【やらせ疑惑】民進・後藤議員「総理が8月に公邸に泊まったのは2日だけ、いずれもその翌日に北朝鮮がミサイル発射、バレバレですよ」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年8月30日、北朝鮮問題を議論した閉会中審査で、民進党の後藤祐一議員が、北朝鮮のミサイル発射の前日に限って、安倍総理が公邸に泊まっている事実を指摘した。

・後藤議員は、8月では安倍総理は2回に公邸に宿泊したものの、そのいずれも翌日に北がミサイル発射している点を指摘。「バレバレになってしまうから、普段から公邸に泊まった方がいいですよ」と忠言した。

スポンサーリンク

↓民進・後藤議員による指摘。

出典:YouTube
スポンサーリンク

 

安倍総理が普段泊まらない公邸に泊まると、何故か決まって北がミサイルを発射する「法則」が判明!

民進党の後藤議員が、北朝鮮問題について話し合われた閉会中審査で、「安倍総理が普段泊まらない公邸に泊まると、何故か決まって北がミサイルを発射する法則」を指摘したわ。
例えば8月を見ると、総理が公邸に泊まった2回とも、その翌日にミサイルが発射されているんですって。(しかも、北がミサイル発射したのはその2回だけ

こりゃますます、昨日のマスメディアや交通機関をも巻き込んだ「北朝鮮ミサイルキャンペーン」は、あらかじめ仕組まれていた可能性が高まってきたね。
つまり、事前にミサイル発射のスケジュールを安倍総理が把握し、あえて国民にそれを教えない上で、自分だけは万端にスタンバイいざそれが発射されるとセンセーショナルにJアラートをかき鳴らし、多くの国民を怖がらせた上で、声高に北との対決姿勢をアピール
その上で、丸一日テレビで大々的に特集を組んでもらうことで、森友・加計から国民の関心を逸らし、一気に支持率の回復を狙う…と。

特に、加計疑獄での「本丸」に近づきそうな設計図問題が一部で報道されてしまって、いよいよピンチになりかけそうな中で、いかにも、やらせやフェイクが大好きな安倍総理が考え出しそうな手口だし、そうした思惑が、こうした失言や北の脅威をひたすら煽り、火に薪をどんどんくべるような発言に繋がったのだろう。

この安倍総理の演出に協力するかのように、安倍配下のネット工作員たちも全力で奮起しているし、まさに虚構と幻想で塗り固められた安倍総理らしいやり口ね。
また、こんな見え透いたやらせに騙されちゃう国民が続出して、支持率が大きくアップしちゃうのかしら?

今までも「北がミサイルを発射すると支持率がアップする」という、おかしな法則があるからね。
さすがにネット上でも、ジョンウンと安倍総理の奇妙な「連係プレー」に気がつく人が増えてきた様子だけど、ボクたちは、こうした茶番劇を見極めて、冷静に振る舞うことが大事かと思うし、嘘や脅しを駆使して国民を欺くことしか頭にない安倍政権に対して、もっと強く怒っていく必要がありそうだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket