【ヤバ…】統一地方選、実質的な安倍政権の勝利に!幸福実現党も二桁当選!史上最低投票率の中、「カルト教団勢力」が政界に続々進出!

Pocket

どんなにゅーす?

・統一地方選の全選挙が終わり、安倍政権の自民党は前回の議席を64人上回る698人が当選し、実質的な勝利に終わった。

・一方、共産党は57人減の615人になり、影響力を弱める結果に。その他、公明党は901人全員当選、立憲民主は197人、国民民主は95人、維新は35人増の113人、無所属は3960人になった。

・また、ネットでは「幸福実現党」や「NHKから国民を守る党」の候補者が複数人当選していることも話題に。史上最低投票率を更新した中、国民が政治への関心を失っている間に、安倍政権と親和性の高い「カルト宗教系」勢力が政界に続々進出する事態になっている。

統一地方選後半戦 自民当選は前回超え698人で共産は57人減

統一地方選後半戦の41都道府県294市議選は22日、無投票を含め6724人の当選が決まった。自民党の当選者は前回2015年を64人上回る698人。共産党は57人減の615人。公明党は901人全員当選。統一選初挑戦の立憲民主党は197人、国民民主党は95人だった。日本維新の会(大阪維新の会含む)は113人で35人増。無所属は3960人で、全体の58.9%を占めた。

■田中美絵子氏ら当選

金沢市議選(定数38)では元衆院議員で“小沢ガールズ”の田中美絵子氏(43)がトップ当選。渋谷区議選(定数34)で東大卒の元「仮面女子」メンバーの橋本侑樹氏(26)、港区議選(定数34)でマック赤坂氏(70)が初当選した。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2019.4.22.】

統一地方選、投票率の最低相次ぐ 市長選は47・50%

総務省は22日早朝、統一地方選後半戦の平均投票率を発表した。59市長選は47・50%で過去最低となった。283市議選45・57%、東京特別区の20区議選42・63%、66町村長選65・23%、282町村議選59・70%と相次いで最低を更新。前半戦に続いて地方選への関心の低さが示された。

~省略~

(共同)

【中日新聞 2019.4.22.】

史上最低投票率の中、組織力を持つ「カルト宗教系」がどんどんと政界に進出!幸福の科学は、安倍一派とともに「沖縄ヘイト」や「放射能は身体に良いキャンペーン」などに邁進!

統一地方選が全て終わりましたが、全体的な総括で言いますと、自民党が議席を増やし、実質的な安倍政権の勝利に終わりました。
逆に共産党は議席を減らし、総合的に地方での影響力が減っていくことが考えられますし、立憲や国民などのその他の野党系も伸び悩んだ一方で、幸福実現党やNHKから国民を守る党など、カルト教団系の勢力や一部の極端な思想を持つ勢力が日本の政界に進出する流れになってきています。

ううむ。これは色々とヤバイ流れが着実に起こってきているね。
これというのも、全ては、今回の統一地方選が史上最低投票率だったことに尽きる。
多くの一般国民がかつてなかったまでに政治に対する期待感や関心を失ってしまっている中、これをいいことに、一定の組織力を持つカルト教団が「ここぞとばかり」に日本の政界に次々と進出してきたということだ。

しかも、幸福の科学と言えば、沖縄では、米軍基地に反対している一般市民を陥れる数々のデマや嫌がらせを繰り返したり、(安倍政権による「原発再稼働&福島安全キャンペーン」に協力すべく)「放射能は身体に良い」とのカルト思想を流布するなど、安倍一派の中核に位置する「統一教会」や「生長の家原理主義勢力」などのカルト教団と同調するような動きを見せてきている。

つまり、安倍政権にとっても、幸福の科学が政界に進出してきたのは「歓迎すべき流れ」であり、なおかつ、自民党の議席が増え、安倍政権の権力が地方でアップしたということは、安倍一族と一心同体の「長州礼賛カルト勢力」全体が全国的にさらに力を増していくことを意味する。

恐らく、こうしたことをマスコミが全く教えてくれないせいで、大多数の国民が、安倍政権の背後に数多くのカルト教団が控えていることを知らない実情があるんだろうけど、まさしく、国民に”自覚症状”がない間に、危険なカルトが着実に日本の政界を侵食しつつある現状があるね。

本当に恐ろしい事態になってきています…。
このままでは、国民が知らない間にどんどんカルト教団の勢力が政界を席巻し始めては、後になって国民が気がついたときに「完全に手遅れ」の状態になってしまう恐れがあります。

中核派の洞口朋子氏が当選(杉並区議選)したのも驚いたけど、ある意味、強烈なインパクトや唯一無二の個性があったり、両極端で過激なアピールをしている人が受けやすい時代になっているのかもしれないし、今回もあまりパッとしなかった野党も、近年の風潮やトレンドを上手く読んで、分かりやすくてインパクトのある、国民生活の向上に直結したエンタメ要素の高いアピールをしていくのがいいんじゃないかな。

とにかく、投票率が今より上がらない限り、どんどん危険なカルトが日本の政界に入り込んでくることになるし、野党勢力は相当な危機感を持って次の選挙に臨まないと、いよいよ取り返しのつかないような事態になってしまうかもしれないよ。

Pocket

 

 関連記事