもオフレコでそのような解説をする官邸関係者もいましたしね」(官邸関係者)

【リテラ 2016.12.23.】

↓リテラの事前報道どおり、天皇陛下は生前退位について、ほんの少ししか触れられず。

8月には、天皇としてのみずからの歩みを振り返り、この先の在り方、務めについて、ここ数年考えてきたことを内閣とも相談しながら表明しました。多くの人々が耳を傾け、おのおのの立場で親身に考えてくれていることに、深く感謝しています。

【NHK NEWS WEB 2016.12.23.】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自身は徹底的に憲法違反を繰り返した挙句、天皇陛下には「これ以上発言すれば憲法違反になる」と脅し!日本史上例を見ない国賊ゴロツキ政権

あおいちゃんキレ1ssaはあああっ!?
自分たち(安倍政権)は安保法やら、南スーダンの駆けつけ警護やら、徹底的に憲法無視の違法行為を繰り返してきたっていうのに、天皇陛下が生前退位についての希望や自由な発言をしようとしただけで「これ以上発言すれば憲法違反になる(からしゃべるな)」なんて…!!

安倍政権は一体どこまで自己中でやりたい放題なのよぉ!?

これじゃあ、すでに天皇陛下をも完全に私物化した上で、日本を違法に乗っ取った「クーデター政権」っていってもいいレベルだわ!!

管理人いやはやほんとに、全く恐ろしい事態になっているね。

リテラによると、このサイトでも話題にした風岡宮内庁長官の更迭によって代わりに安倍政権が送り込んだ、警察官僚出身の西村泰彦氏などが宮内庁内で影響力を発揮しているみたいで、安倍政権と日本会議は、意地でも(天皇陛下が希望する)恒久的な退位制度を実現させないよう、ありとあらゆる手で天皇家を脅して、これを封じ込めようとしているようだ。

今回の誕生日に際しての会見も、天皇陛下にかなり強い圧力が掛かったことが考えられ、リテラにも書かれているように、天皇陛下の側が安倍政権に次々外堀を埋められて、実質的な「敗北」に向かいそうな気配になってきているみたいだね。

 

このような姿を見ても、すでに日本は実質的な「大日本帝国」と化している

あおいちゃんかなり困りssaつまりは、すでに天皇陛下は、現行憲法で定められている「象徴天皇」としての姿も、(一般の人たちと同じように)人権を行使することも、安倍政権によって実質完全に侵害されてしまっている状態だってことかしら。

私は、そもそもこういう安倍政権のやり口そのものが「憲法違反」だと思うんだけど。

管理人うむ、全くその通りだね。

つまりは、すでに天皇陛下は安倍政権によって、象徴天皇としての姿も人としての自由も奪われてしまっており、この状況に天皇陛下が強く抵抗しているものの、安倍政権に力ずくで弾圧されてしまいそうな状況ってことだ。

言ってみれば、これはすでに当時の「大日本帝国時の姿」そのものであり、安倍政権は、天皇陛下を勝手に「神」に仕立て上げ、完全に自らの支配下に置いて天皇家を私物化しつつ、天皇を利用して国民に「お国のために命を捧げる」というカルト思想を植えつけることで、日本を戦争が出来る国に作り変えようとしている「計画」が着実に実現しつつあるということだろう。

「憲法改正」は、名実ともにそれを憲法に反映させることで、この計画が完全に「結実」することを意味しているものの、実はすでに、実質的に「その世界」に足を突っ込み始めているということが、天皇陛下の生前退位の問題から見えてくるんだよ。

あおいちゃんかなり困りssaつ、つまり、(翁長知事の権限無力化もそうだけど)安倍政権による、キム王朝と同じような(完全無法状態の)徹底的な独裁体制が整いつつあるということね。

このままじゃ、いよいよ恐ろしい世界が日本にもたらされるのは確実だし、何とかして私たちがこれを食い止めなきゃいけないわね。

管理人天皇陛下の生前退位問題は、結構国民にも分かりやすい形で、安倍政権の異常性がくっきりと浮かび上がっている一件だ。
是非ともこういう部分から、日本がいかに危機的な状況なのかを知っていって欲しいし、自分たちが「破滅」に向かわないためにどうすればいいのかを考えていって欲しいと思うよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket