民進党の新代表が前原氏に決まる!国会議員票だけでなく地方議員・党員・サポーター票でも前原氏が枝野氏を上回る!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年9月1日、民進党の代表選が行なわれ、前原氏が枝野氏を破り、民主党時代を含めて2度目の代表に就任した。

前原氏は全体で502ポイント枝野氏は332ポイントを獲得。国会議員票では前原氏250ポイント枝野氏は144ポイントに。地方議員・党員・サポーター票では前原氏252ポイント枝野氏は188ポイントで、どちらも前原氏が過半数を獲得した。

スポンサーリンク

民進党代表選 新代表に前原元外相

代表選挙では地方議員と党員・サポーターのいわゆる「地方票」440ポイントのうち、前原氏が252ポイント、枝野氏が188ポイントで、前原氏が過半数を獲得しました。

このあと、国会議員と国政選挙の公認候補予定者による投票が行われ、有効投票の394ポイントのうち、前原氏が250ポイント、枝野氏が144ポイントでした。

この結果、全体では前原氏が502ポイント、枝野氏が332ポイントとなり、前原氏が新しい代表に選出されました。

【NHK NEWS WEB 2017.9.1.】

スポンサーリンク

 

民進党の代表選挙ですが、当初の予想通り、前原さんが国会議員票・地方票のいずれでも過半数を上回り新代表に決まりました

上のツイッターの大事なところでド派手に噛んでいる様子を見ても、この先がかなり不安だねえ。
松尾貴史さんがツイッターで行なったアンケートでは、枝野氏を支持する声が90%以上との結果が出たけど、これが日本の政治の現実だね。

つまり、野党第一党ですら、国民からの意識から遠くかけ離れた、消費増税、憲法改悪などの社会強者寄りの政策を推し進める政治家が強い権力を持ち、これによりますます国民が野党に対して失望し、関心をどんどん失っていってしまう…という悪循環が進んでしまっているということだ。

その一方で、前原氏は小沢氏との関係を構築しようとしているなどの情報もあり、比較的楽観的な声もあるにはある。
決まってしまったものはしょうがないのもあり、まずはもう少し様子を見ていくのがいいかもしれないね。

前から言ってきたように、ボクは前原氏のことはあんまり信用してないけど、彼が今後民進党をどうしようとしているのか、その動向をしばしウォッチしてみようと思うよ

前原さんは小池新党との連携を想定しているように見えますが、日本ファーストの若狭さんは「民進とは協力しない」と明言していますし、今後この政党がどこに向かっていくのか、よく見ていく必要がありそうですね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket