【愚民化政策】NHKニュースウォッチ9のトップが「いきものがかりの活動休止(放牧)」のニュース!ネットでは批判の声!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年1月5日のNHKニュースウォッチ9のトップニュースが「いきものがかりの活動休止」だったことから、ネット上では苦言や批判が湧き起こっている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

安倍政権になってからより加速度的に行なわれ始めている、政治ニュースの減少と「愚民化(3S)政策」の推進

りのちゃん困り2ssaネット上では、NHKの夜のニュースで「いきものがかりの活動休止」が時間を割いてトップで報道されたことに対して、違和感を持った人が続出しているようです。

確かに、受信料を払っているNHKにおいて、真に国民生活に直結するようなニュースを後回しに、こうした芸能関係のニュースをトップで報じるというのは、私も少しおかしいと思うのですが…。

管理人ボクはこの回の放送は観ていなかったんだけど、この話を聞いてボクもちょっと驚いたよ。

(こういうニュースを報じるなとは言わないけど)りのちゃんが言う通り、NHKは受信料を支払っている分、真に国民にとって知っておかなければならないニュースを真っ先に報じる責任があるし、どうも最近は、そうしたあるべき姿に反して国会中継をやらなくなったり、重要なニュースを隠すようになってきているようにも感じていたので、「ここまでメディアの質が劣化してきた」ことに、少し絶望に似たショックを受けている。

公共性の高いテレビというのは、国民の見識や教養などを深め、優秀な人材を多く輩出させていくためにも、政治や経済、時事などに興味を持ってもらうような番組作りや、民主主義の観点に基づいた「国民の知る権利」を尊重した番組を制作していかなければならないはずだ。

NHKだけでなく、民放のワイドショーやニュースにも同じことが言えるかもしれないけど、最近どうも(従来以上に)芸能やゴシップ関連により比重を置き、政治よりもそっちの方向に国民の関心を向けさせようと誘導しているような番組作りをしているような気がしてならない。

こうした動きは、かつてのトルーマン米大統領が提唱した「3S政策」そのものであり、国民から考える能力を奪い、政治や経済などに対する関心を失わせ、逆に芸能やエンタメなどばかりに興味と意識を向けさせることによって、「愚民化」を進めると同時に民主主義を退化させ、「投票率の低下」などを通じて安倍政権がより強大な権力を握るように、国民を強力に洗脳していることが考えられる。

こうした洗脳はいきなり行なってしまうと、多くの国民が違和感を感じてしまうので、時間を掛けて徐々徐々にに行なわれていく

今回のいきものがかりの件も、そうした愚民化政策がある程度の「段階」まで進んできていることの表れとも考えられるし、こうしたメディアや社会の微妙な変化やおかしな部分に対して、ボクたちは感性を研ぎ澄ませて見逃さないようにしていかなければならないね。

りのちゃん怒りssa元フジテレビのアナウンサーだった山中さんも違和感を感じられているみたいですし、日本のメディアが着実におかしな方向に向かってきているのを感じますね

こうした愚民化政策が極限まで進んでしまうと、想像だにしない恐ろしいことが起こる可能性もありますし、私たちはこうしたメディアの誘導に引っ掛からないようにしていかなければなりませんね。

管理人国民の頭脳や能力が劣化し続けると、確実に国力は落ち、最後は破綻・破滅し、外部の勢力に完全に乗っ取られることになるだろう。

近い未来に、人工知能が現在の人間の仕事の多くを奪ってしまうとの予測も現実化しつつあるし、極限まで愚民化されてしまった庶民の行く末は悲劇的なものになっていく可能性が高いだけに、この現状についてボクたちはより強い危機感を持っていった方がいいかと思うよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket