【悲報】松本人志がついに炎上&迷走中の三浦瑠麗氏を見捨てる!「あのツイートは三浦さんへのものではない。知らんがな」

Pocket

どんなにゅーす?

・フジテレビ「ワイドナショー」での北朝鮮の潜伏工作員に関するコメントで炎上中国際政治評論家の三浦瑠麗氏に対し、タイムリーに彼女をフォローするかのようなツイートをしていたメインMCの松本人志が、番組内で「自身のツイートは三浦氏とは無関係である」ことを強調し、「誤解って怖いな」などとコメントした。

・松本氏も必死に距離を置き始めた中、三浦氏は新たに「多くの官僚は自分の担当期間中に工作船が自爆沈没したり、武器が見つかってもなるべく事なかれ主義で処理するようになる。」などと、官僚が北の工作活動を隠蔽しているかのようなツイートを展開さらなる迷走と炎上状態が続いている。

松本人志 ツイートの真意説明 三浦瑠麗氏は無関係「誤解って怖いな」

ダウンタウンの松本人志(54)が18日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。今月11日夜のツイート「たとえばオレの番組にゲストで出たタレントさんが叩かれてたりするとツライです。きっとサービス精神でいろいろ話してくれたのに。ダウンタウンの番組に出て楽しかった!って思って欲しいもんなー」の真意を明かした。

投稿の約12時間前、国際政治学者の三浦瑠麗氏(37)が同番組にゲスト出演し、北朝鮮の「スリーパーセル」(番組は「一般市民を装って潜伏している工作員やテロリスト」と説明)が東京や大阪にいると発言。これがインターネット上で物議を醸したため、松本のつぶやきを三浦氏の発言と関連付けるメディアやユーザーも一部見られた。

この日、松本は「違うんですよ」と三浦氏との関係性を否定。「時を同じくして三浦瑠麗さん大炎上してたんです。でも、知らんがなと。三浦瑠麗さんのことを言っているわけじゃない。三浦瑠麗さんのフォローをしていると勝手に思われて。瑠麗さんのどんだけ奴隷やねんと」と苦笑した。「誤解って怖いなって」ともらし、「何が悪いと言えば、俺の文が悪いんですけど。『ダウンタウンDX』とか『ダウンタウンなう』のことを言っているんです。『ワイドナショー』は自己責任」と困惑した。

「ただ突き放しているつもりはない。ただ、このツイートは三浦瑠麗さんのことじゃない」とフォローした。

【Yahoo!ニュース(スポニチアネックス) 2018.2.18.】

↓最近ますます迷走中の三浦瑠麗氏。

三浦瑠麗の再反論“大震災時に北朝鮮工作員の迫撃砲発見”に阪神大震災を取材した記者たちが「聞いたことない」

今回のさらなる炎上の原因になったのは、ツイッターで池内恵・東京大学先端科学技術研究センター准教授から〈スリーパーセルについて表に出して参照できる文献はないですか〉と問われた三浦氏が、こんな返答をおこなったことだった。

〈過去の警察白書を通しての記述と大震災時の迫撃砲発見などの事後的な未遂案件で皆さんが納得するレベルでは十分な公開情報がとれます。スリーパーセルというのは単に工作員の形態に着目した呼び方の問題です。もちろんメディア各社できちんと取材されている記者はもっと情報をもらっているはずです。〉

北朝鮮テロリストが「スリーパー・セルと言われている」と、あれだけ事情通ぶって語っていたのに、いつのまにか「スリーパー・セルというのは単に工作員の形態に着目した呼び方の問題」と話が変わっていることにも笑ったが、問題は三浦氏が新たに提示した〈十分な公開情報〉のことだった。

〈過去の警察白書〉についてはすでに先日の記事で古い拉致事件のことを書いてあるだけのものと指摘したが、三浦氏は新たに〈大震災時の迫撃砲発見などの事後的な未遂案件〉とやらがあると言い出したのだ。

「事後的な未遂案件」とは意味不明な日本語だが、とにかく阪神大震災時に倒壊した瓦礫から北朝鮮のスリーパー・セルが所有していた追撃砲が発見されたことがあった──三浦氏はそう言いたいらしい。

しかし、そんな事件、本当にあったのだろうか。阪神大震災発生から5年間にわたって新聞記事をデータベース上で検索してみたが、該当しそうなニュースはまったく見当たらなかった。

また、阪神大震災の直後、取材にあたった複数の新聞記者にも聞いてみたが、誰一人、北朝鮮の迫撃砲が発見された事件を知っている者はいなかった。たとえば、阪神大震災当時、地元の神戸新聞の記者だったジャーナリストの西岡研介氏に聞いたところ、こんな明快な否定が返ってきた。

「僕は阪神大震災発生時から半年間、震災現場を取材して、その後、(兵庫)県警担当に戻って警察取材をしていたけど、そんな話は一切聞いたことがない。そもそも、そういう危険なものが出てきたら現場を封鎖するから、マスコミにすぐ知れ渡って、記事になってるやろ。現に、瓦礫撤去のときに旧日本軍の手榴弾や砲弾が出てきた話は報道されてるからね。でも、当時、北朝鮮の工作員の迫撃砲が発見されたなんて話は一切なかった。県警担当時代もないね。見つかったら、兵庫県警の外事が絶対に動くはずだけど、そういう動きはみじんもなかった。僕は神戸新聞を辞めた後、公安マターもかなり取材してるし、公安内部に情報源もいるけど、そんな話は本当に聞いたことがない」

【リテラ 2018.2.19.】

 

腐臭が漂うほどのマスメディアの劣化・腐敗と、「安倍シンパ芸能人&自称学者」らの薄情さ&胡散臭さ!

出典:Twitter(@matsu_bouzu)

あらあら、「自称・国際政治学者」の三浦瑠麗さんの迷走と炎上が止まらないのを見て、松本人志さんがそそくさと逃げ始めたみたいね。
例のツイートはタイミング的に見ても内容を見ても、どう考えても三浦さんのことを指していると思うのが普通だし、そもそも、いざという時にはいつでも逃げられるように、あえて投稿時から個人名を出さずに「日和見的な対処」をしていたと見るのが良さそうね。

相変わらず、色々なエクスキューズをつけながら、奥歯に物が挟まったような物言いで必死に「逃げ口上」を展開している松本人志氏の人間性が垣間見える展開になっているけど、その一方で三浦瑠麗氏の壊れっぷりも加速してきているね。

そもそも、実際のところ、いるかいないかもよく分からない上に、資金力も技術力も完全に世界から劣っており、ほとんど脅威のないレベル北朝鮮工作員の恐怖をことさらに盛り上げつつ、日本の占領時に無制限に入り込んできた欧米軍産資本勢力のスパイを全く野放しにしながら一切触れようともしないことから、ネット上では三浦氏に対して「CIAスパイでは?」「軍産工作員だろ」との疑いの声が日に日に強まってきているけど…だとしてもあまりにも能力が低すぎて、すでに工作員としてはクビになってしまうレベルだね。

ネット上では、すでに(籠池さんとも大の仲良しだった)「青山繁晴さんの後継者」と揶揄する声まで出ている始末で、もうすでに彼女の政治学者としての地位やステータスは完全に崩れ去っているも同然ね。
少なからず、ワイドナショーやニュース女子やそこまで言って委員会レベルの番組なら今後も呼ばれるかもしれないけど、報道ステーションなんかの普通の報道番組にはもう二度と呼ばれなさそうね。

とにかく、安倍政権を賛辞しつつ政権に必死にすり寄っている連中というのは、ほぼ例外なく「自らの保身や権力、金儲けしか頭にない」ということ、少しでも自身に騒動が飛び火しそうになったら、さっさと尻尾切りして仲間をあっさり見捨てる連中であるということが、(籠池氏の一件に続き)この件でもはっきりしたということだろう。

おススメ記事&広告

 
Pocket