【真相は?】今治市の高齢者連続殺人、自殺した女性の遺書には「私は殺していない」、一方、現場のDNAが女性と一致したとの報道

Pocket

どんなにゅーす?

・愛媛県・今治市で発生した高齢者連続殺人事件において、重要参考人として事情聴取を受けていた女性が自殺した件で、女性の遺書には「私は殺していない」と書かれていたことが分かった。

・その一方で、「事件現場の1つから採取されたDNAが自殺した女性と一致した」と捜査関係者が話しており、警察は自殺した女性が犯人だったと見て調べを進めているという。

スポンサーリンク

高齢女性殺害 遺書に「私は殺していない」

警察は2つの事件とも現場近くに住む30歳代の女性による犯行の可能性が高まったとして4日、任意で事情聴取したが翌日、遺書を残して自殺しているのが見つかった。捜査関係者によると遺書には「私は殺していない」などと書かれていたという。

一方で、先月26日の事件現場から採取されたDNAがこの女性のDNAと一致したことも新たにわかった。このため警察は、2つの事件ともに自殺した女性による犯行の可能性が高いとみて、引き続き捜査している。

【日テレNEWS24 2017.5.7.】

スポンサーリンク

 

警察は自殺した女性の遺書の内容の一部を発表しましたが、それと同時に現場のDNAが女性のものと一致したことを発表したようです。
この一連の警察の動きに対して、少なからず疑いを持つ人々が出てきているのは確かのようです。

ボクも、警察が調べていた女性が自殺をし、遺書の内容をしばらく隠していた上に、DNA一致の情報と同時に出してきたことに対して思わず「(DNA一致の話が)本当かな??」と思ってしまったし、色々な点で今回の警察の捜査手法に強い疑問を持っている。

前の記事にも書いたけど、事情聴取に至る前に、もっと物証を揃えるべきだったのでは?という点があるのと、なぜ遺書の内容をすぐに公開しなかったのか?という点も気になる。
DNA一致の話も本当なのかどうかもよく分からないし、色々な意味で後味が悪い展開になっているのは確かだね。

仮にこの女性が犯人だったとしても、その動機がなんだったのかも全く分かっていない状況ですからね…。
もし真犯人が別にいるのだとしても、これも非常に危険な状況ですし、警察の対応について大きな疑問がある上に、あらゆる点で謎や不明な点が多すぎる事件といえそうです…。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket