【マズイ】ついに安倍政権が本格的な外国人労働者の導入へ!本格的な移民政策に向けての布石か!?

Pocket

フィリピン人労働者の家事代行を今秋から開始へ

スポンサーリンク

外国人家事代行、3社認定 フィリピン人受け入れ今秋にも開始

神奈川県や内閣府などは27日、国家戦略特区を活用した外国人による家事代行サービスを手掛ける事業者として3社を認定し、通知書を交付した。黒岩祐治知事は「女性にもっと活躍してほしいが現実問題、家事に追われて十分力を発揮できていない。日本の労働環境が大きく変革することを目指し成果を上げたい」と述べた。

【日経新聞2016.7.28.】

管理人ついに、安倍政権が外国人労働者の本格的な受け入れを始めてしまうみたいだ。
どうやら、その先行スタートエリアは神奈川県みたいで、女性を「労働力」として外で働かせる代わりに、フィリピン人の家事代行のお手伝いさんを希望する家庭に派遣するという計画みたいだね。

あおいちゃん驚きssa外国人の家事代行??
家の人が留守の間に掃除や洗濯なんかをやってもらうってことかしら?

管理人恐らくそんな感じだろう。
ちなみに、今回の外国人労働者の受け入れに参加した企業が、ダスキンとポピンズと、あの竹中平蔵氏のパソナだ。

竹中氏が絡んでいるということは、この先本格的な移民政策に発展していく可能性が充分あるものと見て、ちょっと危機感を持っているよ。

 

実は移民に積極的な安倍政権、「移民で人口1億人を維持する」とも…

管理人一般のイメージとちょっと違うかもしれないけど、元々安倍総理は移民にかなり前向きな考えを持っているようだね。
例えば、第1次安倍政権の際に立ち上がった「アジアゲートウェイ構想」は、アジアの人材を多く日本に呼び込む、実質的な移民政策が含まれているし、日本の人口が大きく減少するのが危惧される中、「移民を多く受け入れれば人口1億人を維持できる」との考えまでも示している。

↓国家戦略特区に関する資料(有識者等からの「集中ヒアリング」(7月5・8・17・19日)において 提案された規制・制度改革事項 )のPDFファイルの一部。
モルガン・スタンレーのロバート・フェルドマン氏を召集し、「積極的な移民政策の推進」との文言が。

☆移民受け入れなら1億人維持=年間20万人で-内閣府人口推計

内閣府は24日、日本の将来の人口推計について、出生率の回復と移民受け入れを仮定した場合、1億人以上を維持できるとの試算を発表した。2012年10月1日現在の人口は1億2752万人。
内閣府は「出生率回復ケース」と「出生率現状ケース」に分けて試算。回復ケースでは、15年から移民を毎年20万人受け入れるとともに、30年に合計特殊出生率(女性が生涯に生む子供の数の推計)が2.07まで上昇すると仮定した。それによると、60年に1億989万人、110年でも1億1404万人になる。
出生率が現状ケースで、移民を受け入れない場合、60年に8674万人、110年に4286万人まで減少すると推計された。(2014/02/24-19:48)

【時事通信2014.2.24.(記事はすでに削除済み)】

スポンサーリンク

移民がどんどん進められると、日本はどうなるのか?

あおいちゃん普通ssaなるほどね。安倍政権が移民に前向きなのはわかったけど、これがどんどん進められると一体どんなことが起こるのかしら?

管理人まず、外国人労働者がどんどん増えていくと、日本人の仕事が徐々に少なくなっていってしまう可能性が考えられる。
外国人労働者をどんどん海外から呼び寄せていくとしたら、どうしても、まず優先的に彼らに仕事を与えなくてはならなくなる
こうなると、自国の日本人の方が後回しにされてしまい、失業者が多く出てくる危険性があるんだよ。

次に、治安が悪化していく可能性があることも大きな懸念材料の一つだ。
日本人は世界でまれに見るほどにマナーがいい人たちだけど、外国人となるとそうはいかなくなる
最悪、どこかの国みたいに、強盗や窃盗、傷害や殺人が多く出てくる危険性もあるかもしれない。

それよりもボクが最も恐れているのが、「日本が日本でなくなってしまうこと」…だ。
例えば、日本の人口はこのまま行くと「数十年後に半分近く減るのではないか」との試算もあるみたいだけど、これをどうにか人口を維持するために、外国人をどんどん受け入れたらどうなるか?

日本の半分くらいが外国人なんていう世界、「日本」だって思うかい?

あおいちゃんかなりビックリssaそっ、それはかなりヤバイわああ!!
もはやそれって、「日本」じゃないじゃないのぉ!!

管理人こうなるともちろん、巷で聞こえる言葉は半分くらいが外国語
ここまできたら、最近どうも弱々しくなり続けている日本人なんか簡単に駆逐されて、外国人に完全に乗っ取られてしまうような気がするぞ。

・・・とまあ、少し大げさに脅してしまったけど…つまりは、移民政策っていうのは、(欧米でも実際に色々な問題が起こっているけど)それくらいに慎重に考えなければいけないほどに、難しくも危うい政策なんだよ。

 

なによりも、日本人の出生率を上げて、人口の維持を図るのが最優先のやるべき課題

出典:change.org

あおいちゃんかなり困りssa確かに、こうして話を聞くと、移民政策って結構ヤバそうな話ね。
一体何で安倍政権はこんなことをやろうとしているのかしら?

管理人本来であれば、すでにここまで少子高齢化が深刻になってきている以上、全速力で出生率の改善と日本の人口を増やす政策を取らなければいけないはずなんだ。
もちろんそれを実現するためには、結婚や子育てをサポートするための、若い人たちを中心にした賃金の大幅アップと労働環境の健全化が必要不可欠だ。

ところが、安倍政権は、非正規や派遣、日雇い労働など、若い人たちの労働環境の不安定化をますます進めて、結婚・子育てをしにくい環境をどんどん推進している。
女性をどんどん積極的に働かせる政策も、結婚・子育ての推進に逆行しているように見える。

そして、こんな若い人たちの労働状況を変えない限りは、ますます結婚や子育てが難しくなり、必然的に人口を維持するためには外国人を大勢受け入れなくてはならなくなる

こういう風に見ていると、どうにも安倍政権は日本人をどんどん減らして、外国人が支配する日本を作ろうとしているようにも見えてきてしまうんだな。

あおいちゃんキレ1ssaななっ!?
それって、一体どういうことなのよ!?

安倍総理は日本人を徹底的にいじめ抜いて、海外のどこかにこの国を売り渡したいってこと!?

管理人特に、安倍政権のブレーンになっている竹中平蔵氏などは、そんな雰囲気をビリビリ感じてしまうね。

簡単に言ってしまうと、日本を「グローバル化」させようとする動きが、安倍政権にはどうも見られるということだ。
「グローバル化」とはどういうことか?
それはすなわち、さっきも言ったように、「日本が日本でなくなってしまう」ということだ。

みんなはどう思うかわからないけど、ボクは本気で、いつか日本がどこかの島の原住民みたいに、海外からやってきた移民に完全に駆逐されて、日本人が迫害されるような世界になってしまうのではではないかと心配しているよ。
(日本語もいつか消えてしまうかもしれないね…。)

あおいちゃんひええssaそんなの絶対いやよぉ!!
私はなにがあっても「日本人」だし、日本語や日本の文化がなくなっちゃうのは、あまりに悲しすぎるわぁ~!

管理人ボクも同じ気分だ。だからこそ、こんな今の日本の庶民に辛いような政策ばかりを行なって、日本を壊そうとしているようにしか見えない安倍政権を強く批判しているんだよ。

とにかく、いよいよ外国人労働者の本格受け入れ政策がスタートすることは、かなり心配な材料ではあるね。
今後も、これに関連した動きを注意深くチェックしていこうと思っているよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket