稲田防衛相、米国から「無能」と烙印を押されていた!?トランプが安倍総理に更迭を要求か!「あの役立たずを早く交代させて」

Pocket

どんなにゅーす?

稲田防衛相がトランプ政権から「無能」の烙印を押されていると週刊現代が報じている。

・週刊現代によると、官邸関係者の話として、マティス国防長官が2月初旬に来日した際、稲田大臣のあまりの無知&無能ぶりに呆れてしまい、これをトランプ大統領に報告。これを受けて、トランプ氏が2月中旬の日米首脳会談で「あの役立たずの女防衛大臣を早く代えて欲しい」と安倍総理に要求してきたという。

・さらには、「稲田大臣や安倍総理は、北朝鮮がミサイルを発射するたびに(自分たちの追及の手が緩むので)喜んでいる」状況であることも自民党関係者の話として紹介している。

スポンサーリンク

トランプに「無能」と言われた稲田防衛相の「首の皮一枚」
6月交代説もささやかれ…

「いま永田町では、北朝鮮がミサイルを撃つと喜ぶ人がいると言われている。それは安倍晋三首相と稲田朋美防衛相だ。

今年に入って、南スーダンの日報問題や森友学園問題などで野党からの総攻撃を受けている二人だが、北朝鮮がミサイルを撃つと、日本国内で内輪モメをやっている場合ではなくなるからだ」

こう解説するのは、安倍首相に近い自民党議員だ。

~省略~

首相官邸関係者も続ける。

「安倍首相は表向き、『稲田大臣には引き続き任務にあたってもらう』と言っているが、内心ではクビにするかどうか逡巡している。それは、2月中旬にフロリダの別荘を訪問した際、トランプ大統領から、『あの役立たずの女性防衛相を早く交代させてくれ』と言われたからだ」

この発言は、2月3日に来日したマティス国防長官が、カウンターパートの稲田防衛相の無知無能ぶりに辟易し、トランプ大統領に告げ口したことを受けたものだった。

【週刊現代 2017.4.18.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トランプ政権から落第点を付けられてしまった、安倍総理きっての「お気に入り」である日本会議カルト閣僚、稲田朋美氏


稲田防衛大臣がトランプ政権から「無能」の烙印を押されていると週刊現代が報じています。
なんでも、マティス国防長官が2月上旬に来日した際に、稲田大臣のあまりの無知さと無能さにあきれ返ってしまい、これがトランプさんに伝えられたそうです。

そういや、このマティス氏との会談時に、稲田大臣がオリジナルチロルチョコをプレゼントしたんだったっけ。
このどーしょーもないプレゼントが余計にマティス氏を呆れさせてしまったのかな?

↓このチロルチョコのプレゼントがマティス氏の信頼の失墜を買った?

出典:Twitter(@picoyai)

 

この週刊現代の報道が全て本当なのかは分かりませんが、もし本当であれば、これは安倍政権にとってはかなり頭の痛い話になりそうですね。

そういえば、少し前に星条旗新聞(米軍人が読む新聞)で、安倍総理と稲田大臣が並んで米軍人からお説教を受けているような姿を捉えた表紙が掲載されたことが話題になったことがあったね。
これも、米軍側からの「強いメッセージ」との見方があるけど、トランプ政権はやはり、安倍政権や稲田大臣をやはりかなり下に見ていると見るのがいいのかな。

ボクは稲田氏の防衛大臣の起用は、当時の海の向こうのネオコンの意向があったと見ているけど、そうなると、トランプはやはり当時のネオコンとは異なる側の政治家ということになるのかな?

なんだか色々と想像力を掻き立てる記事だけど、どちらにしても、稲田大臣はアメリカにとっても日本にとっても「百害あって一利なし」の無能すぎる大臣であることは確かだね。

それに、安倍総理も稲田大臣も「北朝鮮からのミサイルを喜んでいる」のが本当であれば、これもとんでもない事態です。
トランプ政権の圧力ではなく、私たちの力で稲田大臣を更迭し、安倍政権を終わらせることこそが、国を守るための第一歩なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket