【やっぱり】自民党側が小池百合子氏との関係修復を模索へ!両者の対立劇は「やらせ」だった!?

Pocket

都知事選が終わった途端に「この報道」

1

出典:YouTube
スポンサーリンク

小池氏、五輪費用検証に意欲 政権与党は関係改善模索

新しい首都の顔に小池百合子氏(64)が選ばれた。政党の推薦を受けない選挙の中で掲げたのは「東京大改革」。2020年東京五輪・パラリンピックの費用問題や、都議会の透明化に向き合う構えだ。選挙で相対した政権与党は、小池氏との距離をどう取るか模索する。

~省略~

ただ、早くから小池氏の優勢が伝えられる中、官邸には小池氏との全面対決を避ける配慮もみえた。選挙中、安倍晋三首相は増田寛也氏(64)の応援のビデオメッセージを作ったが、7月29日、自民党東京都連の石原伸晃会長から都知事選最終日の30日に増田氏の応援演説に来るよう頼まれても、応じなかった。

首相周辺は語る。「首相は一度も小池氏の批判をしていない。このメッセージは十分伝わっているだろう。選挙が終わったら、五輪を失敗させないため一丸となって頑張ろうと。それが政治ってものだ」

【朝日新聞2016.8.1.】

管理人このサイトでは、前から何度も小池氏と自民党がケンカをしているフリ「プロレス」をしているのではないかと疑いを持って伝えてきたけど、早くもそれを示唆するかのような報道が出てきた
上の朝日新聞の記事によると、早速、自民党は小池百合子氏との”関係修復”を模索し始めたとのこと。

ここまですぐに仲直りの報道が出てくるとは思わなかったけど、これでいよいよ小池氏の支持を集めるがために、わざと激しく小池氏を突き放す「ポーズ」をしていた疑いが出てきた感じだね。

せなちゃん素ssaaウフフ、管理人さん、お見事な見立てだったわね。
これは、ほとんど完全な「ヤラセ」といって良いかと思うわよ。

しかも、選挙中ではなく、選挙後にこういう話を出してくるのが、なかなか汚いわね。

管理人特に、安倍総理がこっそりビデオメッセージを出しただけで、増田氏からの本格的な応援要請を拒否したという話は、”決定的”だね。(この件については、こちらの記事で触れている。)

まさに、安倍氏は「小池氏の当選を望んでいた」といってもいいほどで、この話を選挙中に出さない時点で、大手マスコミは完全に自民党の情報戦の一員として”加担”していたということになるだろう。
ここまでくれば選挙違反といってもいいレベルで、ここまでマスメディアが本格的に腐敗している状況なら、ますます鳥越氏の当選は難しい状況だったと言わざるを得ないだろう。

スポンサーリンク

都民は、まんまと「自民&小池劇場」にはめられた?

せなちゃん素ssaa管理人さんは完全に見抜いていたけど、結果的には完全に都民の皆さんは、この”騙し”とマスコミも加担した”世論誘導”にまんまとはめられてしまったということになるわね。

管理人・・・だな。
アメリカの選挙も本当にひどい騙しやマスコミを使った洗脳工作に溢れているけど、なんだか日本も似た感じになってきたね。
こんな手口もCIAなんかが自民党に授けてきたのかな?

人を騙す行為は、人道的にも絶対に許されないものだと思うけど、こんなペテンが当たり前のように公の政治やマスメディアで横行しまくっているのを見ると、世も末だと思えてくるなあ。

せなちゃん口開きssa全くね。
それだけに、私たちはますます自分をしっかりと持って、このような”汚れた世界”に感化されないように気をつけなきゃいけないと思うわ。

管理人この調子じゃ、石原伸晃氏らの粛清も本当にきちんと行なわれるのか、ちょっと怪しくなってきたなあ。
というか、石原氏どころじゃなく、安倍総理も責任問題に発展するのが、本当のはずなんだけどね…。

まあ、このような側面を見ても、いかにこの小池氏の騒動がインチキだったのかが分かるというものだろう。

結局のところ、自民党の思うツボとなって終わった都知事選だけど、小池氏がこの先どのような動きに出て行くのか、今後も注意深く見ていくとしよう。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket

2 Comments on 【やっぱり】自民党側が小池百合子氏との関係修復を模索へ!両者の対立劇は「やらせ」だった!?

  1. 予測通りですね。
    これも都民(国民)の政治的なレベルの低さを物語っています。
    週刊誌などの中吊り広告や記事の作為的タイトルで投票先を決めてしまう。
    自分で調べ考えない、権力者にとって愚民ほど扱い易いものはありません。
    以下のブログの分析は面白く参考になりますよ。
    http://79516147.at.webry.info/

    でも、管理人様のようなサイトがある限り、希望と期待を持ち続けましょう。

    • 蘇民将来さま

      道のりは長いですが、まずは政治の裏側や、見えない世界に対する想像力を働かせることが出来る国民を少しずつ増やしていくしかなさそうですね。
      でも、知り合いにも多くいますが、詳しいことは分からないけど、何となくの感覚で「小池氏は怪しい」などと感じたり、自民党に拒否反応を持っている人は確かにいます。

      ですので、今後も絶望感を抱かずに、根気強く情報発信などの「草の根の活動」を続けていくことが大事かなあと思っております(^^)

Comments are closed.