安倍総理の不在中に開かれた「閉会中審査」の参考人招致に前川前事務次官が登場!平井卓也氏(ネトサポ代表)や青山繁晴氏を次々論破!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年7月10日、安倍総理が外遊で不在の中で国会の閉会中審査が行なわれ、前川喜平前文科省事務次官が参考人招致、与野党の国会議員からの質問に答えた上に、改めて安倍政権による行政の歪みや腐敗を強く批判した。

スポンサーリンク

加計問題で閉会中審査、前川前次官「背景に官邸の動きが・・・」

「加計学園」の獣医学部新設を巡り、10日、国会で閉会中審査が行われました。この問題で、今まで政府の言い分と真っ向対立してきた文部科学省の前川前事務次官は、国会の場で何を語ったのでしょうか。
「内閣府が、この仕事を進めるにあたりましては、その背景に官邸の動きがあったというふうに思っております」(前川喜平 前文科事務次官)
参考人として出席した文部科学省の前川前事務次官。加計学園の獣医学部新設に関して、「加計ありき」だったと政府を公然と批判しました。

【TBS News 2017.7.10.】

スポンサーリンク

 

安倍総理のお留守中に予定通りに閉会中審査が行なわれましたが、ネット上では、前川さんの持ち前の理路整然な答弁と、自民党議員の印象操作丸出しの人格攻撃的な質問との見事な「コントラスト」について、大きく話題になっているみたいですね。

ボクも今日の閉会中審査についてはゆっくり観る時間がなく、テレビなどで報じられている断片的な内容とネットでの情報を頼りに意見をしている状況だけど、これまた自民党はやけに香ばしい面々ネトサポ代表の「黙ればばあ」コメントの平井氏籠池氏の証人喚問の際には必死に自分の姿を隠していた青山氏)が登場してきたね~。

まあ、やはりというべきか、全体をざっとなぞってみたところ、やはり安倍総理が不在な上に、最重要なキーマン(安倍総理&加計理事長&和泉首相補佐官など)が不在な状況で前川氏の参考人招致を行なったところで、予想通りにそこまで大きな爆弾は出てくるはずもなく、やはり、今日の「政治イベント」に大した意味はなかったような感じがするね…。

ただ、国民からの大きな信頼と好感を得ている前川前次官に対して、ここまであからさまな人格攻撃と印象操作を行なった自民党は、この閉会中審査の開催によって、むしろ「逆効果」になっているような気もしてきてしまうのですが…。

ボクも全く同じような印象を持ったし、改めて、前川氏は終始主張が一貫しており、なおかつその中で、自己批判や自らの至らなかった点はきちんと認め、しっかりと頭を下げるような、とても謙虚で懐の深い人物であることがよく分かったよ。

逆に安倍政権の側を見ると、あえて安倍総理が留守にしている期間に開いたのも明らかに誠実さが足りないし、見たところ、(上記の2人の議員や菅長官、山本大臣など)自民党議員の質問や答弁にはかなりお粗末な点が目立ち前川氏の主張とも完全に食い違っている点が多数見られている。
したがって、今回の「ガス抜き」イベントだけで決して終わらせずに、(前川氏を含めた)重要人物たちの証人喚問の開催と、安倍総理が出席した中で、万全の体制で国会追及を行なっていくことが必要だね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket