福岡市早良区の西新商店街で解体中のビルが倒壊し一時騒然!ケガ人はいないものの危機一髪だった人も…!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年1月25日の午後1時50分ごろ、福岡県福岡市早良区の西新商店街の一つである「中西商店街」で、解体作業中だった築50年ほどの2階建てのビルが倒壊した。

・現場には、道路上に倒壊した建物のがれきなどが散乱、道路が完全にふさがれた状態に。

・消防などが駆けつけたところ、けが人はいなかったものの、目撃者の話によると危機一髪のタイミングで逃げた人が何人かいたという。

スポンサーリンク

商店街でビル倒壊、道路ふさぐ 今月から解体工事 福岡

早良署によると、作業員5人が重機を使い、壁を敷地内へ倒す作業をしていたが、何らかの原因で反対の道路側へ崩れたという。道幅8メートルの商店街の道路にコンクリート片や骨組みが散乱し、周辺店舗のシャッターが曲がるなどした。

現場のビルは以前、衣料品店などが入居。今月から28日までの予定で解体作業が進められていた。

1

【朝日新聞 2017.1.25.】

西新商店街でビル倒壊「危機一髪の人もいた」 福岡市内

事故現場は、福岡市早良区にある西新商店街の一つ「中西商店街」。西新商店街は福岡市の西部にあり、約1.5キロほどの通りに280軒もの商店などが建ち並び、賑わいを見せている。午後1時50分ごろ、消防署などに「解体中の建物が倒壊した」と近隣住民から通報があった。警察や消防が確認したところ、商店街の中の解体中の建物が倒壊しているのが見つかり、崩れた鉄骨やコンクリートがすぐ前にある幅7〜8メートルほどの道路を塞いでいたという。

~省略~

吉武さんはハフィントンポストの取材に「午後2時ごろ、大きな地震のような音がしてびっくりしました。急いで現場に向かうと、砂ぼこりがすごくて前がよく見えなかった。通行人が巻き込まれた様子はなかったですが、危機一髪だった人が何人がいました」と話していた。

【ハフィントンポスト 2017.1.25.】

スポンサーリンク

 

みはるちゃん驚きssうわわ~!
事故現場の写真を見ても、結構、道路上が鉄骨やがれきが散乱している状態ですぅ!
時間もちょうどお昼過ぎで、商店街にも買い物するお客さんが結構いたように思えますし、けが人が出なかったのはかなり奇跡のように思えますねぇ

管理人倒壊したビルは、築50年ほどのかなり古いものだったみたいで、かつてブティックとマージャン店が入っていたものの、すでにいずれも立ち退いており、10階建てのビルに建て替えるために解体作業をしていた最中だったとのことだ。

危うく巻き込まれそうになった人もいたみたいだけど、いずれもギリギリ免れることが出来て本当に良かったね。
一歩間違えれば大惨事になっていた恐れもあるし、解体作業に何らかの問題やミスがあった可能性もあるかと思うので、今後、この作業を請け負っていた解体業者に対して調査をしていく必要がありそうだ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA