【衝撃】米トランプ政権の中枢、スティーブン・バノン首席戦略官が辞任!バノン氏の離脱でついに政権崩壊カウントダウンか!?

Pocket

どんなにゅーす?

・北朝鮮問題や人種差別問題など、トランプ政権内で数々の混乱が起こっている中、トランプ政権の重要な指南役だったスティーブン・バノン首席戦略官が辞任し、自身が運営していたメディア「ブライトバートニュース」の運営に再び戻ることが報じられた。

・バノン氏は、今後はメディア運営の立場からトランプを支援していくことを明言しているものの、その内情については様々な憶測が飛び交っており、バノン氏の離脱により政権基盤が大きく傾き、崩壊に向かっていくとの見方も多く出ている。

スポンサーリンク

ホワイトハウスのバノン戦略官、解任 右派メディア戻り「トランプのため戦う」

解任や辞任の相次ぐドナルド・トランプ米大統領のホワイトハウスから、スティーブ・バノン首席戦略官(63)が去ることが決まった。大統領報道官が18日、発表した。
サラ・ハッカビー・サンダース大統領報道官は声明で、「ジョン・ケリー首席補佐官とスティ―ブ・バノンは本日、お互いに今日がスティーブの最終日になると合意した」、「彼の尽力に感謝する」と発表した。消息筋によると、政権はバノン氏に、自ら望む形で退任する猶予を与えたという。
海軍士官、投資銀行、ハリウッド・プロデューサーを経てバノン氏は、右派メディア「ブライトバート」を運営し、昨年の大統領選ではトランプ氏を強力に支持。昨年8月にトランプ陣営の選対責任者となり、「アメリカ第一」のメッセージ展開を推進した。今回の解任後は、再びブライトバートに戻る方針という。
ブライトバートは、バノン氏の復帰をただちに発表。編集長は「戦争」とツイートしたが、バノン氏はトランプ氏を支持し続けると発表した。
バノン氏はブルームバーグ・テレビに対して、「自分はホワイトハウスを去り、トランプのために、トランプの敵と戦争を始める。キャピトルヒル(連邦議会)やメディアやアメリカの経済界にいる、トランプの敵と」と話した。
移民受け入れや人種対立などについて強硬策を進言してきたバノン氏は、トランプ氏の長女イバンカさんやイバンカさんの夫、ジャレッド・クシュナー氏のほか、トランプ政権内でも穏健派とされる幹部と対立を繰り返していたと言われている。

【BBC 2017.8.19.】

スポンサーリンク

ついにトランプ政権の重鎮であり、反グローバリズムの象徴だったバノン氏が政権を離脱!その背景には一体何が?

出典:ウィキペディア

北朝鮮問題と、全米が大騒ぎになっている「人種差別問題」で、トランプ政権が大混乱になっているわ。
そしてついに、トランプさんの実質的な指南役だったバノンさんが政権を離れることになったみたいね。
これはいよいよ、トランプ政権も少しおかしな方向に向かっていきそうな気配になってきたわ。

なんというか、プーチンが危惧していた通りの展開になってきたというか、このバノン氏の離脱は、トランプ政権にとってかなりダメージがデカいね。

まず、この全米で(いろいろな意味で)大騒ぎになっている人種差別に関する問題だけど…今回のKKKをはじめとした人種差別問題は非常に複雑で、なおかつ「アメリカの闇」が凝縮しているだけに、ボクたちがその内情を理解することは中々難しい。

非常にかいつまんで簡単に言ってしまうと、表側の多くのメディアなどが指摘しているように、第二次大戦中に激化していった、米独を初めとした「優生学思想」による人種差別運動の背後には、間違いなく戦争ビジネス勢力を頂点としたカルト宗教が入り込んでおり、それは(力は弱まっているものの)今でも続いているは確かだ。(それがKKKを初めとした白人至上主義団体やネオナチ組織などだ。)

しかし、世界情勢が時代とともに「反差別・民主化」に向かい、今や世界市民の思想が民主的で近代的なものになった中で、戦争ビジネス勢力のカルト宗教は今や「反差別(いわゆるリベラル)」の中にも入り込んでおり、それが「中東民主化ドミノ(アラブの春)」「(民主化のための)正義の戦争(イラク戦争・アフガン侵攻・シリア内戦など)」「テロリズムとの戦い」などの新たな手法での紛争や戦争、侵略を扇動してきたのも確かだ。
これらの「反差別」を口実にしたグローバリズムと第三次世界大戦の勃発を扇動しているのは、ジョージ・ソロスをはじめとしたシオニストの国際金融資本勢力で、主にトランプはこうした「リベラル系戦争屋」と強固に対立してきた側面がある。

その主な「旗振り役」がブライトバートニュースを運営していたバノンさんだったわけね。
トランプさんは、リベラル系のグローバリスト戦争屋から徹底的に非難・妨害され続けてきたけど、その一方でKKKはトランプさんを熱烈に支持してきた側面があるみたいね。
そう考えるとちょっと話がややこしくなってきちゃうけど、少し穿った見方をすると、KKKはトランプさんを潰すために、あえて全面的な支持を打ち出してきた可能性もありそうね。

トランプはそうしたグローバリストの「両建て主義」を批判する意味で、双方の側に入り込んでいる工作勢力を批判したのかもしれないけど、結果として、これが人権活動家やグローバリスト側の大手メディアからの大バッシングを受ける事態となってしまった。
(その後トランプはKKKやネオナチを名指しで強く非難するコメントを出したものの、あまりこれはメディアに取り上げられていないみたいだ。)

そんな中で、バノンはなぜこのタイミングで辞任することになったのか、この真相もいまいちよく分からないけど、これを機にトランプ政権が急速に弱体化していく可能性(あるいはグローバリストに完全に取り込まれて、いよいよ変節していくか)があるだけに、注意してみていく必要がありそうだ。

そうね。今まではなんとか反グローバリズムを貫いてきたトランプさんだけど、いよいよグローバリストや好戦的で過激な戦争屋に取り込まれつつあるのかしら?
バノンさんについても、北朝鮮への過激な圧力を痛烈に非難していたとか、トランプファミリーのクシュナーさんやイバンカさんと対立していたとか、いろいろな情報が錯綜していて、どれが本当か分からない状況けど…アメリカ国内の財政がいよいよ危うくなってきている中で、トランプさんの「反グローバリズム政権」が窮地に陥りつつあるのは確かみたいね…。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket