舛添都知事の元妻・片山さつき議員も元夫と同じく政治資金で自著を爆買い!舛添氏100冊、片山氏1900冊!

Pocket

元夫の舛添氏を「セコイ」などとこき下ろしていた片山氏、自身も同じ穴の狢だった!?

スポンサーリンク

出典:生活保護「裏」情報サイト

元夫・舛添氏罵った片山さつき氏 政治資金で自著1900冊購入

「せこい、小さい、哀しい」、「公私混同の極み」、「同じ画面に映ると票が減る」──これらは参院議員の片山さつき氏が放った、元夫・舛添要一東京都知事への言葉である。そんな折、片山氏にも政治資金を巡る「せこい」疑惑が持ち上がっている。

~省略~

「この金額から考えて、定価の8掛けで自著を買い取っている可能性がある。税込定価900円(当時)から20%引きの1冊720円で買い取ったとすると、合計で1900冊にもなります」(出版関係者)

【livedoorNEWS(NEWSポストセブン)2016.6.12.】

管理人やっぱり思ったとおりだったというか…あろうことか、舛添さんの元妻の片山さつき氏に、政治資金の不正使用疑惑が出てきたようだ。

舛添さんも政治資金で100冊自著を買ったことが叩かれたけど、片山氏の場合は、それをはるかに上回る1900冊の自著を政治資金で購入した疑惑が出ているみたいだね。

あおいちゃんキレ1ssaほらぁ!管理人さんも「他の政治家も同じようなことをたくさんしている」って何度も言っていたけど、やっぱりその通りだったじゃないのぉ~!

しかも、この人、元夫の舛添知事のことを今回の件で散々こきおろしていたんでしょ?

管理人上の記事にも出てるけど、まさにケチョンケチョンに言ってたみたいだね。
元々そういうキャラで売ってるし、正直ボクは元々この人かなり苦手だったんだけど…(苦笑)、彼女が放ったこれらのセリフが、これ以上ない見事なブーメランになってしまったわけだ。

片山氏本人は「パーティーに来た人のお土産として渡すために購入した。だから問題ない。」って言ってるけど、常識的な観点からすれば、政治資金で1900冊も自分の本を購入して、その印税も受け取っているっていうのは、舛添さんが叩かれているのと同じ次元で問題だと思うぞ。

しかも、自身の選挙区内で本をプレゼントしていたのだとすれば、公選法違反にも当たるから、この辺もしっかりと調査したほうが良さそうだね。

確か、この人って、デマでも何でも投稿して野党を貶めるような2ちゃんねるのまとめサイトが大好きだったり、自身も韓国を繰り返し中傷したり、野党に関するデマを拡散したり、色々問題を起こしているのよね。

片山さつき議員「ハム速を守ろう!」ツイートにネット民困惑

片山さつき議員が御嶽山噴火被害を「民主政権の事業仕分けが原因で拡大」とデマ拡散して炎上→事実誤認で謝罪する事態に

管理人2ちゃんのまとめブログで民進党や韓国をこき下ろす記事に喜んだりしている割に、自身は日韓議員連盟に入っていたりと…何とも残念なというか、ちょっと胡散臭い議員さんだね。

安倍総理自身も含めて、総理の周りはこういう怪しい人たちで占められているけど、教養や品位のない発言もかなり目立っていることから、彼女も(他の安倍政権の面々と同じく)ボクは当選させるべきではない国会議員の一人だと思っているよ。

 

政治資金を使った自著の購入は、あの安倍総理もやっていた!

管理人舛添さんが政治資金で自著を購入したことが叩かれているけど、こんな話ってなにも舛添氏や片山氏だけに限らず、他の議員でも何度も問題になったことがあるんだ。

例えば、上の記事に書かれているけど、2011年に与謝野馨氏が自身の著作を8000冊を購入していたのが分かった他、昨年11月には民主党の小西洋之氏が1600冊、そしてなんとあの安倍総理も、2014年4月に自分が書いた本を2000冊購入していることが発覚してるんだよ。

あおいちゃん驚きssaええ~!?
安倍総理までも同じようなことをしていたなんて…それじゃあ、舛添知事ばっかり叩かれているものの、思いっきりみんな似たようなことをしてるってことじゃない!

管理人だからこそ、ボクもテレビ・新聞・ネットの舛添知事に対する総攻撃に妙な不自然さを感じていたんだよ。

この記事でもそれについて考察しつつ、舛添知事のあえて良かった点を振り返ってみたけど、こういうことを見渡せば見渡すほど、舛添さんを潰すための「謀略」が裏で行なわれていることを感じてしまうんだよな。

まあ、舛添氏に対して、あんなに大きな口を叩いていた片山氏も人のことを言えないってことが発覚したし、これを機に、大手のマスコミさんには舛添知事だけじゃなく、是非とも他の全ての議員の政治資金の不適切な使い込みを洗いざらい調べて、晒してもらいたい所だね。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA