■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】人気プロゲーマーが不謹慎発言で大炎上!、ワリエワ号泣…北京五輪フィギュアは後味悪すぎる結末!、麻生派幹部らが複数脱退へ!

【ゆるねと通信】人気プロゲーマーが不謹慎発言で大炎上!、ワリエワ号泣…北京五輪フィギュアは後味悪すぎる結末!、麻生派幹部らが複数脱退へ!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2022年2月18日号)

人気プロゲーマー「たぬかな」が「170cmない男は人権ない」発言で大炎上!速攻でスポンサー続々撤退&クビに!

「170cmない男は人権ない」 人気女性プロゲーマー、暴言に批判続出で謝罪「ごめんなさい~」

~省略~

たぬかなさんは、日本人で2人目となる女性プロゲーマー。対戦格闘アクションゲーム「鉄拳」シリーズをメインにプレイし、国内外で高い人気を誇っている。

問題の発言があったのは、たぬかなさんが15日にライブ配信プラットフォーム「mildom」で配信した時のこと。「おかしつくるよ」と題して、手作りのクッキーを作りながらファンからの質問に回答していた。

たぬかなさんはかつて自宅でUber Eatsを利用した際、大学生くらいの年齢の男性配達員から連絡先を聞かれたというエピソードを明かした。

「Uberマジだるいなって思ったんが、今もう置き配やけんあんま無いんやけど、若い男の子とかが配達してくれた時に(受け取りに)出て、で受け取ったらさ、なんかなかなか帰らんと家の前でずっとモゴモゴしよって。で、もう1回ピンポン鳴って、出たら『すいません、連絡先教えてもらえませんか』とかって。恐怖でしかない」
「家知られてるんバリだるいよな。冷たい振り方とかして火とかつけられても困るし」

たぬかなさんは、相手に興味を持てなかった理由として身長の低さを挙げた。

「背が低くて、多分165(センチメートル、以下同)くらいしかなかった。165もないんちゃうかな?くらいの。その時点でもう『無いな』ってなってしまった。背が高くてムキムキやったら連絡先は教えてた可能性はある」

その後、視聴者からの「165でチビ扱いか・・・」「背…」などのコメントに対し、持論を展開した。

「165はちっちゃいね。ダメですね。170ないと、正直人権ないんで。170センチない方は『俺って人権ないんだ』って思いながら、生きていってください。骨延長の手術を検討してください。『骨延長手術』で調べてください。170あったら人権がちゃんと生まれてくるんで」

「ちっちゃい男に人権あるわけないだろお前、調子のんな」

視聴者からの「お?いったなこいつ」といったコメントには、

「言うよ? ほんまちっちゃい男に人権あるわけないだろお前、調子のんな。こっちはね、チビにはきちぃんだよ。でも、言わせて。あたし、デブとハゲには優しいから」

とバッサリ切り捨てた。

~省略~

たぬかなさんは相次ぐ批判の声に対し、15日深夜にツイッターで謝罪した。

「配信の内容をヘイトスピーチだと指摘されました。そういう意図ではありませんでしたが、不快に思われた方が多いようなので撤回します、すみませんでした。高身長が好きって言いたいだけでした…いつもの配信の身内ノリで言葉が悪くなっちゃいました、ごめんなさい~…」

謝罪に対しても「適当に謝っとけ感すごい」「成人の謝罪の仕方やないで。不愉快や」などとなお怒りの声があがっている。

【J-CASTニュース 2022.2.16.】

たぬかな、所属チームが選手契約解除を決定。「170cm以下の男は人権なし」発言で“戦力外通告”、過去には女性の容姿侮辱を訴えていた

~省略~

低身長男性を侮辱する発言で大炎上してしまったたぬかなだが、実は過去に女性ゲーマーの容姿への侮辱を“被害者”として訴えていたことがわかった。

昨年6月24日にweb Sportivで配信された記事の中で、「当時一番辛かったのは、やっぱり容姿に対する誹謗中傷」と語り、まだ無名の中学時代から、女性蔑視、誹謗中傷と常に戦ってきたという。

女性であるたぬかなはこれまでにたくさん容姿に関する書き込みや批判の声を受けてきた。にもかかわらず、今回は男性に対して同じような発言をしてしまったことになる。

~省略~

【MAG2NEWS 2022.2.17.】


出典:ABEMA

ネット上で「たぬかな氏」の一件が大炎上していますが、確かに、これは社会的影響力を持っている人としては、いくらなんでも、あってはいけないレベルの危険で歪んだ発言・思想でしょう。

これまでに体験・経験してきた様々な問題が影響しているのかもしれないけど、自分自身の好みに合わない人に対して、相当に憎悪に満ちた差別的な発言や攻撃的な態度が目立っているね。
そもそも、ボク自身、eスポーツやプロゲーマーらに対して、はっきり言って良い印象をほとんど持っていないのが実際のところだけど、それというのも、ゲーマー界隈のモラルやマナーが非常に悪く、今回のように差別的・攻撃的な発言や品位に著しく欠けた態度をとっている人間が目立っているように感じていたからだ。
実際のところ、彼女もこれまでも、周りの人へのマナーや配慮のかけらもない非常に下品で身勝手な発言を繰り返してきたみたいだし、少なくとも「スポーツ」と名乗っているのであれば、もう少し社会的なマナーや立ち回りを身につけないと、今回の騒動をきっかけにeスポーツ全体のイメージもより悪化し、社会的地位を得ることもますます難しくなっていくのではないかな。

部屋に籠ってひたすらゲームばかりを繰り返していること自体、心身の健康に良くありませんし、eスポーツ自体、グローバリストによる「デジタルロボット奴隷監視システム」とも非常に親和性が高いものですからね。
彼女の言行をみても、精神的に壊れかけてしまっているのを感じますし、これ以上のIT技術の深化による「トランスヒューマニズム(ムーンショット目標)」のディストピアの流れから逃れつつ、グローバリズムの大波から一定程度の距離を置きながら、「本来の人間らしい暮らしや生き方」を追求していくことが、私たちにとって最も平和で健やかな生き方なのではないでしょうか。

 

強行出場の末ミスを連発させたワリエワは号泣…!(坂本選手が銅を獲得したものの)北京五輪フィギュアは後味悪すぎる「最低の結末」に!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事