■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【またも騙されるのか?】ゼレンスキー大統領の「感動オンライン演説」に欧米戦争広告代理店の影!「偽の看護士」を使って世界の市民を突き動かした湾岸戦争ともそっくりに!

【またも騙されるのか?】ゼレンスキー大統領の「感動オンライン演説」に欧米戦争広告代理店の影!「偽の看護士」を使って世界の市民を突き動かした湾岸戦争ともそっくりに!
Pocket

どんなにゅーす?

・欧米の国会で、ウクライナ・ゼレンスキー大統領が人々の情に訴えかける”感動的”なオンライン演説を開催してきた中、これに欧米の戦争広告代理店が協力しているとの指摘が相次いでいる。

ウクライナ政府は日本の国会でもオンライン演説を開催することを要請している中で、どのような手口で日本国民の心理に訴えかけ、扇動していくのかについて、注目が集まっている。

ゼレンスキー大統領“感動演説”の裏に「戦争広告代理店」の影…日本では何を話すのか?

「今、ベルリンの壁ではなく、欧州に自由と不自由を隔てる壁ができている。その壁は爆弾が落ちるたび、ウクライナを助ける決定が見送られるたびに高くなる」

17日、ドイツ連邦議会で、そう力説したのはウクライナのゼレンスキー大統領だ。ロシアとの戦争が膠着する中、最近、欧米諸国の議会でのオンライン演説に力を入れている。

英国、カナダ、米国、ドイツと各国議会を“行脚”。どの国でも熱い演説が評判を呼び、演説後も議場からの拍手が鳴りやまないほど。巧みなのは演説する国の歴史背景を踏まえ、内容を変えていることだ。

英議会での演説では「われわれは森で、野原で、海岸で、通りで戦う」と語り、ナチス・ドイツと戦ったチャーチル元首相の歴史的演説になぞらえ、戦う決意をアピール。米議会では「真珠湾攻撃」や「9.11」を引き合いに出し、「私たちはこの3週間、毎日、毎晩、同じことを経験している」と訴えた。

演説の途中に流すビデオ映像も強烈なインパクトだ。悲壮感のある音楽に乗せ、笑顔あふれる平和な市民の映像が一転、市街地の砲撃シーンに。負傷した妊婦や子供が担架で運ばれ、病床で子供の心臓が止まるピー音に続き、逃げ惑う市民の涙、涙、涙。悲惨な死に方をした遺体を映し出した最後に「Close the sky over Ukraine」の文字──。

~省略~

「琴線に触れる言葉と感情に訴える映像はプロの仕事」

「演説する国々の人々の琴線に触れる言葉を選び、感情に訴える映像の力はプロの仕事です。ゼレンスキー大統領の周辺には国際世論をつくり、誘導する優秀なスタッフが間違いなく付いている。ウクライナ一国の技量とは考えにくく、欧米の著名な“戦争広告代理店”がプロパガンダに協力しているはずです」(元大手広告代理店勤務で作家の本間龍氏)

~省略~

【日刊ゲンダイ 2022.3.18.】

「偽の看護師」を登場させ、人々の涙と怒りを惹起させた湾岸戦争ともそっくり!ゼレンスキーのバックには欧米の悪徳戦争広告代理店!

出典:TBS News

やはり、欧米各国で展開されているゼレンスキー大統領のオンライン演説は、彼本人の意思によるものではなく、これを企画・主導している黒幕がいるみたいですね。
私たちは、現在のウクライナ政府を米CIAやジョージ・ソロス、ロスチャイルド財閥などが支援していることを指摘してきましたが、これらの黒幕が欧米の広告代理店を通じて彼のキャラクターを”作成”し、これを世界の人々にしきりに刷り込んでいる内情が浮かび上がってきています。

何もかもが疑ってきた通りというか、一言で言えば、(米国民に向けて「真珠湾攻撃」を持ち出してきたことなど)あまりにも安っぽい三文レベルの茶番劇という他ないだろう。
これまでも、世界大戦をはじめとした数々の戦争において、広告代理店が非常に大きな役割を担ってきたことは何度も述べてきたけど、中でも、偽者の女性看護師を登場させ、涙ながらにイラク・フセイン政権のでっち上げの悪行を証言し、これが世界の人々の涙や怒りを誘ったことで本格的な戦争に突入していった湾岸戦争と非常によく似ている展開になっている。

↓涙ながらに現場でのイラク軍の悪行を語る、若い女性の”看護婦”は、実はアメリカで生まれ育ったクウェート駐米大使の娘だった。

イラク軍が原油を流出させたために油まみれになったとされた水鳥の映像も、アメリカ軍が誘導爆弾にてゲッティ・オイル・カンパニーの原油貯蔵施設から流出させたことが明らかに…

ウクライナ戦争が「急進的新世界秩序(欧米)と穏健的世界秩序(ロシア)との戦い」であることは先の「ゆるねと通信」(有料記事内)で述べたけど、欧米や日本のマスコミが、完全に「急進的新世界秩序」側の傀儡広報機関である実態が丸出しになっている以上、普段のウクライナ戦争を伝えているニュースの中にも(ロシアへの憎悪をことさらに惹起させるための)多くの誇張やフェイクが含まれていることを疑わないといけないし、世界の人々は、今回こそは、さすがにこれらグローバル支配層の洗脳工作に引っ掛からないようにしないといけない

中でも、非常に凄惨な爆撃シーンや市民の(特に子どもたち)負傷シーンなどについては、細心の注意を払う必要がありますし、悪徳戦争広告代理店は、これらの映像が人々の精神に非常に大きな影響を及ぼすことをよく知っている上に、自分たちの利益のためのアジェンダ(グレートリセット)を遂行するにあたって、人々の不安や恐怖、怒りなどの感情が必要不可欠であるうえに、これらの感情を人間社会の中でことさらに煽り爆発させる術を知り尽くしています

新型コロナ危機もそうだったけど、今回のウクライナ戦争についても、数多くのウソやミスリードが存在していることを前提にして、問題の本質を分析していかないといけないし、やはり最もいいのは、これらのニュースから完全に距離を置くか、あるいは(どうしても気になってしまう場合は)テレビそのものを処分することだろう。
日本の国会もすでに欧米のグローバリストにほとんど取り込まれてしまっている中で、ボクたち一般市民だけは、これらの有害なノイズに感化されないようにしないといけないし、優れた分析力と真に市民に寄り添ったスタンスを貫いている中小零細のわずかなネットメディアの情報を参考にしながら、自分自身の頭で何が起こっているのかを考えていく他にないのが現状だ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

世界のにゅーすカテゴリの最新記事