【グローバリストの反撃】緑の党ジル・スタイン氏が米大統領選3州の票の再集計を要請!「トランプ勝利に投票が操作された可能性がある」


どんなにゅーす?

・米国緑の党のジル・スタイン氏が、「大統領選で不正が行なわれた可能性がある」との理由で、ウィスコンシン州など3州の票の再集計を要請し、これが受理された

・票の再集計を要請するには多額の資金が必要になるものの、スタイン氏は必要額を大幅に上回る5億円以上を用意したため、要請が受理されたという。

スポンサーリンク

米ウィスコンシン州が再集計へ=第3党候補が要請―大統領選

【ワシントン時事】米大統領選で共和党のトランプ氏が勝利したウィスコンシン州の選挙管理委員会は25日、第3党「緑の党」候補だったスタイン氏らの要請を受理し、来週以降に投票結果を再集計する見通しだと発表した。再集計は手数料の払い込みが条件となるが、スタイン氏は必要額を大幅に上回る500万ドル(約5億5000万円)以上を調達しており、実施は確実とみられる。

スタイン氏は、トランプ氏が勝ったペンシルベニア州、優勢とされるミシガン州でも再集計を求める方針。スタイン氏の陣営は「サイバー問題の専門家から投票結果が操作された可能性があるという憂慮すべき報告を受けた」と訴え、再集計に必要な資金を募っていた。

【msn(時事通信)2016.11.26.】

スポンサーリンク

大統領選挙時、「ヒラリーを大統領にすると核戦争が勃発する」と痛烈に彼女を批判していたスタイン氏が、莫大なカネを手に不可解な票の再集計を依頼

出典:ウィキペディア

緑の党のジル・スタインさんの依頼によって、大統領選挙の一部の票の再集計を行なう見通しになったみたいよ。

確かこの人、当初「ヒラリーを大統領にすると核戦争が勃発する」って、痛烈に彼女を批判していたんじゃなかった?

↓スタイン氏の過去のツイート。
「ヒラリー・クリントンに対する投票が戦争のための投票であることは誰にとっても明らかである。」

「ヒラリー・クリントンの下では、彼女の指針の元にシリアは素早く核戦争になだれ込んでいくだろう。積極的な平和活動が必要だ。」

 

管理人確かに、これらのツイートをみると、彼女はかつてヒラリーをかなり危険視しており、かなり強い口調で彼女を批判しているね。

これだけを見ると、完全に行動が矛盾しているように見えるけど、どうやら情報を少し集めてみたところ、彼女一人の意向ということではなく、緑の党全体の指針として、票の再集計を求めていくということになったらしいね。

スポンサーリンク

再集計に必要な莫大な資金調達の裏にはジョージ・ソロスの存在が!?

ジョージ・ソロス(ウィキペディア)

出典:ウィキペディア

管理人また、アメリカ国内では、票の再集計のためにここまで莫大な資金を調達できた裏に、「ジョージ・ソロス」の存在を疑っている声が結構あるようだ。

確かにソロスは、全米各地で活発化している反トランプデモに関しても莫大な資金を提供している情報が多く入ってきており、大統領選時同様に、今でも何とかトランプ大統領の誕生を阻止しようと、あの手この手で裏工作を活発に行なっている様子がうかがえる。

ちなみにスタイン氏もユダヤ人のようなので、同じユダヤ人のソロス氏と何らかの繋がりがあることも考えられるし、一見庶民と密着した組織のように見える緑の党も、(この件によって)いささか怪しいバックが存在しているようにも見えてくるね。

 

サンダースも緑の党の不可解な動きに関与!?

サンダース(ウィキペディア)

出典:ウィキペディア

せなちゃん素ssaaそれから、この票の再集計の件に関して、(こちらもユダヤ系の)バーニー・サンダースの存在を指摘する声もあるようだわ。

サンダースさんは、自らが党内の予備選でヒラリーさんに敗北して以降、ヒラリーさんの応援に回ったことで、その「正体」を疑う声も出てきているみたいだけど、サンダースさんが最近トランプに対する批判をかなり強めてきているみたいで、緑の党もこの動きに同調しているという見方があるみたいね…。

管理人ボクも、民主党内で注目されつつあった頃には彼を応援していたけど、その後ヒラリーの応援に回ったりしていたことから、少しばかり疑いの目を持ちつつ彼を見ている状況だ。

実際に、今回の再集計にどこまでサンダースが関与しているのかどうかまだ分からないけど、これら、アメリカ国内のリベラル系が、グローバリストやソロスと同じ方向を向いて、トランプ大統領の誕生を阻止しようと躍起になっていることは確かのようだね。

 

まとめ…トランプは果たして本当に大統領になれるのか?

せなちゃん素ssaaトランプさんが大統領選で当選したとはいえ、見た限り、なんとしてもトランプ政権が誕生しないように、あの手この手でこれを阻止する勢力が全力で暴れ始めている様子だわ。

12月には選挙人による投票が控えているし、今までこの結果が覆った例はないものの、徹底的な選挙人に対する工作や買収が行なわれることで、ここでヒラリーさんがどんでん返しの勝利をする可能性を指摘している人もいるみたいだわ。

ここまで一般投票後に徹底的な当選者下ろしが行なわれたケースはなかったことから、トランプさんも結構安閑としていられないような様相になっているようにも見えるわ。

管理人うーん。やはり、トランプは「相当獰猛で巨大なもの」を敵に回していることが、これを見ても良く分かるね。

特に、地下で世界を支配しているロスチャイルドらと一心同体になって、さまざまな工作を仕掛けているソロスの動きは非常に気味が悪い

やはりTPP脱退やプーチンとの連携、パリ条約の離脱など、徹底した反グローバリズムの政策が、トランプが四面楚歌状態になっている大きな要因であるといえるだろう。
それだけ、1%の連中によるトランプに対する抵抗や攻撃が凄まじいということであり、トランプやその周辺の人たちの暗殺を含め、トランプは非常に強大かつ恐ろしい勢力と対峙していくことになるだろう。

「本当に無事に彼がアメリカの大統領になれるのか?」と疑問視する声も多いけど、引き続き注意深くこれらの動きをウォッチしていくこととしよう。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA