【重大】自衛隊の南スーダン日報、陸自が保存していた電子データを「消去するよう」指示が出ていたことを防衛省幹部が証言!

Pocket

どんなにゅーす?

・南スーダンにPKO派遣されている自衛隊の日報が「すでに破棄した」とされていたものの、実際には存在していた問題について、実際には陸上自衛隊がデータを一貫して保管していたものの、「日報の内容が安倍政権の説明と矛盾する」との理由で、これらのデータを消去するように指示が出ていたことを防衛省幹部が証言。

・陸自のトップである岡部俊哉陸上幕僚長は、「日報の電子データが残っていたという話は聞いていない。司令部を探した結果、出てこなかったという部下の報告を信じるしかない」と話しており、防衛省も「日報はすでに開示されており、適法に行なわれたものと考えている」として、詳しい言及を避けている模様。

スポンサーリンク

「日報」 陸自が電子データを一貫して保管 “消去”指示か

南スーダンでPKO活動にあたる自衛隊の派遣部隊が日々の状況を記した「日報」について、防衛省は、現地で大規模な武力衝突が起きた去年7月の記録を情報公開請求されたのに対し、部隊の指揮にあたる陸上自衛隊の司令部がすでに破棄していたとして、去年12月、「日報は存在しない」と回答しました。

その後、再調査が行われ、防衛省は、陸海空の各自衛隊でつくる統合幕僚監部に保管されていたことがわかったと先月7日に発表しましたが、その一方で、陸上自衛隊には存在しないと説明しています。

ところが、実際には、陸上自衛隊が日報の電子データを一貫して保管していたことが複数の防衛省幹部への取材でわかりました。それによりますと、陸上自衛隊に電子データがあることがわかったのはことし1月中旬で、部隊を指揮する司令部の複数のコンピューターに保管されていました。このことは、陸上自衛隊の上層部に報告され、いったんは公表に向けた準備が進められたということです。この時の方針は、陸上自衛隊で日報のデータが見つかったことを認めた上で、隠す意図はなく今後公表するという内容だったということです。

しかし、その後、これまでの説明と矛盾するため外部には公表しないという判断になり、さらに、先月になってデータを消去するよう、指示が出されたと幹部は証言しています。

防衛省幹部の1人はNHKの取材に対し、「日報の電子データは陸上自衛隊の司令部もダウンロードし、保存していました。しかし、『いまさら出せない』となり、公表しないことになった経緯があります。いま現在、司令部のデータは消去されたと聞いています」と証言しています。

【NHK NEWS WEB 2017.3.15.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NHKがまさかの重要スクープ!いよいよ南スーダンでの自衛隊日報が安倍政権からの圧力で隠蔽されようとしていた疑いが大に!

なんと、あのNHKから重大なスクープが出てきました。

この内部告発が本当であれば、日報の再調査が行なわれた際に安倍政権が相当焦り、「今更こんなものは出せない」との理由でデータを消去するようにと防衛省に指示が出ていたということになります。

そして、ジャーナリストの男性からの開示請求が行なわれた時点で、電子データが存在していることが分かっていたにもかかわらず、「すでに破棄した」という風に”偽装”していた疑いも出て来て当然なのではないだろうか。

そして、「破棄したというのは考えられない」との理由で、河野太郎氏らの指示によって再調査を行なう段階になり、いよいよ焦った政権側が(この度告発した)防衛省幹部に「消去するように」と指示を出したと見るのが自然なような気がするよ。

これだけでも政権が転覆するほどのとんでもないレベルの隠蔽事件だし、さらには、この指示を出したのが一体誰なのか?というのも気になるところだね。

そして、NHKがこんなスクープを出してきたというのは、ついにはNHKも安倍政権を見限り始めてきたということなのかな?

こんな政権内部のインチキや工作の情報が流出してくるというのも、すでに安倍政権の統率が崩れつつある証拠かと思うし、ついに防衛省(自衛隊)内部で溜まりつつあった稲田氏へのストレスが爆発しはじめてきたのかもしれない。
なんせ、以前から稲田氏に対する不満や不信感は防衛省内でも結構多かったみたいだし、いよいよこの一連の森友事件における稲田氏の対応のあまりの酷さに愛想をつかして、省内での「稲田下ろし」が始まったのかもね。

この件に対する稲田氏の説明も是非とも聞きたいところだし、少なくとも稲田大臣はすでに「死に体同然」であり、もはや辞任しか道が残されていないように感じるね。

私も同感です。
安倍政権は、共謀罪についても、いまだに今国会での可決を目指して強行採決も辞さないような感じですが、絶対にこれらの安倍政権の暴走と国家の私物化を食い止めていかなければならないと思います。

そうだね。
果たして安倍政権は、これでも稲田大臣を意地でも辞任させないのか、それとも尻尾きりでついに見捨てるのか、今後の動向が見逃せないところだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket