【真剣に考えよう】自民党の憲法改正草案、問題点を超ざっくり分かりやすく紹介!


自民党の憲法改正案や現行憲法との違いがよく分からない人のために、要点だけをざっくり紹介!

スポンサーリンク

管理人こんにちは、ゆるねとにゅーす管理人です。

今回の参院選で与党が勝利し、いよいよ憲法改正が現実味を帯びてきたので、これを機に改めて、安倍政権がいよいよ手をつけようとしている「憲法改正」の中身について、なるべく分かりやすく、なおかつざっくりと、ボクが特に気になった問題点を列挙していこうかと思うよ。

あおいちゃん笑いssaあはっ!これは助かるわ!
私も安倍政権が憲法改正をしようとしていること、それなのに選挙の演説とかで全く憲法改正について触れようともしなかったってこと、そして、その改正案の中身に色々な問題が多いって話はちらほら聞くけど・・・
実際に「どういう風に問題なのか?」ってことがちょっと分かりづらい感じがしていたのよね。

にゃこちゃんセーラー口開き笑いssaおおう!これはにゃこも見てみたいにゃあ!
安倍総理とかメディアも憲法改正について全然詳しく教えてくれないから、にゃこも気になっていたんだにゃ!

管理人たぶん、そういう人も多いかと思って、この記事では、実際の草案と現行憲法の文章を比較しながら、安倍政権が日本をどのように変えようとしているのかについて、以下に綴っていこうと思っている

それじゃ、早速ボクがピックアップした部分を見てもらおう!

(参照元:自民党公式HP-憲法改正推進本部-日本国憲法改正草案全文

スポンサーリンク

自民党憲法草案の気になる点その1…憲法前文に注目、現行憲法と全然違う!

管理人ボクが真っ先に目に付いて気になったのは、憲法の前文(いわゆる前書き)が現行のものと全然違っていることだ。
下の現行憲法のものと安倍政権の草案との比較を見てもらいたい。(上の欄の太字部分が自民党の改正案で、下の欄が現行憲法の文章だ。)

2

あおいちゃん驚きssaほんとだ!何から何まで全然違う!

管理人憲法の前文は、いわば「これは一体どういう趣旨の憲法なのか?」ということを明示する部分に当たるから、これだけ見ても、自民党はかつての憲法から大幅に趣旨を変えるものを作ろうとしていることが分かるかと思う。

ざっと見てもらうと分かるけど、現行憲法では、主に人類の平和や戦争の否定、世界との友好などに重きに置いている内容になっているけど、自民党の草案では、「天皇を頂点に置く」ことや「日本の郷土を愛し、日本人であることに誇りを持つ」などといった、世界的な平和主義の観点よりも「日本を尊び、国を愛する愛国心」に重きを置く内容に変わっていることが分かるかと思う。

この二つを比較すると、今までのニュートラルで自由な現行憲法に比べて、民族主義やナショナリズムを日本により根付かせていこうとする自民党の意図が透けて見えてくるだろう。

スポンサーリンク

自民党憲法草案の気になる点その2…「国民は国旗と君が代を尊重しなければならない」と明記

管理人天皇について記されている第3条において、自民党草案では「国民は国旗と君が代を尊重しなければならない」と記されている
現行憲法では、国旗や君が代に関する記述は全く出ていないんだけど、これを自民党は明確に定めるようにしている

これを見ても、憲法前文と同じく、国民が愛国心を持たなければならないことを憲法に定めた上で、今後は「国民は国を敬い、国家に尽くしていかなければならい」といった方向に安倍政権が導こうとしていることが分かるね。

3

あおいちゃんむっssaむむ・・・なんか、すでにヤバそうな雰囲気になってるわね。
今までは国を愛するのも愛さないのも個人の自由だったのが、これからは全国民が国を愛して、(宗教のように)国を信じなさい・・・ってことよね。

管理人そうだね。この先にも気になる部分が結構出てくるので、一気に進めていこうと思うよ。

 

自民党憲法草案の気になる点その3…国防軍の創設

管理人今までは「自衛隊」という形で日本の防衛を担ってきたわけだけど、安倍政権はこれを変えて、憲法9条において「国防軍」という形で明確に軍隊を設置することを憲法草案に盛り込んでいる

あおいちゃん驚きssaええ!?国防軍!?
これだって、安倍政権はそんなこと一言も言ってないけど、これだって結構デカいことなんじゃないのぉ?

にゃこちゃん驚きssa国防軍って…普通の日本人からすれば、結構刺激的な響きだにゃ!

管理人今までは自衛隊という形で、他国の軍隊とはちょっと異なる扱いを受けてきたけれど、これが正式な軍隊として憲法で定められれば、いよいよ世界の軍隊と同様に、今の自衛隊も戦争の参加の可能性や生命の危険が本格的に高まってくるということになるね。

 

自民党憲法草案の気になる点その4…国民の自由や権利に関する部分において制限が盛り込まれる

管理人国民の表現の自由などを定めている12条において、現行憲法では「国民は自由や権利を公共の福祉のために行使することが出来る」としているのに対して、自民党の草案では、「国民は自由や権利を行使することは出来るが、公益および公の秩序を乱す場合にはこれを行使してはならない」と受け取れるような内容に書き換えられている

この「”公益および公の秩序”を乱す行為」というのは一体何なのか?
全体の草案の内容から察するに、「国家の利益に反する行為」つまりは「国(安倍政権)にとって都合が悪い表現活動を行なったり、それに関する権利は行使してはならない」とも受け取れるのが、非常に気になるところだ。

また、その後に続く、13条の「すべて国民は”個人”として尊重される」の部分が「”人”として尊重される」に変わっているのも気になる。
これも、「個人の自由」よりも「全体主義」に重きを置いて国を変えていこうとしている、安倍政権の意図を感じるね。

6a

 

自民党憲法草案の気になる点その5…政教分離(政治と宗教を切り分ける)を緩和している

管理人現行憲法では「宗教が政治に関わってはならない」ことが定められているんだけど、これを安倍政権は緩和させようとしているようだ。
事実、今の与党は創価学会の公明党と連立政権である上に、自民党も(特に安倍政権は)統一教会や生長の家、神社本庁などの数多くの新興宗教団体が深く関わっている
このように、現状でも政教分離の原則は完全に侵されていて、実質憲法違反といえる状態だったけど、これを緩和することで、国家や政治が宗教に関わることを憲法で認めるようにしようとしているみたいだ。

7a

↓89条でも、宗教組織に公金を使うことを条件付きで認めるように書き換えている。
9a

あおいちゃんキレ1ssaんなっ!?
せっかく憲法が怪しげな宗教が政治に入り込むのを禁止してくれているのに、これを緩和しようとしているなんて…これはちょっと問題じゃない!?
やっぱり安倍政権自身が、怪しげな宗教の支援を受けているからだとしか思えないんだけど…!

管理人そもそも、この憲法改正を積極的に進めている日本会議自体が、バリバリ怪しげな宗教が参加している団体だからね。
これは、安倍政権に憲法改正をやらせちゃうと、ますます変な宗教団体が政治に入り込んできて、日本自体がカルト宗教みたいな国家になる可能性もあるような気もするよ。

 

自民党憲法草案の気になる点その6…総理大臣に権限を一極集中させる「緊急事態条項」を盛り込んでいる

管理人色々な問題点が散見される中でも、外すことができないのは、98条に新たに作られた、「緊急事態条項」だといえるだろう。
以前の記事でも書いたけど、これは、総理が緊急事態であると宣言したと同時に、内閣に権限を一極集中させるもので、その緊急事態と判断する際の定義があいまいとなっている上に、国内での内乱の際においてでも、緊急事態を宣言することができるとなっている。

よく「諸外国の法律でも似たような制度がある」という声もあるけど、自民党の草案では、内閣が暴走しないための歯止めが弱すぎで、もっと細かく緊急事態の定義を決める必要や、内閣の暴走を監視するための第3者機関の設置などを求めている声が多いのが現状だ。

10a

11a

あおいちゃん驚きssaこれは私も昔ここで勉強して、なんとなく覚えているわ!
ここだけでも、民主主義の根幹も揺るがしかねないような内容になっているのよね。

管理人これを盛り込んだ当初に様々な指摘や批判を受けて、少しは和らいだ内容に変えられたみたいだけど、それでも、緊急事態の解釈が総理のさじ加減による部分が大きいのと、総理に権限を集中させる内容は変わっていないので、問題が多い項目であることは間違いないと思うよ。

 

自民党憲法草案の気になる点その7…基本的人権について書かれている部分が丸々削除される

管理人(2016.10.1.追記)
これも非常に気になる部分だけど、現行憲法では「侵すことの出来ない永久の権利」として、97条で”基本的人権”を保障する旨の文章が書かれているんだけど、驚くべきことに、自民党の草案では、これが丸々削除されている

これでは、安倍政権は、国民が「人として当たり前の尊厳や自由などのあらゆる権利」を持つことを暗に否定し、これらを日本国民から奪い取っていこうとしているように思われても仕方ないと思うんだけど、これは一体どういうことなんだろうか?

(野党側もこの点を国会で質問しているけど、安倍総理ものらりくらりと話を逸らすだけで、しっかりと説明もしようともしていないのが現状だ。)

1

 

自民党憲法草案の気になる点その8…国民に憲法を遵守させる項目が追加される

管理人最後に、ボクが挙げておこうと思うのは、「憲法尊重擁護義務」なるものが付け加えられていて、「全て国民はこの憲法を尊重しなければならない」と書かれていることだ。
もちろんボクたちが憲法を尊重するのは当たり前のことだけど、これをあえて付け加えたということは、言い換えれば「安倍政権が定めた新しい憲法を尊重せよ」ということにもなる

したがって、今まで挙げてきた自民党の改憲草案の内容について、「もしこんな内容に書き換えられたらイヤだな」って思ったのなら、国民投票などで反対票を投じるべきだと思うし、普段から積極的にネットなどでも憲法改正に反対の姿勢を表明していくべきだとボクは思うよ。

12a

↓憲法改正に携わっているメンバー一覧。この人たちによって、ボクたちの日本は大きく変えられようとしているってことだ。
13a

14a

 

まとめ

管理人以上、なるべく分かりやすく自民党の憲法改正の草案についての問題点について紹介してきたつもりだったけど、どうだったかな?

やっぱり、なんだか不安で危なっかしい部分がいっぱいあるような感じだったにゃあ!
安倍政権の自民党はやっぱ危険で怖いにゃあ!

あおいちゃんかなり困りssaわたしも、政治と宗教の関わりを緩和させる部分とか、色々とヤバそうな部分があるような印象だったわ。
それと同時に、なんか今の憲法って、思ったよりも現代の風潮にも合っている内容のようにも感じたわ。

管理人現行憲法が優れているところは、国民の自由や権利を最大限に保障しているところと、政治に宗教が入り込んでくるのを固く禁止しているところ、そして個人の人権を尊重してくれていることに加えて、国民一人一人に最も重きを置いて、政治や権力が暴走しないようにきちんと縛っているところだと思う。

ボクは、自民党の改憲草案は、そうした現行憲法の良かったところを退化させた上で、権力がより国民に対して自在に実力行使できるように書き換えているような印象を持ったし、こんな人たちに今の日本がどんどん作り変えられていく現状に強い不安を感じているよ

・・・
この記事を読んでくれたみんなは、このような自民党の改憲草案にどんな印象を持ったかな?

ついに参議院でも改憲勢力が3分の2議席を獲得したことで、安倍政権はいよいよ本気で憲法改正に向けて動き出すだろう

なので、なるべく多くの日本国民が、改めてこのような自民党の改憲草案を大まかに理解した上で、自由な感想や素直な意見を発していったり、憲法改正の是非を問う国民投票などに備えてほしいと思うよ。

あおいちゃん怒りssaお陰で、私にも安倍政権が日本をどんな国に作り変えようとしているのかがよく分かったわ!
たぶん、メディアでもこの先少しは憲法改正の報道が増えていくとは思うけど…一体この国はどんな風に進んでいくのか、国民は憲法改正についてどのような判断を下していくのか、固唾を呑んで見守ろうと思うわ。

にゃこちゃん困りssaにゃこもこの先の日本が一体どんなことになってしまうのか、ドキドキだにゃあ。
どうか日本が今以上に息苦しい国にならないように、ひたすら祈るのみだにゃ!

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

7 Comments on 【真剣に考えよう】自民党の憲法改正草案、問題点を超ざっくり分かりやすく紹介!

  1. 憲法改正を具体的に議論することから問題点を浮き彫りにできるし、望ましいかたちも模索できる。自民党案を批判するばかりではなく野党側からも改正案を出すべきだと思う。
    問題なのは、民進党が極左暴力組織から自民党以上に右側の人まで雑多過ぎるのが問題でしょう。山口組のフロント企業や民団、マル青同や革マル、中核派まで食い込んでるようだと反対でしか意見の一致はみられないと思いますよ。

    • コメントいただきありがとうございます(^^)ゆるねと管理人です。

      >憲法改正を具体的に議論することから問題点を浮き彫りにできるし、望ましいかたちも模索できる。自民党案を批判するばかりではなく野党側からも改正案を出すべきだと思う。

      もちろん「改正案を出す」ことも選択肢としてはありますが、このケースでは、「改正しない」という選択もあるということを忘れてはいけないと思います。

      そもそも、改正した方がいいのか?今のままがいいのか?、それらの議論を行なう以前に、国民自体が憲法改正の内容どころか、改憲が現実味を帯びてきているということすら認知していない人が多いのが、一番の問題なのではないかなあと。

      だからこそ、まずはより多くの一般国民に、自民党の憲法改正の草案の大まかな内容を知ってもらう必要があるのではないでしょうか。(そして、憲法を変えたい自民党自身が、その作業を怠っているような気がしてなりません。)

      その上で、自民党の改正案でいいのか?別の改正案を作るのか?それとも、現状のままがいいのか?これらの議論が初めてスタートするということかと思います。

      >問題なのは、民進党が極左暴力組織から自民党以上に右側の人まで雑多過ぎるのが問題でしょう。山口組のフロント企業や民団、マル青同や革マル、中核派まで食い込んでるようだと反対でしか意見の一致はみられないと思いますよ。

      そもそも極左暴力組織なんて、今の日本では絶滅寸前でほとんど影響力ないのでは(笑)。(国会デモに火炎瓶投げ込んでいる集団がいるのならともかく…)
      それに、自民党の方がむしろ暴力団とかなり密接なのではないでしょうか(安倍総理も山口組幹部とのこんな写真が出ていますよね↓)。
      http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-3539.html

      ですので、先にも述べたとおり、政治家が主体で意見を出すのではなく、一般国民が自民党の改憲草案をよく知ることでダイレクトな意見をもっと発して、それを政治家が汲み取ることで憲法の議論を深めていくことが一番大事なんじゃないかなあ…とボクは考えています。

  2. 僕は護憲派で、自民党の改正案には断固反対の立場です。

    全文の改正案で気になるのが、現行の「日本国民は~この憲法を確定する」の部分が削除され無くなっていることです。
    言い換えれば、政府や国会議員に対する足枷を無くすようなものです。
    とても危険で恐ろしいですね。

    一般国民の感覚としては、残念ながら憲法への意識が低く理解も深まっていないのが現状ではないでしょうか。
    このような状況は、安倍政権や日本会議を利するだけであり、国民の側にも責任の一端はあると思います。
    そして、中国問題・北朝鮮問題・テロ・紛争・戦争などは、アメリカが裏で暗躍し、日本に対する憲法改正の後押しや圧力としていることも知らなければなりません。

    国民投票による憲法改正阻止は可能ですので、今一度、国民一人一人が現行憲法の理解を深め考え護憲を死守できるよう願っています。

    • 蘇民将来さん

      こんにちは!(^^)
      ボクも、現行の日本国憲法は、世界的・歴史的に見ても民主主義と国民の自由を特に尊重しているものであるという点で、簡単に変えてしまうのは反対です。
      国民の意識が非常に成熟した状況下で、より現行のものを充実した内容に変えることは必ずしも反対ではありませんが、それでも一度変えてしまうことで、”改悪”も簡単になってしまうリスクはあるものと考えています。

      ただ、現在の状況は、残念ながら国民が現行憲法と改憲草案の内容はおろか、安倍政権が改憲を進めようとしていることすらも認識できていない人が多いのが現状ですので、その時点で改憲というのは「論外」と言わざるを得ないと思います(^^;

      ボクには、ここまでの安倍政権の改憲に向けての動きは、実質「だまし討ち」のようにも見えておりますが、この先、安倍政権が果たして現在の改憲草案の内容を堂々と広く国民に周知することを行なおうとするのか?をよく見ておこうと思ってます。

    • 滋賀県民さま

      コメントいただきありがとうございます!ゆるねとにゅーす管理人です(^^)

      >元ネトウヨでしたが、考えが変わりました!

      元来「右翼・左翼」とカテゴリー付けするやり方は、一般庶民同士を分断し、双方をケンカさせるために1%の権力者によって考え出された「手口」です。
      http://yuruneto.com/right_left/
      ですので、ボクたちにとって大事なことは、できるだけ「右」や「左」でカテゴライズすることなく、ただ純粋に、それぞれの政党や政治家が打ち出した政策や考え方が、日本国民にとって有益で、健康や安全をより保障していくものなのかどうかで判断していくことなのかなあと考えています。

      ちなみに、この記事は自民党の改憲草案全体を見て、気になった部分をとてもざっくりと紹介したものですので、これにて完結の内容となっております。
      安倍政権の進める憲法改正については、気になったニュースがあった時に逐一記事にしていこうかと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

  3. 改正しなくてもいい論は確かに尊重しなければなりませんが、それは日本国が性的少数者にたいして配慮しないという事を言っているわけでして、それは基本的人権の尊重といった観点から見ても否定せざるを得ないです。
    なので個人的にはどこの政党も、憲法改正に前向きな姿勢を示してほしいと思うところです。

    またここで指摘している問題、公共の福祉に関してですがこれは憲法の解釈によっては改正案と同じ解釈ができるのであって個人的には人権衝突と改憲していただきたいと思うところです。
    国防軍や、憲法尊重義務、国歌国旗に関しては賛成です。

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA