【前代未聞】共謀罪法案が可決・成立!野党の夜を徹した攻防も成す術なし!安倍政権は「禁じ手」を用いつつ、加計疑獄も強引に隠蔽へ!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年6月15日朝、手を徹した野党の抵抗も空しく、共謀罪法案が自民・公明・維新の賛成多数で可決・成立した。

・安倍政権は、加計疑獄を強引に隠蔽するために、国会の延長なしの閉会を企み「中間報告」を用いて委員会採決を割愛して本会議での採決を強行。このやり方に野党は廊下を塞いだり牛歩戦術などで抵抗したものの、数の力の前では成す術なく、圧倒的な賛成多数により、小泉政権以来幾度となく持ち上がった共謀罪がついに成立した。

スポンサーリンク

徹夜の攻防の末…改正組織犯罪処罰法が成立

今国会最大の焦点の1つ、共謀罪の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法が徹夜の与野党攻防の末、15日午前7時半すぎ、与党と日本維新の会などの賛成多数で可決・成立した。

自民党は、委員会での採決を省略する「中間報告」という異例の形で参議院本会議での採決に踏み切り、民進党など野党側は安倍内閣不信任決議案を提出するなど徹夜で抵抗を続けた。

成立した改正組織犯罪処罰法は、犯罪の“計画の段階でも”処罰の対象とする「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新たに設けるもの。これにより組織的な犯罪集団が重大な犯罪を実行するため、物品の手配や下見などの準備をした場合に実行前でも処罰することが可能になる。

【日テレNEWS24 2017.6.15.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

山本太郎議員、森ゆうこ議員、福島みずほ議員らが7人が牛歩戦術で最大級の抵抗をするも、ついに、”稀代の悪法”共謀罪がついに安倍政権下で成立!

ついに、かつての小泉総理ですらも成立させるのを嫌がった”稀代の悪法”共謀罪が、安倍政権の下で可決成立しました。
牛歩戦術で最後まで精一杯抵抗したのは、糸数慶子、木戸口英司、山本太郎、青木愛、福島みずほ、森ゆうこ、又市征治の7議員とのことで、彼らによる必死の抗戦も「数の力」の前には成す術なく、ついに国際社会までもが強い懸念を示していた共謀罪が正式に成立する運びとなりました。

共謀罪を巡る国会の運営方法は終始メチャクチャだったけど、ついにこれが、何から何までが前代未聞のプロセスで成立してしまったね。
デマの常連である産経新聞は、安倍政権の国会運営のメチャクチャさを完全に棚に上げた上で、山本議員らの国民からの意思に応えるべく実行した牛歩戦術を「醜態」と中傷する始末だ。)

そもそも、自民党議員も金田大臣を筆頭に、法案についてまとも答弁すら出来ず、官僚が代わりに答弁に応じる前代未聞の「金田隠し」が展開
当初は「一般人は対象にならない」と主張しつつも、途中から一般人も対象になることを言及し始めるなど、その定義すらもブレブレになりつつ、明らかにその本質を自民党が隠している様子が見られたので、この時点で国会審議を全面的にストップするべきだったと思うし、やはりいつもながら、野党第一党の民進党の弱腰具合が目立ってしまったね。

そして、これもいつものことですが、大手メディアもしっかりと共謀罪の本質について報道しているようには見えませんでしたし、安倍政権に対して一定の「忖度の空気」が常に蔓延しているせいで、国民の関心や理解もまったく深まりませんでした

ただでさえ、日常的に行なわれている「3S政策」によって政治に対する関心を奪われてしまった国民にとっては、ほとんど他人事だったのが実情だっただろうし、ニュースや新聞などをあまり観ない人にとっては「何が起こっているのか」すらまったく知らない人もそれなりにいたことが予想される。

これもマスメディアが無気力的な報道に走ってしまっていることの悪影響があることが考えられ、こうしたパターンの繰り返しで、安倍政権がより強固な権力を手に入れたことが考えられる。

共謀罪が成立してしまったことも深刻だけど、まずは、こうした国民の政治に対する無関心や、自身の生活が一向に豊かにならない状況に対して、半ば「諦めのムード」が漂ってしまっている現状を何とかしない限り、どんどん悪循環が進み、最後は完全に取り返しのつかないような社会になり変わってしまう恐れがある。

すでに、その兆候は明らかに出てきているし、共謀罪も警察権力の力をいたずらに強化させる動きに繋がるものであることからも、かつての大日本帝国下の社会とも非常に似通ってきている

日頃からのメディア洗脳によって、本来誰しもが持っているはずの危機管理能力や感性が完全に鈍化してしまっている国民ほど、こうした兆候に気づきにくく、こうしたパターンが繰り返されてきたことで、かつての悲劇も繰り返されてきたので、今後よりボクたち情報発信者が、こうした現状をより丁寧に知らせていく必要があるものと考えているよ。

共謀罪によって、政府に批判的な人たちが根こそぎ逮捕される危険性を恐れる人が続出していますが、これは、言論の自由を保障している日本国憲法に完全に違反している行為です。
私たちは今後も、どんな強いものに対しても、堂々とおかしいと思ったことに対して批判や反対の声を上げ続け少しでも税金を納めている国民が十分な恩恵を受けられるような、幸福度の高い社会の実現に受けて、厳しいチェックを続けていく必要があります

まったくその通りだ。
「大量監視社会」のスタートを危惧している人も大勢いるけど、残念ながら、これはすでにボクたちがあまり知らないうちに秘密裏に始まってしまっている

まだボクたちには、日本国憲法という大きな後ろ盾が残されているので、基本的には今までと変わらずに生活を続けて問題ないだろう。
ただし、現状を放置し、安倍政権を跋扈させ続ける限り、言論の自由などを制限する目的での憲法改正(改悪)などのプロセスを通じて、よりこの共謀罪が威力を増し、いよいよかつての治安維持法と同様に危険な濫用が行なわれていく可能性がある

なので、今まで以上に安倍政権に終止符を打たせる必要があるし、さらには、海の向こうのグローバリストや軍産複合体と距離を置く良心的で保守的な野党を作り、政権交代を目指していく必要がある。
道は非常に厳しいけど、諦めてしまったら本当におしまいなので、今後も根気強く情報発信を続けていこう。

はい!私も微力ながら、管理人さんと一緒に頑張ってまいります!

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket